カテゴリ:日々帖( 269 )

☆4月30日カートopen!新緑の鳩舎祭り、プレビュースタートです。

たいへんお待たせいたしました!
オンラインストア「エルネストの鳩舎」の新緑祭り、
4月30日(水)の夜22:00にカートオープンです!
ただいまプレビュー公開中!
d0222386_127094.jpg

d0222386_1263927.jpg

今回、Robin's-egg Blueなカラー原画作品二点は抽選販売方式となっております。
そのため、こちらの二点は当日になっても
カートは表示されませんのでご注意くださいませ~。
ご応募しめきりは5月12日まで。ご応募方法など詳細は
商品ページのほうをご参照ください。
d0222386_12124710.jpg

毎度のお願いではございますが、
万が一売り出し時に不測の事態等ありました場合は、
ショップのwhat's new?のおしらせ欄もしくはこちらブログ上にて
お知らせをいたしますので、お待ちください~。
お買い物前に、ショップのwhat's new?のアナウンスメント、そして
「鳩舎主より はじめにお読みください」の項目を今一度ご一読のほうを
お願い申し上げます。
d0222386_12114777.jpg

ではでは、あわただしいですがとりいそぎ
お知らせまで・・・!30日、新緑薫る四月最後の一日に
ぜひとも、エルネストの鳩舎へ足をお運びくださいませ・・・!
心より、みなさまのお越しをお待ち申し上げております!

エルネストの鳩舎  鳩山郁子拝









[PR]
by junekite | 2014-04-27 12:34 | 日々帖

fragment of ....(記憶のみずうみ)

d0222386_12234812.jpg

d0222386_12295068.jpg

あと数日中でのアップを目指しております。
もうしばらく、お待ちくださいませ!

剥がれ落ちた写植片のなかから、spangleな言葉を選り抜いて
記憶の小品としたもの、七点ほど。

そのほか、今回はひさびさにしっかり描いたフルカラーの原画作品も
二点ほど出品の予定です。今回は抽選販売方式を予定いたしております。
Robin Egg Blueを蒐集する彼等。
d0222386_1224892.jpg


貴重な楕円黒縁マット紙が入手できたので、
新作にシャーロット・リンの眼の小品など。
面相筆で着彩した桃色の目もとに、
虚脅し(こけおどし)の模造ダイヤ(ラインストーン)はご愛嬌。
d0222386_12302913.jpg

そうそう、前回すぐに売り切れとなりました
青林工藝舎さん発ラッキーのカード&バッヂのセットも、
10セットの追加納品ありです!おニューのカードの図柄もあります。
(今回は、鳩舎ヌシによるカードの図柄のチョイスにてお届けいたします~。)

あたらしいPCのモニターがこれまでよりもかなり青味が強く、
取り込んだ画像を新しい色調整ツールでどうにかしようとすると
温色が強くなり過ぎてしまったり等々、まだ全体の加減が掴めないために
ちょっと手間取ってしまっております~。

コラージュ風に配置したガジェット・モチーフは、こちらも
ペン画で描いたものを切り抜き、色鉛筆画に貼付した作品になります。
古い写植片、それに古い紙の素描画との組み合わせの風合いが
お伝えできればよいのですが・・・。
d0222386_12301716.jpg

・・・というわけで、新緑のエルネストの鳩舎祭り、
商品アップと開催日時につきましてのご案内のほうは
もうしばらくお待ちくださいませ~!鋭意、日々準備中!

ハーブのブーケを貰いました。
ミント、フェンネル、レースのような小花をつけたコリアンダー、
チェリーセージ、それにブルーの勿忘草と
はじめバラとは思わなかったほど野の花のように繊細な咲き方をした
モッコウバラ!こんな素敵なブーケ、花屋さんではぜったいに買えません。
d0222386_12244995.jpg

取っ手が欠けてしまったけれど、どうにも捨てられなかった
ウェッジウッドの青磁色のマグカップとよく似合います。
ふわっと漂う香りも、目が覚めるような心地で本当に新鮮です!

粉粧楼も、ここ数年は冬花の容貌(かお)を拝すること叶わず
(ジブンの手入れの不足に)ほんとに申し訳のないキモチになってしまうのですが、
置かれた場所で不平も言わずこの時期はきれいな葉をどんどん繁らせて
蕾も日々どんどん大きくしてくれています。もう、年に二回なんてゼイタクは
望みません、一度でも花が見られたらもうそれだけで恩の字(?)です。
ほんとに今がいちばんワクワクする季節かもしれません~。
















[PR]
by junekite | 2014-04-25 13:56 | 日々帖

スクランブルエッグ・ローズ

いかがお過ごしですか?
昨日までの初夏の陽気とはうって変って、
今日は朝から雲の垂れ込める肌寒い一日です。

昨日の陽射しの下の、この満開の棘なし薔薇、
モッコウバラのふわふわの黄色ときたら・・・!
d0222386_132379.jpg

d0222386_1322417.jpg

食べても食べてもなくならない、魔法の炒り玉子?
こんな事を考えてしまうワタシ、春もやっぱり食い気です。
そう、何てったって、イースター間近ですから。

ロビンエッグ・ブルーの卵のオムレツは、
いったいどんな色と味がするんでしょう・・・?
d0222386_1333718.jpg


ひょっとしたら、新緑の鳩舎祭りになだれ込む可能性大ですが、
現在全力で準備中!ご案内のほうはもうしばらく、
お待ちくださいませ・・・!
けれど、来週半ばまではお天気がもうひとつの予報も?
しまったー・・・シャシン撮影が延びてしまう!

前回の記事で取り上げた剥がれた写植片を使った
オリジナル作品なども出品する予定です。
d0222386_1332577.jpg

春野菜でも食べて、待ちましょう・・・。
これは、スティックセニョールか?と聞いたら、
スティックセニョールではない、何かアブラナ科の野菜だ、と
いわれた、”何かアブラナ科の野菜と浅蜊のパスタ”。
d0222386_1323868.jpg

それでは、引き続きもろもろシゴトに戻ります!
皆様も、今日は暖かにしてお過ごしくださいね。
d0222386_133924.jpg

今年も、そういえば菫が満開だったのに
写真を撮るのを忘れてしまった。冬のあいだにこぼれ種のスミレが
入り混じってしまい、株を整理したら、いつのまにかニオイスミレを駆逐?して
しまった模様。結果、タチツボ8:濃い紫1:ゆうぎり1の割合に・・・・。
来年、やっぱり新たなニオイスミレをお迎えしよう・・・。


☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

ここで、素敵な展覧会のご案内を・・・!
エス誌で絶賛連載中のミミまんの作者でおなじみの
アーティストかくらいみさいるさんの展覧会「EXHIBITION mimi-cafe 2014 ミミとお菓子の森」が、
来週4月22日(火)からギャラリー・ドゥー・ディマンシュ青山店でいよいよスタート!
「こんぺいとう戦争」の物語の行方は・・・?そして、新作のバレエ・シリーズ、
ポワントを描いたキャンバス作品の展示や販売など、ご自身もバレエをたしなむ
かくらいさんならではの世界観が新たに展開される模様!
会場では、なんとアートネイルやタロットコーナーも設けられて
なんだかものすごいことになっていそうです~!
会期は4月27日(日)まで、詳細はかくらいさんのHPなどでご確認のうえ
春から初夏に向けてのさわやかな一日を、とびきりキュートで甘やかな
(そしてほんのちょっぴりのおいしい毒?もある)ミミちゃんの作品世界に触れに
遊びに行かれてみてはいかがでしょうか?
そして、今月号のエスでも鳩ちゃんはまたラストでミミちゃんを
ぱっくり一吞みしてしまったのね・・・。同じオチが三回目って、
ミミちゃんそれってどうなのよ!(笑)でも、タロットの女教皇にハトちゃんを
描いてくれたみたいだから、許してあげるわ!☆

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆











[PR]
by junekite | 2014-04-18 14:37 | 日々帖

剥がれた言葉

d0222386_1303357.jpg

d0222386_1313205.jpg

d0222386_12594940.jpg

d0222386_130417.jpg

d0222386_13223679.jpg


理由(わけ)あって古い原稿を整理していたら、
貼ってあった当時の写植が、ちょっと触れただけで
まるで桜の花弁が散るように 雲母の剥離した一片が落ちるように
・・・などと書けばステキに詩的な事のように聞こえますが
茶色に変色した糊痕を残してザザッッと無惨にもあっという間に
剥がれ落ちてしまい呆然・・・。これでは、まるで古文書です。(汗)
けれどもよくよく考えてみたら、もう今から二十年以上は
ゆうに時を経た”紙”なのだから、これで当たり前の状態なのですね。(大汗)

自分の漫画の原稿に「写植」が使われなくなり
データ入稿に移行したのはいつのどの作品辺りからだったかな-----?
データ入稿以前は、マンガの原稿はすべて編集部の方の手により
こんな風に「写植」文字の紙片を貼り付けていたのです。

剥がれ落ちたさまざまな写植の文字の紙片をあつめて、眺めていたら
これを使って何か別のものが生み出せそうな気がしてきました。

これらのどの言葉が、どの作品の台詞の写植だったのか、
今年中に訪れる(はずの)いくつかの機会で
皆様にその答えをお目に掛けることができるかもしれません。
d0222386_1312439.jpg


ビーチコーミング二回目は、ちょっと不漁気味?
陶器片も、角が丸くなっていない新しめのものが多いですね。
(欲を出して期待してゆくときは、多分こうなるって思ってました。笑)
d0222386_1313551.jpg


使い慣れたパソコンからの更新は今日で終了、
新しいOS(とその端末)の扱いにまだまだ手こずっている最中です(泣)
ブログやオンラインストアになくてはならない画像の編集・管理だけは
手際よくできるようにならなくちゃと思うのですが・・・。
ここのところの春の通信大変革祭り、タイヘンなことも多いですが
その一方であたらしい端末もハトの日常に参入、
世界が広がって、たのしいこともいろいろ増えました!
d0222386_13151945.jpg

----”カギ、ヒラク”。
あたらしいものと古いものとが
錯綜し、混在し、引き継がれて何かが生み出される、
そんな不思議な体感の四月です。

・・・今年のイースターは四月の終盤でしたっけ?
春の鳩舎祭り、復活祭に間に合わなかったらごめんなさい!
そんなこんなで、今月はしめきりなどもありもろもろ錯綜しておりますが
鳩舎の春祭りは、少しずつ準備をしております!
またこちらで追ってのご案内をいたしますので、
ゆるっと、またぜひとも覗きにいらしてくださいませ!









[PR]
by junekite | 2014-04-09 17:23 | 日々帖

オフィシャルブログ「鳩小屋通信」更新です。


オンラインストア「エルネストの鳩舎」のメールの御返信と発送作業を
27日から30日までの間、お休みさせていただきます。何卒よろしくお願い申しあげます。

オフィシャルブログ、鳩小屋通信更新です。
マンガ家の中野シズカさんの初の長編作品による単行本「モリミテ」、
そして人形作家の林美登利さんの初の作品集「Dream Child」と、
ちょうど寄稿のおしごとでかかわらせていただいたお二人の作家様の
ご本が同時期に刊行です!春にふさわしく新刊のご案内、
くわしくはオフィシャルブログ内にてご覧ください。
d0222386_1230097.jpg

d0222386_12302129.jpg

*
写真家の村松桂さんからも、写真展のご案内が届きました。
「Urvan/Ruvan 旅の記録 Katsura Muramatsu」
会場は「書肆サイコロ」(最寄り駅JR高円寺)、4月6日(日)まで。
写真展に合わせまして、同名の写真集も刊行されます。
村松さんの写真、久しぶりです。たのしみだな。桜の咲く季節、
静謐なモノクロの写真の作品に会いにゆくのは、それだけで
詩的な一日になりそうで待ち遠しい。
d0222386_12305987.jpg

黒の案内状の上に見えるのは、むかし買った村松さんの
フリップブックのようなちいさな写真本「Breathe In Peace 1 "tact" 」。
フィルムをプリントした細い細いテープのような帯が素敵!
*
桜の蕾、今日はどのくらいおおきくなったかな?
さて、わたしも四月の春鳩舎祭り準備に進行中のあれやこれや、
いよいよせわしくなってきました・・・!
生活のあらゆるところで、一見したところ変わっていないようだけれど、
目に見えないところの変化がどんどん起こっているような・・・(´∀`)
そんな春の予感を抱きつつ、
どうぞみなさまもよい春本番を・・・!
(ひきつづき、ラッキーのおやつ代セットをご購入くださいましたお客様へは、
ご入金通知が届き次第発送をいたしております。二週間経ってもお手元へ
届かなかった方は、お手数ですがご一報くださいませ!)











[PR]
by junekite | 2014-03-25 13:07 | 日々帖

とりいそぎ、業務連絡&おしらせです。

みなさん、ありがとうだわん。☆
d0222386_1345216.jpg


ラッキーのおやつ代カード&缶バッヂセットをお買い上げくださいました
お客様へは、本日より順次発送を行っております。
ご入金から二週間経ってもお手元へ届かない場合は、お手数ですが
お問い合わせメールよりご一報くださいませ。
ラッキーからも、皆様へ御礼ご挨拶を・・・!
どうもありがとうございました!


引き続き、今週末より始まります人形作家の林美登利さんによる初の作品集
林美登利人形作品集 Dream Child」刊行記念のパラボリカ・ビスさんでの
個展とサイン会
のご案内をこちらにて!(販売元:アトリエサード)
サイン会の日程は29日(土),30日(日)の両日になります。
ご予約が必要ですので、まずはホームページのほうより詳細をご覧のうえ
お申し込みくださいませ。今回、わたしはご本の帯文を寄稿させていただきました。
本日、作品集が手元に届きましたので、後日お知らせを改めまして・・・!

林さんのつくるお人形たちは、サーニットと呼ばれる独特の肌合いを持つ
素材で制作された、異形の子供たち、あるいは精霊、半獣、幼い魔女たち。
思わず指で押してみたくなるような(もしくは、つねりたくなってしまうような?)
白桃のような頬を持つ夢の子供達は、無垢のなかに神々しささえ湛えた
不思議な力に溢れています。
以前、拙著「カストラチュラ」のトリビュート展に林さんが制作、出品された
シャーロット・リンやファンディー・チュンも収録されておりますので、
トリビュート展にお越しになれなかった方もぜひ「Dream Child」をお手にとって、
林さんによるカストラチュラ・ワールドを感じてみてください。
amazonからのご予約、ご注文はこちらから!



そして、寄稿をさせていただきましたご本がもう一冊、
中野シズカさんの初の長編作品の新刊「モリミテ」(青林工藝舎)も手元に届いております!
シックでとても素敵な単行本・・・!こちらも合わせて、後日
ご紹介の予定ですので、どうぞおたのしみにお待ちください。
いま出ているアックス誌も、中野シズカさんの「モリミテ」刊行記念の
特集号、インタビューほか掲載中です。こちらも、必読!
d0222386_1351918.jpg

数日前の染井吉野。ほんのすこしだけ、
濃い桜色を覗かせています!そこいらじゅうが桜色の
霞に包まれるのも、きっともうすぐです。

ではでは、本日はとりいそぎ・・・!









[PR]
by junekite | 2014-03-24 13:33 | 日々帖

Sailor,ShoeString,... "Spring has come".

d0222386_134565.jpg

d0222386_134287.jpg

今日は春一番が吹いています!いよいよ、本格的な春の到来ですね。


たまたまですが、”靴”の記事が続きます。
前回は世界に一足のオーダー・シューズでしたが、
今回は世界のCONVERSALL STAR、それも春めくこの頃にぴったりの、
素足に履きたくなるような”セーラーカラー・スニーカー”!

後ろ姿が、特にセーラー・セーラーしています。(笑)
d0222386_1351116.jpg

d0222386_1345614.jpg

・・・これはかわいい!と思って、発売前の冬頃から
気にはしていたけれど、まさかの大人気、店頭で現物を見る前から品切れ在庫切れ続き!
買うかどうかはさておいて、ちょっと一目見てみたかったなぁ~・・・と
思っていたら、なんとひょんな事から手に入ってしまいました・・・。

紐通しのハト目の金具がゴールドのところなどもさりげなく良いな。
ワタシよりももっと似合う足に履いて貰うほうが
絶対シアワセだとは思うのだけれど、
(眺めるだけになるかもしれないけれど、)でもでも大事にします!
色違いで、白とネイビーが反転したバージョンもあり。
こちらも、ネイビー地のセーラー服に白いカラーがついているみたいで
可愛いのです。
d0222386_1352349.jpg

d0222386_1355038.jpg

ブルー・ヒヤシンスも、すっかり花が終わりました。
ちゃんとふたつとも花茎が伸びて、濃厚な香りを漂わせる
二本のヒヤシンス・タワーに。さて、鉢植えはこのまま地中に置いて
球根を採ろうかどうしようか、考え中。

おしらせをふたつ!
まずはオフィシャルブログ鳩小屋通信更新です。
季刊エス発売、今回の特集は「ねこ百科」。今号のレギュラーおしごとの
扉絵の一冊はさてさてどんなご本でしょう・・・?ご一読あれ!
d0222386_1361820.jpg

そして、オフィシャルオンラインストア「エルネストの鳩舎」にて
青林工藝舎さん謹製、「ラッキーのおやつ代:缶バッヂ&カードのセット」の
お取り扱いスタートです!1セット200円。売上は、すべて青林工藝舎さんの
看板犬ラッキーの餌代&おやつ代にあてられます。
今やたくさんの人に愛され、会社犬(?)として幸せに暮らしている
らっちゃんですが、ここに至るまではさまざまな紆余曲折があり
”もはや万事休す”・・・そんな苦境から一転、
偶然の出会いや幸運(ラッキー)に恵まれて、
その名の通りしあわせ犬としてみんなにラッキーを振りまく”お仕事”をしております。
そんならっちゃんの幸運体質に、もしかしたらあやかれるかも!?
気になる方は、ぜひともラッキーの男前なもふもふパワーをゲットして
身近に感じてみてくださいね!


復活祭(イースター)の頃になにか出来れば・・・と
思っておりましたが、ちょっと変わった(?)モノが素材になるかも・・・と
発見。四月に入ってからの”鳩舎の春祭り”になるかもしれませんが、
追ってのお知らせを、またお待ちくださいませ!

追記です。
まだご本の現物のほうが手元にないため、また改めて後ほどご紹介いたします、
とりいそぎ日にちが迫っておりますためこちらにて緊急告知ご案内を!
人形作家の林美登利さんによる初の作品集
林美登利人形作品集 Dream Child」を記念いたしまして、
パラボリカ・ビスさんにて個展とサイン会が開催されます!(販売元:アトリエサード)
サイン会の日程は29日(土),30日(日)の両日。
ご予約が必要ですので、まずはホームページのほうより詳細をご覧のうえ
お申し込みくださいませ。今回、わたしはご本の帯文を寄稿させていただきました。
その帯、なぜか一部ワタシの”手書き文字”が使われる予定ですので、
一体デザイン上あんな書き文字でも大丈夫だったのかしら~?と、戦々恐々です。

林さんのつくるお人形たちは、サーニットと呼ばれる独特の肌合いを持つ
素材で制作された、異形の子供たち、あるいは精霊、半獣、幼い魔女たち。
思わず指で押してみたくなるような(もしくは、つねりたくなってしまうような?)
白桃のような頬を持つ夢の子供達は、無垢のなかに神々しささえ湛えた
不思議な力に溢れています。
以前、拙著「カストラチュラ」のトリビュート展に林さんが制作、出品された
シャーロット・リンやファンディー・チュンも収録されておりますので、
トリビュート展にお越しになれなかった方もぜひ「Dream Child」をお手にとって、
林さんによるカストラチュラ・ワールドを感じてみてください!
amazonからのご予約、ご注文はこちらから!

また追ってご本が届き次第、ご紹介いたします!

ついしん:(最初、記事にインアルの作品も収録されている、と書きましたが
今回彼はDream Childの住人とはちょっと異なるため、今回の作品集に収録は
されておりませんでした~。ぜひとも、林さんの作品集第二弾目の刊行を待ちましょう~!)









[PR]
by junekite | 2014-03-18 14:46 | 日々帖

善き人の靴と古書----TACHINO Chieさんの靴

金沢在住の靴職人、立野千恵さんによる靴の展覧会
「善き人の靴と古書展 古き良き時代の耽美をたしなむ」へ
会期終了直前に行ってまいりました。
ボタン穴のかがりに至るまで、全てハンドメイドによるボタンブーツや
先の尖ったスリッパのようなバブーシュ、古布を使用したフラットシューズ。
余りにも典雅な靴の数々とその制作にまつわるものたちによる
魅惑の空間に心躍り、ついつい、長居をしてしまいました。
d0222386_14281360.jpg

d0222386_14271669.jpg

d0222386_1427418.jpg

d0222386_1427625.jpg

d0222386_14273069.jpg

d0222386_14263582.jpg

d0222386_1428456.jpg

ボタンブーツのボタンを穴に通すための専用の道具がある、と聞き
とても心惹かれ、すると麗しの靴職人の立野さんお手ずから
試しに履かせて頂いたブーツのボタンをひとつひとつ、フックで嵌めて
見せてくださいました。(何とももったいないことです~)
その優美な道具の存在意義と所作に感動!昔の皮手袋のボタンなども、
こういった専用のフックでひとつひとつ、留めていたのですね。

この日は和装だったのですが、せっかくなので是非ぜひ!と
勧めてくださったこともあり、足袋の上からボタン靴を履かせていただいたところ
歩いてみて、今まで感じたことのないその履き心地にびっくり・・・!
生まれてこのかた自分がそのときどきで履いてきたクツというものは
何だったのだろう?と、概念がひっくり返ってしまうような感覚、
歩くほどに足裏が息づくような、
ふわりと包み込むようだけれども、足裏から身体の全体の
均衡がつくり直されてゆくような・・・。
御自分で作られた靴しか履かない、と仰有る立野さんが
御自分の靴について「生き物を履く」、と表現をされたその言葉が
感覚として、足裏から伝わってくる心地です。
これで、自分の足に忠実なオーダーメイドの靴ならば
いったいどんな足裏の”天国”が待ち受けていることでしょう・・・?

中世の薬局で調合されたレシピのハーブティーをいただきながら、
それはもう眼からウロコ、というよりも足裏から何かがダイレクトに
伝わって何だか今でもその感覚が忘れられないこの頃。
ああ、いつかボタンブーツのオーダーが出来る身分になれるのでしょうか・・・。
*
d0222386_14283161.jpg

おまけ:
東京ミッドタウン1Fのフジフィルムスクエアで
31日まで展示されているウィン・バロックの無料の写真展もよかったです。
どこかで見知っていた作品も二、三点。ウィン・バロックの、波や浸食された岩、
光や樹木、森などの写真が好きです。
ここフジフィルムスクエアではいつも何かしら無料で写真の展示がされ、
貴重な古いカメラなども数多く展示されていつでも見られるので
うれしい限りです。
(花瓶を洗うために皿の上に球根を取り出したら、何だか麺類みたい・・・。)

あ、ワタクシの去勢歌手&靴職人マンガ「シューメイカー」(2005)も、どうぞよろしくです!
(笑・品切れ間近!)







TACHINOChie
[PR]
by junekite | 2014-03-09 16:38 | 日々帖

あたらしい切手。

d0222386_16293789.jpg

3日に発売された、4月からの郵便料金値上げの新料金に対応した
あたらしい切手。ラベンダー色の背景に描かれたエゾユキウサギの
2円切手、それに92円は菫!2円切手の発売は、11年ぶりなのだそうです。
ウサギがいっぱい並んでいるところが見たくて、つい30枚も購入してしまった・・・。
(それでも60円。笑)もっふもっふ!ふふふ。

*
おしらせ:
エルネストの鳩舎に、
春待ち手彩色の版下額装小品二点をアップいたしました。
よろしければご覧になってみてください。

ありがとうございました、こちら二点完売いたしました!
また次回の出品のおり、どうぞよろしく御願い申しあげます。
ハトヤマ拝。













[PR]
by junekite | 2014-03-04 16:43 | 日々帖

鳩小屋通信、更新です。(春待ち観測所まかないサラダ付き。)

d0222386_11345338.jpg

最近作っておいしかったもの、蕪と金柑のマリネ。
ルケッタ(ルッコラ)と合わせてみました。

オフィシャルブログ「鳩小屋通信」、更新です。画集「リテレール」イラストリクエストサイン本企画、
その後「他の方は、どんな絵をリクエストされたの?」と、気にしてくださる方の
お声もちらほら受けまして、一部(緊急)公開中!またいつか、ご愛顧御礼企画に
今回よりも少ない数になってしまうかもしれませんが、実現できたらよいなと思います。

ヒヤシンス青坊、アメシストのような紫がかったブルーの花がついにお目見え!
ヤグルマギクの青に通じるような、どこか鉱物めく青の色素。
・・・けれど、もうそこから開いちゃうの?(笑)
この子はクビが伸びませんでした!
d0222386_11365194.jpg

気が付いたら、こぼれ種鉢から育った極小サイズの
菫の開花も観測!この花色は「ゆうぎり」嬢?
この鉢だけ、室内に置いて(放置して)いたからかな。
とにかくミニ、ミニミニサイズの菫花!
d0222386_11352198.jpg


以前「カールの涙」の小品に使用していた
LIBRAIRIES6 シス書店さんで調達していた特殊楕円形窓抜き黒マット紙。
もう在庫がなくなって残念・・・と綴ったら、知り合いの方が
貴重な手持ちのストックのなかから譲ってくださいました。
また、そのうち思い立ったら誰かの「眼」を描いてみようと思います!
d0222386_1136243.jpg


「エルネストの鳩舎」より、
ヒヤシンス・ブルーがもう少し花を咲かせた頃合いに、
”春待ち手彩色”、グリーティングカードの版下を額装した小品二点を
出品しようかと画策中。もしかしたら出品は突発的になるかも・・・・。
d0222386_123117.jpg

プリントごっこ用の版下は、焼き付けると線が太るため
おろしたての丸ペンを使用してかなり細い線で描いております。
本の頁(ページ)の翼を生やした、読書少年ふたりのお目見えは
もうしばらくだけ、お待ちください!

また明日から真冬の寒さの予報。
つかのまの春の気配、今からお出かけの計画だけは
立てておいてしまいましょう!

(まだ詳しくお話はできないけれど、
ちょっといいお話も進行中・・・?進捗しましたら、
またご報告を改めまして・・・では、では!)







[PR]
by junekite | 2014-02-28 12:58 | 日々帖