<< 灯台と鉱石のグリーティングカー... 3月17日 >>

refuge & the return

d0222386_1542832.jpg



d0222386_0573282.jpg



憤りや怒りは渦巻いて消えることがないどころか、
日一日とぶすぶすと燻りが増してゆくようです。
あたたかい食事を摂っていると 今同じときに過酷な被災地で
不自由な生活を余儀なくされておられる方々のことを思い、罪悪感に苛まれます。
けれども 明日私達も同じように 一瞬で全てを失うかもしれない
それならば今与えられるこの平安を 心から感謝して享受することもまた
大事なことなのではないか   これから、東北の地の復興のためには
長い長い時間とお金と労力がかかります。
震災で被災された方々への息の長い支援を行うためにも、
そして未曾有の局面に入ろうとしている私達自身のためにも
生活の中に、真のユーモアや美を。
(当然、不謹慎の過ぎるものは論外ですが・・・)

ユーモアや美?かどうかはわからないけれど、
地震の起きる前にブログのために撮りためていた写真など少々あります。
また、不規則ですがアップしてゆきたいと考えています。
本日からまた自分のパソコンを扱えるようになりました。

*
[PR]
by junekite | 2011-03-25 02:06 | 日々帖
<< 灯台と鉱石のグリーティングカー... 3月17日 >>