<< Winter,Lily,Light. 鯖缶ヅメのひきこもりポテトサラダ >>

little happy things.

d0222386_1712373.jpg

littleだけどホントはlittleよりもうれしい(笑)
昨年のクリスマス、「エルネストの鳩舎」のアミュレットBOXで使用いたしました
クルミの実から作られたインク(ステイン=染料)を製造、販売していらっしゃる
くるカラ・ネット」さんが、当ブログをハッケンしてくださり、
くるカラ・ネットさんのブログ「くるみの庭をつくろう」にて
鳩舎アミュレットBOXのシャシンを掲載、ご紹介してくださいました。とってもうれしい~!
思いも掛けないことで、心より光栄の極み、であります。
ブログやHPでは、ほかにもたくさんの方々の手から生み出された素敵な「くるカラ」クラフトの
オリジナル作品を拝見することができます。使い途もテイストもさまざま、何て楽しいのでしょう・・・!
くるみの種のまわりを覆っていた実の部分と、アカシアの樹脂だけで作られた
古風なインクは、さまざまな使い途での作品制作のインスピレーションが刺激されること
請け合い。皆様も、くるみのインクやくるカラが、どんなふうに使用できて
どんなものが作れるか、楽しみつつ見付けてみてはいかがでしょうか?
d0222386_17123221.jpg

「くるカラ・ネット」さんは、以前は役立たず、と思われて焼かれてしまっていた
クルミの殻を、花壇のマルチング材やバークチップ、
砂利の代わりの舗装材として使用することを販売を通じて広められております。
お買い物をすると同送してくださる素敵な冊子や、HPやブログのお写真を拝見すると
わかりますが、まず、「くるカラ」を敷いたお庭は、見た目が本当に素敵・・・!
見た目だけではなく、マルチング材としてのくるカラにはよいところがいっぱい。
雑草が生えにくくなる、雨のはね返りもなくなるから植物は土で汚れずきれいに保たれ、
病気になりにくくなる。適度な通気と湿度が確保され、植物や微生物にとってとても
よい土壌となる。シロアリもつかず、雨ざらしでも何年も腐らない。etc・・・・
よいことづくめの「くるカラ」、お庭のある方はくるみのお庭を目指してみるのもステキかも。
ここハト邸のように、おニワがないと仰る向きには、鉢植えの土の上に
くるみの殻をちょちょん、とディスプレイするだけでも雰囲気がぐっと楽しくなりますよ!
d0222386_17121520.jpg

昨年の秋、迷ったけれど、けっきょく頓挫したヒヤシンスの球根を植える計画を
ちゃんとやっておけばよかったなー、と悔やまれるこの頃。水ゴケで覆い、くるカラで飾った
鉢土のおもてから日に日に球根の芽が伸びてくるようすは、
特に、こんな大雪が都心でも降るようなこんな日には・・・・
手袋も上着もびしょびしょ、芯まで凍って帰ってき部屋にそんな鉢植えがあったなら、
それだけで春を待つ気分でココロが和むのになぁ、と今更ながら悔やまれます。
・・・次期の球根計画に期待!
















[PR]
by junekite | 2013-01-14 18:34 | 日々帖
<< Winter,Lily,Light. 鯖缶ヅメのひきこもりポテトサラダ >>