<< どういうわけか、 秋の光     >>

典雅な靴  Etching of shoes.

d0222386_1446023.jpg

d0222386_14463121.jpg
d0222386_14465583.jpg
d0222386_14471783.jpg


パトン(オーバーシューズ)をつけたルイヒールと、
19世紀末の婦人靴。
制作時期・・・恐らく2000年以前?

エッチングのプレス機も、もう奥に仕舞い込んでしまって
銅版画を刷る機会もすっかりなくなってしまいましたが、
空気に秋の気配を感じる頃になると
薄くグランド剤をひいた銅板の表面に、よく研いだニードルの切っ先を
カリッと当てる、あの最初の感触は
やはりよかったなぁと、昔の作品を目にしたときなどに
ふと、思い出されるのです。

d0222386_14473845.jpg












[PR]
by junekite | 2011-10-16 15:12 | 作品アーカイヴス帖
<< どういうわけか、 秋の光     >>