<< オフィシャルブログ「鳩小屋通信... 新作漫画「寝台鳩舎」-The ... >>

近況や、12月の塩竈のトークショーのこと。

★いち早いおしらせはこちらから!→twitter
d0222386_1535569.jpg

ブログの更新がだいぶ久方ぶりになってしまいました。
皆様お変わりありませんでしょうか?
私のほうは、WEBマンガぽこぽこ連載の「寝台鳩舎」の最後のほうに
いよいよとりかからねば、と思いつつ届いた洋梨を例年よりも大量にワインで
煮たりしながら、たぶん年の瀬近くにはお知らせできるかもしれない某イラスト
お仕事の合間にこちらを更新しております。お仕事の中味については、また
twitterで追って告知してまいりますね!

さてさて、そのtwitterではお知らせしておりましたように
ワタシの初のトークショー「鳩小屋通信at塩竈」が、宮城県は塩竈の地で開催されます!
私は母が山形出身なので、子供の頃は当時上野駅から出る特急列車「やまばと号」に乗り
車窓から眺める雪景色の白に、ぎっしり枝が折れそうに実った筆柿の紅が
絵のように映えるようすを、「つげ義春さんの”ほんやら洞のべんさん”に出てきそうな
景色だなぁ」と、ワクワクしながら眺めたものでした。
そんなわけで東北へは行く機会がよくあったのですが、宮城入りは今回が初めてです!
日にちは12月6日(日)、会場はふれあいエスプ塩竈にて。
こちらはお申込みが必要になりますので、詳細事項はこちら
青林工藝舎さんのイベント情報ページをご覧くださいませ!
d0222386_15361970.jpg

こんな立派なポスターとチラシも作っていただきました!

今回のトークショーは東北地方以外にお住まいの方も、もちろん
ご応募いただくことができます。終了後はサイン会も予定しておりますので、
どうぞこの機会に会いにきてやってくださいませ!
こんな告知をしておきながら、トークショーなど全くの初体験で
本番では一体どうなることか、皆目見当もつきません・・・。もしかしたら、
頼もしい飛び入りの援軍のウワサも・・・?ぜひぜひ、
全貌を確かめに足を運んでやってくださいませ~。
*
さて、このたびトークショーを主催し、お声掛け下さいましたのは
塩竈出身であるマンガ雑誌月刊「ガロ」創立者にして初代編集長、
長井勝一氏の功績を讃えるために設立された
長井勝一漫画美術館」の学芸員様です。本当に、嬉しい機会をいただきありがとうございます。
トークショーなどとんでもないことと、不慣れなことはひたすら回避してきた
ワタシですが、長井勝一美術館様のお招きで当地を訪れることが
叶うとあれば、もはやお断りするなどは考えられないことです。
1987年、「ガロ」誌上で「もようのある卵」という
ちいさな作品で入選させていただき、1991年に第一作品集「月にひらく襟」初版を
刊行していただいたその同年に、長井さんは社長を退いておられるので
からくも「ガロ」時代の長井さんのお姿のほんの最後の最後のほう、
少しだけ片鱗を知る駆け出しの新人だったということになります。
d0222386_15364269.jpg

アラーキーこと荒木経惟さんの撮影した長井さんのこの写真、ほんとに好き!

白土三平さん、水木しげるさん、つげ義春さん、・・・
全てのお名前を挙げればきりがないほど、ほんとうにたくさんの綺羅星の如き漫画家の
諸先輩方の才能をガロ(長井さん)はいち早く見出し、世に送り出しています。
若い方には、何と説明したらよいかなぁ。
テレビに出ている蛭子能収さんやみうらじゅんさんはガロ誌出身だよ、と
言えばわかりやすいかな。
数年前のNHKの朝のドラマ「ゲゲゲの女房」に登場する
(架空の)雑誌「ゼタ」は「ガロ」がモデルで、
その長井さんがモデルの「ゼタ」編集長こと深沢氏役を
二枚目俳優の村上弘明さんが演じたことで(内輪で)当時かなり話題になりました!

長井さんの追悼号や、ちくま文庫から出ている『「ガロ」編集長』を
トークショーが決まってから、また少しずつ読み返しています。
私などが長井さんのことを語るなどはおこがましいことという気持ちもあり
なかなか長井さんについて、書いたり人に伝えたりすることが
できないままでいます。自分よりも若いひとがどんどん増えてゆき、
その若いひとたちに向けて、この、見た目は小柄なお爺さんだけれど豪放磊落、
波乱万丈の人生を生き抜き、戦後の上野界隈では「モーゼルの勝ちゃん」と呼ばれ
(モーゼル=拳銃ですね)、結核の手術で片方の肺を失くし生命の危機に遭いながらも
念願の月間漫画誌「ガロ」を創刊、その後およそ30年間もマンガ界を裏方で
牽引し続けてきた長井勝一氏という”巨人”のことを、その話した言葉に触れる機会が
もしあるなら、漫画家を目指すひとだけではなく、今これからを生きる多くのひとの内側に
何か熱く呼び醒ますものがあるのではないかな・・・と、そんなことを感じるこの頃です。
d0222386_1538481.jpg

・・・で、ガロの錚々たる諸先輩方のように
魂と魂をぶつけ合い、擦り合わせる傷から血が滲むような漫画家VSガロ編集長としての
長井さんとの思い出話は何一つないのですが(笑)、当時はまるで孫娘とおじいちゃんが
デートしていたみたいだった思い出トークなどふんわりと織り交ぜつつ
お話できればよいなぁと思います。
なにしろ初めてのことですので、当日はなにかとおぼつかない点が多くなることと
思いますが、サイン会の折には時間に余裕があればお気軽に、サインのリクエストなども
いろいろお応えしたいです。
お越しくださる皆様とお会いできますのを、今から心より楽しみにいたしております・・・!
*
最後にWEBマンガぽこぽこ連載中!「寝台鳩舎-The Dovecote Express.」は
18日更新!現在Vol.2を公開中。最終話除くVo.4まで無料で購読できますので
ぜひ列車にお乗り遅れのなきよう!公開後はなるべく早くがんばって
紙媒体として出版の予定です。道のり長し~。
d0222386_15381589.jpg

d0222386_15375062.jpg

秋薔薇、今年は見そびれた・・・。できれば薄曇りの日に撮りたい
ブルーバユー。

どうぞ、皆様もいよいよ深まる秋をお愉しみくださいませ!
それでは、また。オールボワール!


ハトヤマイクコ拝。









[PR]
by junekite | 2015-11-09 16:15 | 日々帖
<< オフィシャルブログ「鳩小屋通信... 新作漫画「寝台鳩舎」-The ... >>