<< Doves-Line to c... オフィシャルブログ「鳩小屋通信... >>

生きてます~。(笑)

十月のはじまりはそぼ降る雨の一日から。
皆様おげんきでしたか?ワタシは変わりなく無事でおります!
d0222386_1445312.jpg

ラフ執筆を始めており、とうぶんこれを優先に
日々回してゆくことになりそうです。
小品の出品もしたいのに、
オシゴトの兼ね合いもありまして、なかなか時間が・・・・

来月のアタマには、共同展に出品の予定です!
こちらはもう作品は制作済み。連作なので、ハガキセットの制作も
計画中です。また後日にでもご案内のほうを当ブログにて・・・!

以上、これだけですとちょっとサミシイので、
またまたアンケートのご質問コーナーへのお答え企画~!
(きょうはご質問ひとつだけになってしまいました、スミマセン・・・。)
ああ、”先生”と入力するのが気恥ずかしい・・・。

★Q: 装幀をされるとき、どのようなオーダーでだされるのでしょう・・・?
    いつも先生の世界観そのままの素晴らしいブックデザインに感激しております。

 A: そうおっしゃっていただけると本当にとても嬉しいです!
   装幀は、信頼しているデザイナー様にほとんどお任せしております。
   特にわたし自身にプランがない場合は、「リテレール」(装幀:坂本志保氏)のように
   デザイナー様がこういった感じの絵を・・・と、
   アイデアをご提示くださることもありますし、「ゆきしろ、ばらべに」や
   「エルネストの鳩舎」(装幀:同じく坂本志保氏)のときのように、
   自分から「こういったイラストでやってみたいけどどうか?」と
   相談しながら決めてゆくこともあります。「ダゲレオタイピスト」のときの
   デザイナーの秋田和徳氏のように、楕円のフレームの人物がここに、
   タイトルをいれるフラッグ、蔓草や鳥がこのあたりに・・・といったように
   おおまかなモチーフの配置のラフをこちらが頂戴して、そのイメージに
   沿うカットを描き、デザイナー様の手で再度精緻な配置がなされ
   組み立てられるという希有な手法でつくられる装幀もあります。
   使用する用紙や特殊印刷のことなどもありますし、
   デザイナー様のお仕事ってほんとうにすごいです・・・。
   ほんとうにすばらしい装幀をどの本もいただいていると感謝しております。


・・・またゆっくりとブログが書けるときがありましたら、ほかのご質問も
取り上げさせていただきたく思っております~。気長にどうぞお待ちくださいませ!

またまた台風接近中、こちらは雨模様の十月のスタートではありますが、
朝夕は気温がぐっと低くなり、体調も崩しやすいとき。
あたたかになさって、おいしいものをたくさん召し上がって
秋本番の日々を存分にお楽しみくださいますよう・・・!
d0222386_1521262.jpg
  
                              ↑(右下、スワン会議中。or 反省会?) 










☆  
[PR]
by junekite | 2013-10-01 15:31 | 日々帖
<< Doves-Line to c... オフィシャルブログ「鳩小屋通信... >>