<< angel circle. Jamais vu le ci... >>

あなたの鳩舎の鍵 --クリスマスのために--

d0222386_1352521.jpg


皆様、お変わりありませんでしょうか?
すっかり街中のあちこちも、賑やかになってまいりました!
何だか、心ゆくまで深まる秋を堪能しないうちに
冬の訪れを感じるこの頃ですが、公孫樹や紅葉の色づき具合は
どうなっているのかな・・・?鳩舎では、一足先に来月のお話もそろそろ・・・といった
時節ですが、その前にスープだけでは終わらない、大量のラ・フランスを余すことなく
堪能した鳩小屋メシ洋梨編。昨年は赤ワインで煮てみましたが、
今年は白ワインとシナノキ蜜、シナモンで琥珀色のワイン煮ができあがりました。
d0222386_13523354.jpg

小さな星形のクギのような丁字(クローブ)を刺したら、見た目ももっと素敵かもしれません。
それから今回わかったこと、皮は縦方向に剥いたほうがよかったかもしれない・・・。
白ワインのわりにシロップの色が濃いのは、使った砂糖の種類とスパイスのせい。
このワイン煮のシロップがとっても美味しい!余った白ワインを注いで炭酸水で割ってもよいし、
じつは焙じ茶に入れても美味しいのです。
d0222386_13521223.jpg

洋梨煮がメインディッシュで、蕪とクレソン、クルミとチーズのサラダと一緒に盛って。
ものすごく簡単に作れるのに、ほんとうに美味しく出来るので嬉しくなってしまう。
今年も堪能いたしました。ラ・フランス農家さん、毎年おいしい梨を届けてくださり
ありがとうございます。今年もごちそうさまでした。
d0222386_1353113.jpg


さてさて、お待たせいたしました・・・!
前回の、木彫り作家sachiさんから届いたクリスマスのための作品、
皆さま何だかおわかりになりましたか?
答えはご覧のとおり、細かな細工を施した、
信じられないくらい豪華な「鍵」!そう、sachiさんは今回
手にした方がそれぞれの鳩小屋の扉を開けるための、
鳩舎の鍵をデザインして制作してくださったのです。

この細工の細かさ・・・・!よーく見たら、下のほうの細工が少しずつ
違うので、ぜひともじっくり見比べてみてくださいね。
鍵穴に差し込む部分の小さなマークも、十字架だったり、ハートやクローバー、ダイヤの形など
さまざま、染めた茶色の濃淡や、ニスの塗り具合の風合いで
ほんとうにひとつひとつ、表情が異なるのです。
それにしても、一番最初にsachiさんが見せてくださったときは
ホントにこんな手間のかかった作品を十数個も作ってくださるとは
思いも寄りませんでした。最初、ひとつだけ手渡されたものがあまりにも
素敵で、けれどもsachiさんご自身も”たくさん彫るのはムリかなぁ・・・?”なんて
仰有っていたので・・・。
それが、開けてみたら十数個の見事な鍵がリボンに通されたものを
手渡されたときは、思わずひれ伏してしまいました!
これはもう、ぜったい鳩舎の鍵だ!と思いました。
d0222386_13532076.jpg

sachiさんの鍵を見て、もうこれだけでクリスマスの出品は
十分なくらいだわ、と思うほどでしたが、やはりそこは一応
コラボレーションということで、現在着々と制作中です~。
じわじわと、こちらクリスマス企画のほうもこれからご報告してまいりますね!
お楽しみに、お待ちくださいませ・・・!!

ところで、こちらの木彫りのスペシャルな鍵、
もちろんこのまま飾って鑑賞されるのに良し、
チェーンや紐を通して皮や帆布のカバンなどに付けたりしても似合いそうです!
裏側に金具を付けて、冬コートの襟元を飾ったり、スカーフやショールを止める
ブローチにしても素敵そう。いっそ、異素材の大振りのペンダントといっしょに
大胆に首飾りにしてみる?
d0222386_13533267.jpg

・・・で、ワタシはsachiさんからいただいたこちらの鍵を、
裏側に接着剤で金具を貼って帯留めにしてみました!
・・・もう、これがホントにありそうでない鍵モチーフ、しかも暖かみのある木彫り細工と
くれば、クリスマス近い袷の時期のお出かけにピッタリ!で、すっかり
人目を引く自慢の逸品の帯留めになっちゃいました。
着物をお召しになる方、こんな使い途もいかがでしょか・・・?

それから、もろもろありましてこちらのブログでのお知らせがないままになってしまいました、
先日赤いLotus Shoesの小さな額装画二点を「エルネストの鳩舎」に出品、
お買い上げいただきました。このたびも、お気に召してご購入くださいました方へ
心からの御礼を申しあげます。本当にありがとうございました・・・!
毎度突発的で慌ただしいことで申し訳ありません、宜しければ今後もちょいちょい
覗いてやっていただけましたら幸いです。どうぞ、今後とも宜しくお願い申しあげます・・・!
d0222386_13534560.jpg


・・・そして、いよいよ、パラボリカ・ビスさんでの「少年とウサギ」展、
わたしの作品の展示期間は来週25日までです!
会場では、11月8日から、そして15日からと、第二会場、第三会場の展示も
始まっておりますので、秋の一日、どうぞ浅草橋までさまざまな作家様の手による圧巻の
ウサギと少年たちに会いに、足をお運びくださいませ・・!
纏足靴ウサギも待ってるよ~。

そして球根は22日目。(根っこがガラス花瓶の底についた!)
d0222386_13541341.jpg














[PR]
by junekite | 2013-11-18 16:57 | 日々帖
<< angel circle. Jamais vu le ci... >>