<< 縮緬の花弁(はなびら) 北京ヨーグルト ... >>

瑪瑙の金魚      agate goldfish

d0222386_9515724.jpg

瑪瑙の金魚で思い出すのは、
内田百閒 ("Hyakken Uchida" 1889~1971)の短い五つの物語からなる
「青炎抄」という小説のなかの「二本榎」という話。
男が、布団の中で眠っている(といっても目は醒ましている)友人の枕元で、
つい今しがた犯してきたとある家族殺しを滔々と語り終えると、
突如友人の眠る寝床に足から這入って来て
片手で胴を抱きしめ、押しつけた口の中で別れを告げると
梯子段をすたすたと降りて夜明けの外(おもて)に去ってゆく。
この小説の中に瑪瑙の金魚が登場します。布団の中で身動きもできず、
握りしめた掌の中でぬくもった拇指(おやゆび)ほどの大きさの金魚は
きっとこれよりも紅色の濃い、真っ赤な瑪瑙で彫られた金魚のような気がします。
d0222386_9521639.jpg

帯締めの色を替えるだけでこんなに印象が違う~。
わたしのはまだまだ「着物あそび」の域を出ないけれど、
こうして並べて眺めているだけで、着物がほんとに楽しいです。

金魚は、随分昔に香港に行ったときに翡翠市で買ったもの。
ジャスト・”ただの”瑪瑙の金魚でしたが、三分紐も通る小さな帯留め用の金具を
見つけたので、このたび目出度く「ただの瑪瑙の金魚」から「帯留め」という役割を持った
ものに生まれ変わりました(笑)。

この金具、少し買い溜めたので、
他にも帯留めになりそうな小さなモノはねが~~!と、ついつい
なまはげ化してしまいます。
d0222386_95323.jpg

あいかわらず出掛けられないので、
単(ひとえ)の着物にこんな帯留めを付けて逍遙したくなる
昨年の今頃の日本庭園のシャシンを眺めてなぐさめとします(泣)





d0222386_1229166.jpg

(追記)
ついさっき買い物に出たとき、お寺の境内に咲いていた赤い赤いさつき。
夏のような陽射しの下で、あまりにも真っ赤に咲いていて
圧倒されてしまいました。こちらは、瑪瑙というよりは
真っ赤な生きた金魚がたくさん犇めいているかのよう。









[PR]
by junekite | 2012-05-05 10:50 | 日々帖
<< 縮緬の花弁(はなびら) 北京ヨーグルト ... >>