<< 東京駅5,6番線ホーム 、10... ☆書肆アラビク企画展 Lotu... >>

☆「新年(Bonne annee)の薔薇茶会atパラボリカ・ビス」開催のご案内です。☆

★新年の薔薇茶会のご予約受付は定員数に達しましたので、終了いたしました。
たくさんのお申込みを頂き、誠にありがとうございました!


(twitterはこちらから!)
d0222386_21521546.jpg

お知らせがたくさん目白押しです!
13日(土)は、夜22:00よりエルネストの鳩舎のクリスマスがOpen。
大阪の書肆アラビクさんでの企画展"La chambre insolite"も12月29日まで
引き続き開催中!
そして、13日(土)17:00からは2015年のあたらしい年明けを寿ぐ、
こんなおたのしみ企画のご予約の受付が始まります!

☆鳩山郁子「新年(Bonne annee)の薔薇茶会」☆
d0222386_2150195.jpg

新しい年の幕開けに、薔薇のお茶と、天使の羽根のお菓子で美的なひとときを。

会場は浅草橋のパラボリカ・ビスさん。主催の今野氏が供するダージリンと薔薇のブレンドの紅茶と、
特別なお茶菓子で、あかるく新年のスタートをお祝いするひとときを過ごしませんか?
お茶会に参加してみたいけれど、初めてだし・・・という方もまったく心配は
いりません!お一人でお申込みされてみえる方がほとんどですし、
わたし自身も堅苦しいセレモニーは苦手なほう。前回のお茶会も、
すぐにお客様同士、まわりの方と賑やかに打ち解けていらっしゃいました。
不安な方はわたしの席の近くにセッティングしていただきましょう。(笑)
お友達とご一緒の参加の方ももちろん大歓迎です!
お誘いあわせのうえ、お申込みくださいね。

そして、今回のお茶会では
とても特別なお菓子の準備がすすめられております!
秘密は、先日twitterにあげたこちらの羽根の絵・・・。
d0222386_2239597.jpg

じつは、こちらはお茶会のために特別に供される
オリジナルの「和菓子」のデザイン画として描いた一枚。
・・いえ、デザイン画というよりは、「イメージイラスト」と呼ぶほうが
ふさわしいかも・・?用途(?)上、もっとシンプルな配色のほうが
よかったかもしれません。絵を描いているあいだはどうしても、
これが「デザイン画」という目的を忘れてしまいがちです。
この羽根は、きっと数日前に見たこんな景色が
印象に残っていたからかもしれません。
大好きな、青と黄色の世界。
d0222386_22392473.jpg

主催の今野さんから、
「天使の羽根を一枚描いて頂きたいのです」とお申し出をいただき
はじまった今回の「天使の羽根のお茶菓子」の計画。
今野さん曰く、拙作「カストラチュラ」のシャーロット・リンが、
「最期におそらく天使の羽をもらえたのでは」・・・という思いを
打ち明けてくださいました。ということは、この羽根の持ち主は
あのお方、ということになりましょうか!
これは、新たな発見です。あの方の羽根、書物のページのように
背中から剥かれた皮一枚じゃなかったのね。(笑)
お茶会では、床の間に掛け軸を飾るように、
天使の羽根のイメージ画を飾って・・・。そんな一席となりそうです!


じつはパラボリカ・ビスさんでのお茶会は今回で二回目。
前回はワタシ自身、お茶会のホストの身でありながらあまりにも漫然と(?)
無自覚にティータイムをフツーに過ごしてしまっておりましたので、
その前回の轍を踏まえまして、次はスタッフの方による進行付きで
内容もすこし考えてまいりたいと思っております!
質問など、聞きたいことなどありましたらこちらも募集中です。
一年のスタートにふさわしい、たのしいお茶会にいたしましょう~。
皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております・・・!

と、パラボリカ・ビスさんのページに今野さんのテキストが
更新されておりましたので、下に転載させていただきました。
パラボリカ・ビス、夜想主催 今野裕一氏による繊細なブレンドの
香り高い風味を、どうぞお楽しみください・・・!
d0222386_23343860.jpg


●日時 2015年1月31日[土]15:00start
●参加費 3,500円(お茶、お菓子込み)☆前払い
●定員 30名

☆このお茶会の為に作られた和菓子が登場
☆2014年夏に刊行された、「ミカセ[新装版]」刊行記念のミニサイン会
☆鳩山郁子さんへの質問コーナー and more!!!!


●ご予約 パラボリカ・ビスOnlineShopから
 12月13日[土]17:00予約受け付け開始いたします!
 こちらからご予約ください>>


お茶会で鳩山郁子さんに尋ねたいことも同時に募集しております!

鳩山郁子さんのサイン会に参加したことの無い方、
イベントに初めての方も、是非お申し込みください!!


●Onlineshopでのご予約:
 12月13日[土]17時より受付開始いたします。
●電話でのご予約:03-5835-1180
 12月14日[日]より承ります。
 ※Onlineshopの予約にて完売の可能性もございます。ご了承ください。


薔薇のお茶といえば耽美・少女コミックのマストアイテム。
しかしながら、淹れるのは難しいと聞いていた。

自分でやってみようかと思ったのは、最初の鳩山郁子さんのお茶会の時。
話題は中井英雄の薔薇の庭で僕が困った人になったことと、薔薇の紅茶のことだった。
その時、いつか薔薇のお茶を淹れてみたい、ふとそんな妄想を抱いた。
鳩山さんの笑顔がそう思わせたのかもしれない。

何度かの出会いとレクチャーで、紅茶にのめり込むようになり、
やはり鳩山郁子さんのお茶会のお客さんに、ブレンダーになったらと煽てられた。
それで調子に乗ったわけではないけれど……、
だって、紅茶とかお茶とか、素人のやることではないから……
でも気軽に美味しい薔薇茶を楽しんでもらえたらと思い、トライしてみることにした。

使っているのは、リーフル・ダージリン・ハウスのファーストフラッシュ。
大きい茶葉をゆっくりとむらして、そこにダマスク・ローズを合わせる。
ナイーブな紅茶には、和菓子が似あう。
鳩山郁子さんの描いた絵を元に楳心果(ヒガシヤ)がこのお茶会用に御菓子を創作する。
ぜひ、みなさんでお茶を楽しみながら、鳩山郁子さんとご歓談いただければ幸いです。
(夜想・今野裕一)
d0222386_2149501.jpg



(薔薇の画像は、プライベートブログ「鳩の備忘録」のいちばんはじめに
掲載した写真と同じ、クリスマスの朝に花開いた「粉粧楼(ふんしょうろう)」。
もう我が家にはいない古薔薇の、ありし日の姿。
砂糖菓子の様な花弁、紅茶のような白粉のようなあの香り。
この薔薇のいた生活のことを思い出すと、今でも胸しめつけられるような思いです。
そして、ハダニ対策の唐辛子エキスの瓶だけが残されたのでした・・・涙。)











[PR]
by junekite | 2014-12-12 23:23
<< 東京駅5,6番線ホーム 、10... ☆書肆アラビク企画展 Lotu... >>