<< トマトとグレープフルーツの七月... 気がつけば、ウニ。 >>

plage de sable.

d0222386_11958.jpg

d0222386_1115159.jpg

d0222386_1172222.jpg
d0222386_1173637.jpg

d0222386_1193814.jpg

d0222386_118104.jpg
d0222386_118539.jpg

d0222386_1195745.jpg

d0222386_118132.jpg

梅雨が明けましたね!
なのに、ここ数日の関東の肌寒さときたら・・・!
海に行った日は、梅雨開け直後の照りつける陽射しの
真夏の暑さ。砂浜に打ち上げられた縞模様の水母(くらげ)は、
水の下で海砂が金粉のように煌めいて
ベネチアン・グラス製のペーパーウェイトのよう。
鳥居のすぐ向こうは波打ち際の、島の小さな神社を囲む
巨木の間を、ひらひらと舞うように飛ぶ
見たこともないような大きな黒い蝶。
人気(ひとけ)のない海辺の博物館、ひんやりした展示室の片隅で見た
潜水夫達の着ていた鉄のリベット打ちの潜水服は、
まぼろしの海圧を胸苦しさと目眩で伝えてくるかのようです。

来週あけには、真夏の暑さが戻ってくる筈・・・!
一足お先に、夏休みの探検を終えてしまった感がありますが、
みなさんは体調管理には(特に寝る時!)くれぐれもお気をつけて、
夏本番はこれから!たくさん、よい思い出をつくってくださいね。
d0222386_11104621.jpg










[PR]
by junekite | 2012-07-21 12:51 | 日々帖
<< トマトとグレープフルーツの七月... 気がつけば、ウニ。 >>