<< Gertrud (春の嵐) 催花雨 (SAIIKA-U) >>

すみれご飯   sumire-gohan

d0222386_14105172.jpg
d0222386_14111531.jpg


やっと暖かくなってきましたね!タチツボスミレ、ニオイスミレが
咲き始めました。少し開けた窓辺から、甘い香水の様ないい香り!

十代の頃、大村しげさんの「京暮らし」という本を読んで
その中に書かれていた「すみれご飯」のことがずっと気になっていました。
いつか作ってみたいけれど、都会暮らしではキレイなすみれの花を摘んで集めるのも
なかなか大変なもの。けれども、数年前から窓辺のタチツボスミレがずいぶん
繁茂して、少しだけ花を摘んでもいいかな、と
(足りないので、ニオイスミレの花びらも少し拝借)
今年はついに「すみれご飯」を拵えて見ました。

ご飯に薄く塩味をつけて、洗ったすみれを散らすだけ。
味や香りというよりは、本当に見た目を楽しむご飯。
子供の頃のままごと遊びを思い出すようでほんとうに楽しい!
大村しげさんの本では、確か「マリー・ローランサンの絵のよう」・・・と
京言葉で綴られていたような気がします。
菜の花と独活(うど)の白胡麻あえもいっしょのお皿に。

今月末あたり、都心でも桜が開花するらしいとの報せが。
家の近所には桜の木が見つからないので、蕾のふくらみ具合がわからず
今ひとつ実感がありません。こういうときって、
ある日見に行ったら唐突に満開!!で驚いてしまう。
「待つ」楽しみをつくるために、観測用の桜の木を近所に探しに行こうかな。

d0222386_14112943.jpg












[PR]
by junekite | 2012-03-28 14:37 | 日々帖
<< Gertrud (春の嵐) 催花雨 (SAIIKA-U) >>