<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

"Philadelphia Daisy "   キャンディー・ハルジオン  

d0222386_21191973.jpg

・・・この蕾の付き方!
昔、細長くてよく撓(しな)るプラスティックの棒の先に
小さい丸いキャンディーが付いていて、それを花束のように束ねた
お菓子があったのだけれど、それにそっくり!

摘んだときは「ヒメジョオン」だと思っていたけれど、
家に帰って調べてみたら「ハルジョオン」のほうで
しかもそちらの名前も誤りであったことが判明。
ずっと「ハルジョオン」だと思っていたものの正式名は「ハルジオン」で、
「ヒメジョオン」と混同して広まってしまった呼び名であるとのこと。
d0222386_049873.jpg

日が暮れると、花が丸くすぼまって閉じます。
イソギンチャクみたい。
d0222386_0491858.jpg

d0222386_048127.jpg

英名 "Philadelphia Daisy"
子供の頃から慣れ親しんできた草花に、
アメリカの田舎の広大な牧草地(ランチ)一面に咲く風景の印象が、付加。


(すみれmemo)
花後の著しい成長期に期待、すみれの鉢の植え替えを決行。
さすがにこれを機に、ちゃっかり王子のカタバミにはお引き取り願う。
[PR]
by junekite | 2011-04-30 01:45 | 日々帖

菫の献立 

ニオイスミレのやわらかい葉だけを使ってサンドウィッチを、
三年前に漬けた菫酒を炭酸水で割ってすみれソーダをつくり、しばし遊びました。
子供の頃に作った花を絞った色水、野草のゴハンなどの献立を思い出しながら、
楽しいことというものは、あの頃とあまり変わらないなぁとも思いながら。
野路ではまだ菫の花を見かけますが、家で育てているすみれの花は
そろそろ終りの時期を迎えています。
d0222386_15583144.jpg

すっかり色が抜けて透明になった花びらが
湧き上がる炭酸の泡でふくらみ、ガラス細工のように見えます。

味のほうは、ニオイスミレではないので特段の香りはしませんが
ごくごく微かな花独特の香りが感じられるような・・・・・?
d0222386_1558873.jpg

d0222386_15581859.jpg

ニオイスミレの葉のサンドウィッチは
葉にクセもなく、沢山育てていれば普通の野菜のように
美味しく食べられるような気がしました。
d0222386_16532379.jpg

それにしても、この日は初夏のような陽気の一日でした。
d0222386_15584522.jpg




[PR]
by junekite | 2011-04-26 17:33 | 日々帖

4月23日 驟雨と風

(自分用薔薇メモ)
薔薇、緑の葉っぱを繁らせ、蕾をたくさん上げている
粉粧楼、一番花を除いてあとは摘蕾するか・・・
今日あたり、雨のあとのうどん粉病の対策をそろそろしないと?
酢水で昨年は乗り切ったので、今年もそれで何とか・・・。
(それにしてもすごい強風。台風のようになってきた。・・・・)
----------------------------

*
少し前、桜が満開だった頃に届いたふしぎな贈り物。――
d0222386_12164236.jpg

・・・「超硬合金などの原料になるタングステンの鉱石で、
紫外線(短波)で青く蛍光します。このことをもってして鉱山では
ブルーダイヤとも呼ばれています。」・・・・
タングステンって、確か電球のフィラメントの原料になる
金属?っていうことだけ、知っていた。―
d0222386_1217949.jpg

d0222386_12171999.jpg



[PR]
by junekite | 2011-04-23 12:31 | 日々帖

Seed Packet '04 ~'09    オリジナル 種袋 三種

d0222386_1057814.jpg

2004年から2009年まで、(制作しなかった年もありましたが)
オリジナルの種袋をつくって、タネの配布企画とともにお届けしました。
d0222386_1058018.jpg

西洋朝顔"Milky Way"と、"Nigella damascena(ニゲラ)の二種類の種袋の包みは
2008年度版。「デッドストックで大量に見つかった古いタネ袋」の趣きをイメージして。
和紙の包みの上、「熨斗」に見立てた小さなグラシン袋の中には、
乾燥した矢車菊の青い花びらが入っています。

*
d0222386_10581162.jpg

2009年度版の三角種(たね)包み。
この年、確か彗星が到来。名前に「流星」や「青水晶」を冠した変化朝顔に因み、
彗星、水晶と組み合わせて描いた三角切手風のラベルで制作。

*
d0222386_1059658.jpg

こちらが初代、2004年度版種袋。

このほかの年にも、たしか二種類のタネ袋を作りました。
ノウゼンカズラの絵で、熨斗袋型の包みの封を
ひとつひとつ紅い糸で縫い綴じた種袋と、朝顔とヨットを表に描いた種袋です。
こうして並べてみているうちに、またオリジナルのタネ袋を
作りたくなってきてしまいました。

*
そろそろ、八重桜の出番の季節が控えています。
春の種の蒔き時期も、もうすぐそこまでです。

(追記: 2009年、地球に最も近づいたのはルーリン彗星とのこと。)
[PR]
by junekite | 2011-04-19 11:48 | 作品アーカイヴス帖

A little gold star 小さな金の星

d0222386_1035729.jpg

カタバミ。ずっと邪魔モノ扱いしておりましたが―、

d0222386_1012286.jpg

星的菫的。


[PR]
by junekite | 2011-04-15 10:15 | 日々帖

Footsteps of the spring.   春の足音

d0222386_22554738.jpg
d0222386_2256014.jpg


[PR]
by junekite | 2011-04-13 22:59 | 日々帖

Apr.11

d0222386_15593481.jpg
d0222386_15594513.jpg

[PR]
by junekite | 2011-04-11 16:03 | 日々帖

"The cross" on the neck.

d0222386_15142032.jpg

d0222386_15143025.jpg

文字盤の中心。偶然。
*

d0222386_15144694.jpg
d0222386_1514533.jpg



[PR]
by junekite | 2011-04-10 15:27 | 日々帖

SAKURA fountain

d0222386_21304514.jpg

d0222386_2156071.jpg

d0222386_21221822.jpg

d0222386_2126137.jpg

d0222386_21204285.jpg

d0222386_2122528.jpg

d0222386_2123967.jpg



d0222386_22205470.jpg

[PR]
by junekite | 2011-04-07 22:23 | 日々帖

 During wood sorrel cultivation?  (カタバミ育成中。)

d0222386_15352348.jpg

・・・ではなくて、スミレ。
d0222386_15353614.jpg

すっかり、”居候”のほうがはびこっておりました。
       *

こちらも、もうすぐ!!!  
"Spring will come soon !!!"

d0222386_15363398.jpg

待っててね!!!
[PR]
by junekite | 2011-04-04 15:39 | 日々帖