<< Pinafore Days Fen Zhuang Lou >>

山下陽子新作展 『薔薇の回廊』

d0222386_216330.jpg

山下陽子さんの新作展『薔薇の回廊』が、17日より開催されています。
エディション・イレーヌ『薔薇の回廊』(山下さんによる挿画)の刊行を記念した、
挿画コラージュ作品を中心とした展示です。

今回、案内状のコラージュを一目拝見した瞬間、
どこか、予感のようなものを感じていました。鉱物的な、静謐な煌めきを
内包した山下さんの世界に、奔放で、有機的な官能の香りのさざめきが
沸き立っていることを・・・。会場の啓祐堂書店さんをあとにして
黄色い落ち葉の舞い散る道を、今みたばかりの山下さんの新作展で受けた
このおどろきを、山下さんご本人にお会いしたらどんなふうにお伝えしたいか、
思い描きながら歩いていたら、なんと、昨年京都でお会いして以来のご本人にバッタリ!(笑)
今回は、あらためて京都からいらした山下さんとゆっくりこちらをご案内できる
機会があるので楽しみです。最近私の気に入っているカフェにお連れして、
薔薇の回廊の秘密を、ゆっくり伺ってみたいと思います!

上の写真の、左側のコラージュ作品は
(もう随分以前のことのような気がしますが・・・)やはり今回の展示会場と同じ
啓祐堂書店さんでの展覧会のときに購入させていただいた
山下さんの作品です。正方形の黒縁の小さな額のなかのセピア色の冬枯れの空
(きっと冬・・・)、緑色の宝石と、同じ羽色を持つ奇妙な鳥・・・。
神秘的な時間が、以来、ずっと私の本棚の片隅で恰も溶けない氷のように
変わらぬ体温を保ちながら、ひそやかに棲息し続けています・・・・。

山下さんの新作展は11月27日(火曜日)まで。
会場の啓祐堂書店さんは、選りすぐりの古書や印刷物を集めた
古書の虫にはたまらない空間です。ぜひ、秋のひとときをゆっくりと、
山下さんの新作とともに啓祐堂書店さんにてお過ごしくださいませ。

*
la nouvelle exposition de yoko yamashita
Le Tapis Roulant
山下陽子新作展 薔薇の回廊

2012.11.17 SAT.- 11.27.TUE 2:00- 7:00PM
* 11.21.WED.CLOSE, 11.27. -6.30PM
* ARTIST STAY 11.17,23,24,25

■同時刊行 『薔薇の回廊』特装版 (アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ著、
松本完治訳、山下陽子挿画)
本文48頁糸綴フランス装書籍、銅版画(コラージュ・フォトプレート・グラヴュール)
オリジナル・プリント一葉、特製引出函入、限定30部、記番サイン入

■同時出典 『領土』(諏訪哲史著、新潮社刊)挿画10点他

場所:啓祐堂ギャラリー
東京都港区高輪3-9-8 高輪インターコート1F
TEL 03-3473-3255 *都営浅草線高輪台下車3分、JR品川駅下車10分


・・・次は、打ってかわって鳩小屋食コーナー。
ちょっと前に、子供の頃に食卓にのぼった菊のことを書いたあとに
店で見かけたので、はじめて食用菊を買ってみました。
d0222386_218787.jpg

お浸しにするくらいしか料理が浮かばなかったのですが、調べてみたら
菊のペペロンチーノのレシピを発見!さっそく、1パックたっぷり使って、
一人前のペペロンチーノを作ってみましたよ。

黄色い菊はアクが強い・・・と書いてあったので、
湯がいたあとによく水にさらしたものをパスタに投入。(それでも三分程度)
大蒜や唐辛子のせいか、菊のあの独特の香りや苦みはさほどは感じませんでした。
その点ではよかったのですが、もっと菊の香りが感じられてもよかったかな・・・。
けれども、菊を大量に食した!ということだけでも、
とっても贅沢な気分になれる一皿です。(これほどアクがなければ、
菊を散らした菊ご飯、だけでも風情がありそうですね。)
d0222386_218273.jpg
d0222386_2183910.jpg


今週は、珍しくたくさんの友人達と会える交流週間。(笑)
炭水化物摂取して動くぞー!


[PR]
by junekite | 2012-11-20 22:05 | 日々帖
<< Pinafore Days Fen Zhuang Lou >>