カテゴリ:未分類( 8 )

霧とリボン企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》、始まります!

d0222386_12465476.jpg

前回の記事は、twitterアカウントロック祭りの
おしらせなどですっかりバタバタしてしまいました。
いよいよ明日9日からはじまる
霧とリボン企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》、
ご案内を改めて更新いたしますね。

企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》
会場 『愛書家のための小間物ブランド 霧とリボン』直営SHOP
date 7月9日(土)~7月18日(月・祝)※火休
time 13:30~19:30
詳細は「霧とリボン」様HPよりご覧ください。

★愛書家のための小間物ブランド《霧とリボン》 HP
★《霧とリボン》 ブログ
★《霧とリボン》 tiwwter

連日霧とリボン様のtwitterにアップされる新情報に
ときめかずにはいられません。殊に、新発売のオリジナル・オーガニック紅茶
《モリアーティ・ロンドン》や、そのブック型の箱入り紅茶のお箱に収納できる
サイズのオリジナル・ステーショナリー(!)一筆箋二種、
そして、昨夜アップされて目を奪われた
菫色も目に鮮やかな"モリアーティ・ロンドン"の
新作ブローチ・コレクションの艶めき・・・。
どうぞ、霧とリボン様からの発信をチェックなさってみてくださいね!
*

[鳩山郁子原画作品、およびイラスト集『リテレール』(直筆イラスト・サイン入り)販売]に
つきましては、こちらをご一読ください。
イラスト・サインいりリテレール、原画作品ともに抽選制による販売となります。
(先着順ではございません。)ご希望の方は、店頭にお越しのうえ
ご希望をお申し伝えくださいませ。
d0222386_15353554.jpg

*さて、今回はイラスト集「リテレール」(飛鳥新社2011年刊)より
四点を、霧とリボン主宰のミストレス・ノール様よりお選びいただき
「テンペスト」(2006年制作)、「彼方」、「若きウェルテルの悩み」、
「結晶世界」(以上三点2010年制作)を出品、
「結晶世界」のみ一点を抽選販売いたします。

イラスト集「リテレール」は、リニューアル前の「季刊エス」誌上の
「Seardh&Sight」コーナーの扉絵として
「”若い時代”の方々に読んでほしい一冊」を毎号選び、
その本の実際の書影を手にした人物のいる「本のある風景」を描く、という
コンセプトではじまったシリーズです。
例えば、「結晶世界 The Chrystal World(J.G.バラード著)」ならば
創元SF文庫というように・・・。
d0222386_1320398.jpg

「彼方」(ジョリ=カルル・ユイスマンス著)は
こちらも創元推理文庫より
d0222386_1311017.jpg

「テンペスト」は、みなさんおなじみの白水Uブックス、といったぐあいで
連載中は送られてきた実際の本の現物を手に取って見ながらイラストを描いたのでした。
描きやすい書影もあれば、それはそれは書き写すのに
面倒なカバーもあり・・・。因みに、「結晶世界」は
描き写すのにとても厄介な部類のカバー画でした!
(因みに一番描きやすかった書影は梶井基次郎の新潮文庫の「檸檬」・・・。
気になる方はamazonで書影を検索してみてくださいね。)→コレ

忘れてました、自分のイラスト集「リテレール」の
amazonのリンクも張っておきましょう!
イラストのほかに、巻末には『ユリイカ(青土社)』の「総特集=稲垣足穂」
(2006年9月臨時増刊号)に掲載された
稲垣足穂原作『カールと白い電燈』コミカライズも収録されております。
収録された35点の「本」のなかに、あなたのお気に入りの一冊は
含まれているでしょうか?また、新たな一冊との出会いも見つかるかも
しれません。ぜひお取り寄せのうえ、Searchしてみてくださいね!
*
d0222386_13404260.jpg

企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》
会場 『愛書家のための小間物ブランド 霧とリボン』直営SHOP
date 7月9日(土)~7月18日(月・祝)※火休
time 13:30~19:30
詳細は「霧とリボン」様HPをご覧ください。


"菫色"という色彩、世界観を
様々な角度から追及する
展覧会の第一弾
11組の作家が描く
菫的”不良少年が
菫色の小部屋に舞い降ります
絵画、イラスト、写真
オブジェ、カリグラフィ
コラージュ、キャンドル
服飾などで紡ぐ美術展
それぞれの実験の成果を
ぜひご高覧ください

   《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年 DMより抜粋》

それでは、菫色の小部屋にて
皆様のお越しを心より、お待ち申し上げております・・・!



*
[新作「寝台鳩舎 The Dovecote Express」単行本準備中!]
WEB連載のつづきを描き下しての
寝台鳩舎 The Dovecote Express.」も、絶賛ペン入れ中です!
現在一話目のみ無料公開中です。未読の方はぜひご一読くださいませ。
本格的な暑さの時期に突入するまえに、少しでも描き進めておくべく
こちらもがんばっております、私もはやく紙媒体で読みたい・・・・!
d0222386_1814191.jpg

(↑こちら着彩前のモノクロバージョン、イメージ画。)


*
都心はここ数日たいへんな厳しい暑さに見舞われております、
どうぞ皆様もお出かけの際はもちろんのこと、
屋内にいるときもくれぐれも水分補給などお気を付けになって、
本格的な夏へ突入するまえに、体調を万全に整えておきましょうね・・・!

鳩山郁子拝



[PR]
by junekite | 2016-07-08 15:12

☆彡オフィシャルブログ「鳩小屋通信」更新しました!

★twitterはこちらから!
d0222386_16381021.jpg

★オフィシャルブログ「鳩小屋通信」、更新です。先日紀伊國屋書店新宿本店イベントスペース内で
開催された「スパングル[新装版]」サイン会について書きました。
★オフィシャルブログ内単行本リストに「スパングル[新装版]」を加えました。
d0222386_1642813.jpg

d0222386_16422560.jpg

あたらしい風切りは、「ゼブラ自転車」のもの。
初代風切りをくださった方からの、思いがけない贈り物!




[PR]
by junekite | 2015-05-11 16:42

「スパングル『新装版』」価格についてお知らせがございます。

★復刊ドットコム「スパングル『新装版』」

先日色校も終え、いよいよ来月に発売が迫り
今回も沢山の方々からご予約を賜り
楽しみにしております、との嬉しいお言葉も頂いております
「スパングル『新装版』」。
私自身も色校や束見本の手ごたえからとても心待ちにしているのですが、
今朝ほど、復刊ドットコムより「スパングル『新装版』」の
価格についての連絡を受けました。これまで設定、表記されていた
本体価格2000円から、300円値上げした2300円(税込み価格2484円)に
変更することが決まったとの連絡でした。
編集の都合上での価格値上げの変更ということで
お客様にはご説明を・・・ということで伝達を受けましたが
もうすこしご説明をいたしますと、
修正費が予想よりかかかってしまったこと等により
採算の見込みが当初とは異なることを受け、
最終的に価格を引き上げることを本日決定したとのことです。

復刊ドットコムのサイトでご予約をくださいました
たくさんのお客様が、本体価格2000円にてご納得を頂き、
ご予約下さった本が、ご注文後に価格が300円値上げに変更になるというこの事態を受け、
通常でしたらご了承を頂くにはなかなか難しい事態であると感じております。
まずは、この場を借りてではございますが
復刊ドットコムのサイトにてご注文をくださいましたお客様へ、
著者の私からも、心よりのお詫びを申し上げます。
この様な事態となり、誠に申し訳ありませんでした。

・・・私自身も、前の価格で描いたPOPを再度描き直さねば。
今日あたりtwitterにあげようと思っていたのですが、
まだあげなくてよかったです~。
d0222386_15422483.jpg


本の内容につきましては、先日の色校の出来具合、
束見本から想像して一冊の単行本としてとても充実したものに
仕上がることと、確信いたしております。
「スパングル『新装版』」が、変更後の価格にも十分見合う内容であると、
皆様にお愉しみいただけるものとなることを
心より、願うばかりです。


抽選のサインや色紙も、これから頑張って描きます!
急のお知らせにて、本当に申し訳ありませんでした。
どうぞ、引き続き「スパングル『新装版』」、充実の内容本体のほうを
お楽しみに、どうぞお待ちくださいませ・・・・!
何卒、よろしくお願い申し上げます。

鳩山郁子拝
*
[PR]
by junekite | 2015-03-26 16:44

☆彡『スパングル 新装版』刊行秒読み!Q&A方式コーナーまとめです☆彡

いちはやい情報はこちらtwitterから!→
d0222386_19214886.jpg


「Spangle スパングル」・・・【名詞】【可算名詞】
           1・スパンコール《ぴかぴか光る金属・すず箔で、芝居の衣装などに
           付ける》2・ぴかぴか光るもの《星・露・雲母など》

さぁ、いよいよ『スパングル[新装版]』の刊行が、来月中旬に迫ってまいりました!
今回は、単行本「スパングル」についての皆様からのギモン質問とりまとめを
Q&A方式にてアップいたしましたので、スパングルをすでにお持ちの方も、
”そんな本、初めて知ったわ!”という方もぜひこの機会にご一読を・・・!
d0222386_19343930.jpg

ではではさっそく、いってみましょう!

Q: 『スパングル[新装版]』は、一般の書店でも手に入りますか?

A: ご安心ください!普通の書籍と同じですので書店やamazonでも購入することができます。


Q: それでは、復刊ドットコムのサイトでの購入と普通の書店での購入と、違う点は?

A: 復刊ドットコムでご購入いただきますと、以下のようなオリジナルのさまざまな特典が
   つきます!お楽しみ要素満載です。こちらもぜひご検討くださいませ。
  
1.予約者全員特典… 描き下ろしイラスト入りポストカードをプレゼント
2.抽選特典… 抽選で50名様に、鳩山郁子直筆サイン入りにて本書をお届けいたします。
3.抽選特典… 抽選で3名様に、当選者のお名前入りで描き下ろしイラスト付きサイン色紙を
 プレゼント いたします。

復刊ドットコム 特典つきのご予約・ご注文ページはこちらから!→


Q: 『スパングル[新装版]』と、これまでの「スパングル」二冊の違いは?


A: 大きく違うのは、未収録の初期作品「MIDORI」と、「ATELIER アトリエ」の
  ふたつが収録されることです。「MIDORI」ActⅠ、Ⅱ、Ⅲはガロ誌掲載の
  初期作品で、あまりにも現在と作風が異なり”電波な”ためにこれまで単行本の
  収録を幾度となく見送って(封印して)きた作品ですが、実は当時さる人気漫画家の
  方からこの作品について驚きのラブコールが・・・!(と、この先は描き下ろしのイラスト
  エッセイ中に詳しく書いておりますのでそちらを是非ご一読を!ゲフンゲフン。)
  
  「ATELIER アトリエ」は著者が16才のときの投稿デビュー作で、原稿・掲載誌共に
  紛失のため、古本での掲載誌を編集部で入手、レストアしてこのたび収録できる運びと
  なりました。
  みっしり書いたイラストエッセイでそのあたりのことも振り返っておりますので
  同年代の方には懐かしい内容かも。そして、じつは今回新たに描き下した
  ミニ作品も・・・。その一部を、コッソリ公開しますね。
  
d0222386_19501556.jpg


 
Q: レアな初期作品がふたつあらたに収録、そのほかにことなる点は?

A: まだあります!巻頭「星的、菫的」の二色指定の色も変更になります。
   こちらは、当初初版のグリーンがかった青に戻す進行だったのですが、やはりこれまでとは
   違う点をひとつでも多く打ち出したいと思い、間際でガラリと色味を変更することに
   しました。どんな指定色になったかは、お手に取ってからのお楽しみです!

それから、これまでの二回の版では削除されていた多くの作品のラストにあった
   手書きによる「End」や「Fin」などの書き文字が今回の新装版で復活します!

そしてもうひとつ、じつはタイトルをひそかに訂正したものがあります。
  「青く染られた青のなかに」 、これを「青く塗られた青のなかに」と
   訂正、変更いたしました。ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
  これはジョゼフ・コーネルのコラージュ作品のタイトルを引用したものです。
  ・・・当時の自分がダイレクトにおなじ題名をつけることを回避しようとする意図で
  (愚)策を弄したつもりで「塗られた」を「染(め)られた」としたのか、それとも
   単なる間違いだったのか・・・?にしても送り仮名に誤りがあるわで、
   なぜ前回の改訂のときにきちんと見なかったのだろうと呆れるばかりです・・・。


Q:  今回はサイン会はありますか?

A:  はい、今回は書店さんでのサイン会を予定いたしております。
   詳細が決まり次第また告知いたしますね。ぜひぜひ、お気軽にいらしてくださいませ!
   鳩の手羽先のぼくと握手!

d0222386_20205742.jpg

   
『スパングル[新装版]』

目次

*「星的、菫的」    『ガロ』1991年12月号(青林堂)

*「青く塗られた青のなかに」 描きおろし 1993年 

*「銀輪の心臓」    『ガロ』1988年8月号(青林堂)

*「緑陰の幕間から」 『ガロ』1992年7月号(青林堂)

*「孔雀料理」 『ガロ』1991年4月号(青林堂)

*「水琴滴」 『ガロ』1993年2-3月合併号(青林堂)

*「エレクトリックローズ」 『COMICBOX』1987年10月号(ふゅーじょんぷろだくと) 

*「Limonea Act Ⅰ」 『ガロ』1991年6月号(青林堂)

*「Limonea Act Ⅱ」 『ガロ』1991年7月号(青林堂)

*「リチア電気石譜」 ※改訂版には上記収録作のほか下二作品を加える

*「卓上噴水」  『ガロ』1992年2-3月合併号(青林堂)

*「音楽」 『COMICBOX』1988年1月号(ふゅーじょんぷろだくと)

*「セルリアン・ベルテ」 『ガロ』1988年9月号(青林堂)

*「薄荷の諧楽」  『ガロ』1988年10月号(青林堂)

*「MIDORI」ActⅠ、ActⅡ、ActⅢ 『ガロ』(青林堂)

*「ATELIER 」 『小説JUNE』(サン出版)

*「The Curtain Fall.」(描きおろし)


1993年版「スパングル」(青林堂刊)
d0222386_19301189.jpg

2004年版「スパングル《改訂版》」(青林工藝舎)
d0222386_19302419.jpg


・・・というわけで、大ボリュームのページ数、そしてレア度ともに
あらたな見どころを満載した新生「スパングル」となること請け合いです!
どうぞ、お楽しみにお待ちください・・・!

☆彡
(ひさびさにブログをみっちり更新しようと張り切っていたら、
一度”完璧!!”につくりあげた(と思った)下書きが、管理画面の一瞬の不具合で
パァになってしまい頭が真っ白。そこからここまでこぎつけたので何か大事なポイントを
書き忘れているような気がする・・・。気が付いたらまた更新orツイッターで呟きますね。
またパァになると怖いから急いでアップします。もー。)
d0222386_20512637.jpg

今日の桜。ほんとうに、あともう少しね。







[PR]
by junekite | 2015-03-22 20:35

☆「新年(Bonne annee)の薔薇茶会atパラボリカ・ビス」開催のご案内です。☆

★新年の薔薇茶会のご予約受付は定員数に達しましたので、終了いたしました。
たくさんのお申込みを頂き、誠にありがとうございました!


(twitterはこちらから!)
d0222386_21521546.jpg

お知らせがたくさん目白押しです!
13日(土)は、夜22:00よりエルネストの鳩舎のクリスマスがOpen。
大阪の書肆アラビクさんでの企画展"La chambre insolite"も12月29日まで
引き続き開催中!
そして、13日(土)17:00からは2015年のあたらしい年明けを寿ぐ、
こんなおたのしみ企画のご予約の受付が始まります!

☆鳩山郁子「新年(Bonne annee)の薔薇茶会」☆
d0222386_2150195.jpg

新しい年の幕開けに、薔薇のお茶と、天使の羽根のお菓子で美的なひとときを。

会場は浅草橋のパラボリカ・ビスさん。主催の今野氏が供するダージリンと薔薇のブレンドの紅茶と、
特別なお茶菓子で、あかるく新年のスタートをお祝いするひとときを過ごしませんか?
お茶会に参加してみたいけれど、初めてだし・・・という方もまったく心配は
いりません!お一人でお申込みされてみえる方がほとんどですし、
わたし自身も堅苦しいセレモニーは苦手なほう。前回のお茶会も、
すぐにお客様同士、まわりの方と賑やかに打ち解けていらっしゃいました。
不安な方はわたしの席の近くにセッティングしていただきましょう。(笑)
お友達とご一緒の参加の方ももちろん大歓迎です!
お誘いあわせのうえ、お申込みくださいね。

そして、今回のお茶会では
とても特別なお菓子の準備がすすめられております!
秘密は、先日twitterにあげたこちらの羽根の絵・・・。
d0222386_2239597.jpg

じつは、こちらはお茶会のために特別に供される
オリジナルの「和菓子」のデザイン画として描いた一枚。
・・いえ、デザイン画というよりは、「イメージイラスト」と呼ぶほうが
ふさわしいかも・・?用途(?)上、もっとシンプルな配色のほうが
よかったかもしれません。絵を描いているあいだはどうしても、
これが「デザイン画」という目的を忘れてしまいがちです。
この羽根は、きっと数日前に見たこんな景色が
印象に残っていたからかもしれません。
大好きな、青と黄色の世界。
d0222386_22392473.jpg

主催の今野さんから、
「天使の羽根を一枚描いて頂きたいのです」とお申し出をいただき
はじまった今回の「天使の羽根のお茶菓子」の計画。
今野さん曰く、拙作「カストラチュラ」のシャーロット・リンが、
「最期におそらく天使の羽をもらえたのでは」・・・という思いを
打ち明けてくださいました。ということは、この羽根の持ち主は
あのお方、ということになりましょうか!
これは、新たな発見です。あの方の羽根、書物のページのように
背中から剥かれた皮一枚じゃなかったのね。(笑)
お茶会では、床の間に掛け軸を飾るように、
天使の羽根のイメージ画を飾って・・・。そんな一席となりそうです!


じつはパラボリカ・ビスさんでのお茶会は今回で二回目。
前回はワタシ自身、お茶会のホストの身でありながらあまりにも漫然と(?)
無自覚にティータイムをフツーに過ごしてしまっておりましたので、
その前回の轍を踏まえまして、次はスタッフの方による進行付きで
内容もすこし考えてまいりたいと思っております!
質問など、聞きたいことなどありましたらこちらも募集中です。
一年のスタートにふさわしい、たのしいお茶会にいたしましょう~。
皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております・・・!

と、パラボリカ・ビスさんのページに今野さんのテキストが
更新されておりましたので、下に転載させていただきました。
パラボリカ・ビス、夜想主催 今野裕一氏による繊細なブレンドの
香り高い風味を、どうぞお楽しみください・・・!
d0222386_23343860.jpg


●日時 2015年1月31日[土]15:00start
●参加費 3,500円(お茶、お菓子込み)☆前払い
●定員 30名

☆このお茶会の為に作られた和菓子が登場
☆2014年夏に刊行された、「ミカセ[新装版]」刊行記念のミニサイン会
☆鳩山郁子さんへの質問コーナー and more!!!!


●ご予約 パラボリカ・ビスOnlineShopから
 12月13日[土]17:00予約受け付け開始いたします!
 こちらからご予約ください>>


お茶会で鳩山郁子さんに尋ねたいことも同時に募集しております!

鳩山郁子さんのサイン会に参加したことの無い方、
イベントに初めての方も、是非お申し込みください!!


●Onlineshopでのご予約:
 12月13日[土]17時より受付開始いたします。
●電話でのご予約:03-5835-1180
 12月14日[日]より承ります。
 ※Onlineshopの予約にて完売の可能性もございます。ご了承ください。


薔薇のお茶といえば耽美・少女コミックのマストアイテム。
しかしながら、淹れるのは難しいと聞いていた。

自分でやってみようかと思ったのは、最初の鳩山郁子さんのお茶会の時。
話題は中井英雄の薔薇の庭で僕が困った人になったことと、薔薇の紅茶のことだった。
その時、いつか薔薇のお茶を淹れてみたい、ふとそんな妄想を抱いた。
鳩山さんの笑顔がそう思わせたのかもしれない。

何度かの出会いとレクチャーで、紅茶にのめり込むようになり、
やはり鳩山郁子さんのお茶会のお客さんに、ブレンダーになったらと煽てられた。
それで調子に乗ったわけではないけれど……、
だって、紅茶とかお茶とか、素人のやることではないから……
でも気軽に美味しい薔薇茶を楽しんでもらえたらと思い、トライしてみることにした。

使っているのは、リーフル・ダージリン・ハウスのファーストフラッシュ。
大きい茶葉をゆっくりとむらして、そこにダマスク・ローズを合わせる。
ナイーブな紅茶には、和菓子が似あう。
鳩山郁子さんの描いた絵を元に楳心果(ヒガシヤ)がこのお茶会用に御菓子を創作する。
ぜひ、みなさんでお茶を楽しみながら、鳩山郁子さんとご歓談いただければ幸いです。
(夜想・今野裕一)
d0222386_2149501.jpg



(薔薇の画像は、プライベートブログ「鳩の備忘録」のいちばんはじめに
掲載した写真と同じ、クリスマスの朝に花開いた「粉粧楼(ふんしょうろう)」。
もう我が家にはいない古薔薇の、ありし日の姿。
砂糖菓子の様な花弁、紅茶のような白粉のようなあの香り。
この薔薇のいた生活のことを思い出すと、今でも胸しめつけられるような思いです。
そして、ハダニ対策の唐辛子エキスの瓶だけが残されたのでした・・・涙。)











[PR]
by junekite | 2014-12-12 23:23

☆大阪の書肆アラビクさんの12月の企画展に出品致します。

★鳩山郁子twitterはこちら!
b0218369_2149341.jpg

[企画展に参加のお知らせです!]
大阪の書肆アラビクさんの12月の企画展に出品いたします。
タイトルは「 La chambre insolite 」。店主森内様曰く
奇妙な部屋、くらいの意味でしょうか-----とのこと。
今回は、画家であり人形作家の山本じんさんよりのお誘いで
参加をさせていただくこととなりました。
私は、纏足靴の小品数点と、四つ切額サイズの鉛筆画一点を
出品する予定です。
ご一緒させていただく作家各位様、アラビク店主様。
お声掛けをくださった山本じん様、
どうぞ何卒よろしくお願い申し上げます。

企画展概要につきまして、以下アラビク店主森内様のブログよりの転載です。
------------------------------------------------------

 アラビク12月企画展” La chambre insolite ”について
 
 出展作家 Aisa(アクセサリー)
      寺田楓(絵画)
      鳩山郁子(絵画)
      森馨(人形)
      山本じん(絵画・人形)
 
 会期   2014年12月11日(木)~29日(月)
      午後13:30-21:00
      (水曜定休・日曜日は午後20:00まで)

 会場   〒530-0016 
      大阪市北区中崎3-2-14 アラビク
      t/f 06-7500-5519



珈琲舎・書肆/Luft アラビク 公式ホームページ
アラビクは昭和4年にできた長屋を利用した、喫茶、書店、ギャラリーの3つの機能を持つ店です。

b0218369_21495713.jpg

私の作品、鉛筆画、纏足靴の小品はすべて販売いたします。
アラビクさん、わたしも行ってみたいなぁ、でも年の瀬は
ちょっと難しそうかな・・・。関西方面の皆様方、ぜひふるって
足をお運びくださいませ~!
また追ってのお知らせをtwitterなどで発信してまいりますね!


方々でクリスマス準備の賑やかな色彩が溢れるこの頃・・・。
例年のように、鳩舎でのクリスマス企画を楽しみにお待ちくださる方も
いらっしゃることかと思います。なのですが・・・
今年は、描き下ろしの漫画の執筆が遅れていることもあり、
これまでのようなコンセプトだてたクリスマス企画が、難しくなりそうです。

自分でも、昨年を振り返るとsachiさんの木彫りの鳩舎の鍵とコラボレーションした
BOX作品が懐かしい・・・。私も、本当ならばあのようなコンセプトグッズを
考えて制作することが、最も楽しい作業のひとつなのです。
けれども、自分の場合のコンセプトグッズやオリジナル作品、企画は
漫画という「核」があってこそ、と考えます。
思えば単行本「エルネストの鳩舎」の描きおろしからこのかた、
漫画というかたちでの作品発表はしておりません。
もろもろの思いあって、今は何よりも優先させる気持ちで
漫画原稿と向き合っております。

新たな作品ができれば、先々のシーズン繰越しになるかもしれませんが
必ずや別の機会に、あたらしい作品世界をもとにした
コンセプトグッズや企画も生まれるかもしれません。
どうぞ、それまでは水面下で潜伏しての作業、
お見守り頂けましたら有難く存じます。
とはいえ、何もないのも寂しいですから、何かしら・・・。
エルネストの鳩舎のほうに並べられたら、よいなぁと考えては
おりますが、さてどうなりますことやら・・。
今しばらく、お待ちくださいね・・・!

あ、オンラインストアで販売中のアーカイバルプリント二種
「恐るべき子供たち」と「星の王子さま」のネット上での
ご注文受付締切りも、今月11月末日まで!気になる方は、どうぞこの機会に
ご検討のほどを・・・!

ではでは、ここのところは急激に寒くなってまいりました。
夜中の作業が、しんしんと底冷えする季節の到来です。
わたしは、ラフランスの赤ワイン煮の副産物のワインシロップに
今年初、いただいた「金時しょうがの粉末」を入れて
熱く煮たてたホットドリンクで風邪っ気を吹き飛ばしています。
これが美味しい!どうぞ皆様もお気に入りの熱い飲み物をお供に、
冬の夜更けをあたたかにしてお過ごしくださいね。

それでは、いちはやい情報はtwitterのほうにて
チェックをいただけますと幸いです。
どうぞ、何卒よろしくお願い申し上げます~!

鳩山郁子拝


[PR]
by junekite | 2014-11-17 23:29

あたらしいこといくつか、&春菊の新月サラダ

※脇に表示していたtwitter埋め込みパーツいったん外し中。※
twitterはこちらから。鳩山郁子 Ikuko Hatoyama Twitter

d0222386_1326950.jpg

ちょっと前の食卓、庭の草花のブケといっしょに入っていた
摘みたてやわらか春菊に厚揚げ、じゃこ、
新月のような新玉ねぎのスライスを加えたサラダ。
ほんとうは、新月って目には見えないのだけれど...。

さてさて、あたらしいお知らせを・・・!
太田出版さんの短編読み切り企画◆MANGA SINGLESより、
1994年にガロ誌に掲載された単行本未収録作品
「緑郎丸」(49頁)の[Kindle版]が6月6日(金)より発売予定、
予約受付を開始いたしました。
[Kindle版]、amazonのページはこちらから。

◆MANGA SINGLES スペシャルページはこちら。

いやー、ついにジブンの漫画が電子で配信される・・・
そんな時代になりました。ご周知のとおりのアナログ人間の
ワタシは、つい最近までは電子で書籍や漫画を読むということが
もうひとつピンとこなかったのですが、少し前に店頭で手に取った
ipad miniのサイズ感にココロ射抜かれ、XP切り替え同時期に
購入、まだ漫画や書籍の購読にはそれほど使用していないものの
じっさいに端末を手にして生活の中であれこれ使用するうちに、
ああなるほど、こういうことなのか・・・と、(遅まきながら)
何やら実感できた次第であります・・・はは、は。

作品の「緑郎丸」は・・・もう人物の顔やらなにやら、
ホントに今見ると悶絶モノでたまらない作品なのですが、
それなりのページ数の作品なのに、なぜかこれまで
どの単行本にも収録されずにきてしまったものです。
今ではすっかり珍しくなった(?)和モノです。ご堪能ください~。
まずは初期作品であれ、自分の作品をまだ読んだことがない、という
方にも低価格で気軽に知っていただける機会として
短編読み切り配信、うってつけのスタイルではないかと思います。
というわけで、太田出版さんのウェブページでの配信に先駆けて
amazon[Kindle版」より6月6日配信スタート、
「緑郎丸」、電子配信にてご購読あれ~。


気高く美しき少年世界の名手・鳩山郁子、幻の単行本未収録中編!

薬草、硝子ペン、少年剣士。そして「お寺の子」と噂された級友との、一瞬にして一生分の交錯。

     (太田出版ウェブページ紹介文より)
d0222386_14195817.jpg



あと、もうひとつ新しいことが・・・。
きのうの昼間までは全然そのつもりがなかったのですが、
夕方に突然「そうだ、twitterをやろう・・・」と思い立ちまして、
昨夜からこのブログの脇にもツイートの埋め込みが出現しております。

今回の◆MANGA SINGLESのようなお知らせをするのには
やはりtwitterが一番よいような気がしましたので、
まだtwitterの仕組みや用語がよくわかっていないのですが
(フォローとかフォロワーとかリツィート、リプライとか)当面は
オシゴトのおしらせをいち早く発信するという方向でまいります。
フォローのほう、よろしければどうぞよろしくお願いいたします。
鳩山郁子 Ikuko Hatoyama Twitter


ではでは、今日もマンガ描きとツイッターお勉強にいそしみます。
(あっ、今みたらすでにフォローしてくださってる方が数名様。。涙
わーうれしいです!!新しいことを始めるってドキドキしますね!
早く覚えるのでみなさんもうちょっとお待ちくださいね~。)
d0222386_13263364.jpg

  
なんだかお天気がもんよりとしてきましたが・・・
梅雨入り前のこの時期さわやかに!どうぞみなさまも、
お過ごしくださいませ~。


[PR]
by junekite | 2014-05-29 14:59

*☆*:;;;;;;:*☆*鳩舎ヴァレンタイン、10日openです!*☆*:;;;;;;:*☆*

お待たせいたしました~!
Valentine'Day at "Dovecote"、エルネストの鳩舎のヴァレンタイン・マーケットを
来たる2月10日(日曜日)の夜10:00にopenいたします!
ネットストア「エルネストの鳩舎」のほうへ、商品をアップいたしました。
(まだカートに入れることはできません。)
当日、三十分くらい前にデータを一度操作のために引っこめさせていただき、時間に
なりましたら再度カートを作動させてアップいたします。(という、予定です!)

今回、ご用意いたしましておりますのは
昨年クリスマスにご好評いただきました、くるみのインクを使用した鳩舎函の
イラストを、ヴァレンタイン・バージョンのグリーティング・カードに仕立て直した
「投函」セット。人物”エルネスト”たちや鳩舎のイラストは、
クリスマスのアミュレット函のときよりもサイズが大きく、
ペン画の筆致も細かく描かれてあります。ストア詳細ページでご覧くださいませ。
”架空の”投函用?封をするための鳩舎エンブレム紙片と、外国切手一枚をお付けします。
d0222386_1313176.jpg

d0222386_1281447.jpg

d0222386_1282831.jpg


洋封筒は、シャシンですとちょっと判りづらいですが、
細かなゴールドの光沢のある紙です。ドイツ製の、ピンクやブルー、グリーンなど、
いろいろな色のハート型のドレスデン・オーナメントで、ヴァレンタイン用にデコレーションを
施してあります。
d0222386_129544.jpg

そのほか、「思いつき出品」がいくつか増えました。
手元にあったモノクロ原画や版下を、ちょっとしたものたちと組み合わせて
出品しております。こちらも詳細、ご覧くださいませ!
d0222386_1291579.jpg

d0222386_1285563.jpg

d0222386_1284119.jpg


くるみのインクを使用した原画を、三枚出品いたしております。
緑のエメラルドの心臓は、方滴錘(ファンディー・チュン)。

前回、ブログで一部分をアップいたしましたコーラル(珊瑚)色のハートの
イラストにつきまして、今回は出品を割愛させていただくことにいたしました。
お気に留めてくださっていた方がもしいらっしゃいましたら、
誠に申し訳ございません。もちろん、「エルネストの鳩舎」に出品するつもりで
当初から制作していたイラストなのですが・・・。

ほかの三枚の原画イラストも、どれもみな気に入っております。
ふと、一枚くらい手元に残しておいてもいいのかな、と、そんなふうに
思うようになりました。(どんなイラストか、気にしてくださる方がいらっしゃるかも
しれません。そのうちイラストのシャシンだけでもご紹介できたらと思います。)
「チラ見せ」だけしておいて、直前になって本当にごめんなさい。
(もしかしたら時間が経ったら気が変わって手放すかもしれません。気まぐれで
すみません・・・。)

d0222386_12534167.jpg

今回も、アップの際にもしも何らかのトラブル、不手際がございましたら、
ページを立て直すまでちょっとの間ご辛抱ください・・・!
今回は点数が多いので緊張が走ります・・・。(汗)
どうぞこのたびも、何卒よろしくお願い申しあげます!

皆様のお気に召すものが見つかればよいなと思います!
それでは、ちょっと慌ただしい日程になってしまいましたが、
10日日曜日の夜10:00に!皆様のお越しを
二月の鳩舎の凍える漆喰の小部屋にて(涙)鎮座してお待ち申しあげております・・・!

鳩舎主 鳩山郁子拝。











[PR]
by junekite | 2013-02-07 13:17