<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おまけ?:師走大祓。

d0222386_12303545.jpg


今年はそういえば、夏越の大祓に参加できなかったのでした。
神社の境内にひっそり出現した師走大祓の茅の輪を、
一人でくぐってみる大晦日。

確か、今年のお正月の四日目くらいには
境内の紅梅がちらほらほころんでいたのですが・・・
まだまだ、今は蕾が固くて花開く気配がありません。
やっぱり、今年の12月、寒いですよね?

それでは再度、
みなさまどうぞ佳いお年を!

ハトヤマイクコ拝。
*








[PR]
by junekite | 2011-12-31 12:44 | 日々帖

今年も、ほんとうにありがとうございました。

d0222386_11482428.jpg


2011年のおわりは、イラスト集「リテレール」を出版させていただき、
はなやかな幕を閉じさせていただくことができました。
サイン会にお越しくださった皆様、
展覧会へ足をお運びくださいました皆様、
いつも励ましのメッセージをくださり、応援してくださる読者の皆様方、
本当に、今年一年どうもありがとうございました。
お一人ずつへの直接の御礼を差し上げられなかった方へは、本当にごめんなさい。
一昨年前、リテレールの描きおろしの絵を描いていたときは
本当に半分引きこもりみたいな毎日でしたけれど、
こうして皆様とお会いできる機会があり、いろんな方とお話することができて
とっても勇気づけられました!必ず、芽の出るときは巡ってくるものですね。
そして、出版の暁にお会いした読者の方々は、みんなとってもステキな方ばかりで
ホントに眩しかったですよ!(汗)
また皆様とどこかでお会いできたら、とっても嬉しいです!

 
いつも発表の場を与えてくださり、また気まぐれな自分の創作を
支えてくださるすべての出版社関係者各位様へ、
本年一年のお力添えを、心から御礼申し上げます。
来年も、よい作品をたくさん描きたいと思います。
どうぞ、これからもよろしくお願い申し上げます。

2012年も、ありがたいことにいくつかの計画もあります。
ブログふたつも、ポツリポツリの更新ではありますが、
おしごとアナウンスメントなど、また今後もチェックがてら覗きにいらして
いただけましたら幸いです。

2012年が、どうか少しでもたくさんの方にとって
明るいのぞみある年となりますよう、
また、そうなれるよう自分も出来る範囲での事ができますように。

皆様、どうぞよい年の瀬を。
そして、よい新年を、お迎えくださいませ。
ほんとうに、今年一年、どうもありがとうございました。


2011 30. Dec
鳩山郁子拝
*
d0222386_11481224.jpg










[PR]
by junekite | 2011-12-30 12:55 | 日々帖

同行二人

d0222386_10351698.jpg

・・・ん?誰かいっしょに付いてきてる~?
d0222386_10352982.jpg

同行二人(どうぎょうににん)、という言葉が頭に浮かんだので
調べてみたら、弘法大使さんは「空海」(くうかい)でもありました。
d0222386_1035447.jpg

なるほどsea of skyかぁ・・・・。

どなたさまも、共に歩いてくださる方と
新しいはじめの一歩を。

どうぞ、佳い年の瀬をお過ごしください。












[PR]
by junekite | 2011-12-28 11:10 | 日々帖

White Wonder Christmas *   クラウス・ハーパニエミ氏のワンダー・エデン

d0222386_1534991.jpg

プライベートのブログのほうがすっかりご無沙汰になってしまいました。
イヴの日くらいは、何かクリスマスらしいことを更新しなくちゃ・・・と思って
画像のフォルダを漁ってみたけれど、クリスマスらしい料理もお菓子も作らないし、
それらしいシャシンがひとつも無い・・・!然して、
先日の「リテレール」サイン会で訪れたJR京都伊勢丹で出遭った
フィンランド出身のアーチスト、クラウス・ハーパニエミ氏描く摩訶不思議な
いきものたちが巨大なツリーを、床を、壁を埋め尽くして出現した
ホワイト・ワンダー・エデンは、この冬の一大リテレール祭りと相まって、
思えば私のクリスマス気分というものはすでにこの頃ピークに達していたのだなぁと、
しみじみふり返り感じるのでありました。
d0222386_15344680.jpg
d0222386_1535337.jpg

丸いアコーディオン・タイプのクリスマス・カタログは、
オーナメントに、グラスの下に敷くコースターにと
様々な用途に”切って使える”洒落たスーベニール。
d0222386_1535284.jpg
d0222386_15353638.jpg

このクジラはちょっとジャポニスムな雰囲気?
そういえばニッポニア・ニッポン(朱鷺)のような鳥を描いたイラストもありました。
d0222386_15361584.jpg

友人と、前から入ってみたかったカフェで。カボチャのプディングが美味!
このシャシンもクリスマスっぽいから載せよう。

*
ほら、こんなツリーを見たら
否応無しにクリスマス気分が最高潮になってしまうでしょ?
d0222386_15362515.jpg

床の上も、ラップラップ。この通り!
d0222386_15363892.jpg

カメ~!大胆かつ素敵すぎる(笑)
d0222386_1536473.jpg

柱の影に、クラウス氏のサイン発見!
月兎社K氏に場所を教えてまたまた記念撮影。
d0222386_1536578.jpg

d0222386_1535588.jpg

どうぞ皆様、素敵な聖夜をお過ごしください・・・。

White wonder Christmas Eve ...☆
d0222386_16524036.jpg













[PR]
by junekite | 2011-12-24 16:56 | 日々帖

ブックファーストさんサイン会追加情報!&”青”つながりの・・・

d0222386_18155936.jpg

☆12月18日(日)の新宿ブックファーストさんサイン会、追加情報です!

イラスト集「リテレール」に収録されなかったエス連載当時の
カラーイラスト数点と、収録以降に掲載された作品を数点、
および「カールと白い電灯」の漫画原稿を
ブックファーストさんのサイン会会場内にて展示させていただくことになりました!

これらのイラストをご覧いただけますのは、
サイン会開催時間内の二時間だけ!というわけで、ぜひとも都内ラストの
サイン会、先にご紹介いたしました「結晶世界」のポストカードのおまけや、
ブックファーストさん用カケスの羽根マフラー少年のグリーティングカードの
会場販売などと合わせまして、
特典いっぱいのラスト・イベント、ふるって足をお運びくださいませ~!
d0222386_1815432.jpg

・・・この、ステンドグラスの欠片が浮かんでいるような
色とりどりのゼリィが青い照明の中でゆらめく不思議なメニューは、
京都の老舗喫茶店「ソワレ」の名物、ゼリーヨーグルト。
まるで、青い湖か海の底で憩っているような気分になります・・・
いつか、来てみたいと思っていたお店!

d0222386_1816816.jpg
d0222386_18161891.jpg

東郷青児の描く美女も、青めく照明の中でゆらゆら。
d0222386_18162862.jpg
d0222386_18172084.jpg


外観の木彫りの装飾といい、本当に可愛らしいお店!
京都の古い喫茶店、まだまだ行きたい候補がいっぱいです。

というわけで、きたる12月18日、
いよいよラストです~。会場設営がんばって、みなさまを
お待ち申し上げております!!ぜひいらしてね。


[PR]
by junekite | 2011-12-14 18:59 | 日々帖

カケスの羽根のマフラー、森のシュトーレン。(追記ありです。)


ブックファースト新宿店さま、12月18日(日)サイン会会場のための
青い水紋模様、カケスの羽根マフラー少年のエクス・リブリス型
greetingカードができました!
こちらの会場でだけのオリジナルなサプライズ企画のおしらせも、
オフィシャルサイト「鳩小屋通信」ブログにて更新。
詳しいご案内をご覧のうえ、ぜひともこれらをGetしてくださいませ・・・!
d0222386_13492022.jpg

追記: ブックファースト新宿店サイン会へお越しの方へのプレゼントのために
制作しました『結晶世界』のポストカードを、
京都 恵文社一乗寺店さん、大阪紀伊國屋梅田本店さんでの
サイン会へお越しいただいた方へも、プレゼントさせていただくことになりました!
どうぞ、ふるってお越しくださいませ!


いよいよ今週末から、
京都、大阪のみなさまのもとへ、新幹線に乗り会いにまいります!
(最近テレビに新幹線が出てくるのを見ると、なんだかワクワクしてしまう・・・!)
d0222386_13494392.jpg


美味しいシュトーレン、クリスマス当日までの毎日、少しづつ
うすーく切った濃厚な一切れをいただく楽しみができました。

京都 恵文社一乗寺店さんでの、
月兎社さんクリスマスフェアもみなさまどうぞお楽しみに・・・!
(わたしのイラスト集まわりのあれこれで多忙を極めていたKサマ、
ラストスパートがんばって~!)
d0222386_13493191.jpg


追伸:パラボリカ・ビスさん会場での、Mantamさん作の
オヴジェや、そのほかアンティークの調度品が売りに出ております!
すでに昨日、「青い菊」電球オヴジェがsold outになっているのをハッケン、
この機会に、気になるオヴジェがあったなぁ・・・と思っていらした方は、
チャンスをお見逃しなく!何度でもパラボリカへGo!(笑)


[PR]
by junekite | 2011-12-07 14:27 | 日々帖

師走某日    富有柿のカルパッチョ

d0222386_1711693.jpg

ひさびさ、鳩小屋食です。ちょっと家で何か作りたくなる余裕が
でてきました・・・と言っても、わさびと生姜を効かせたドレッシングを作って
薄くスライスした富有柿にかけただけですが。
これは、いつも拝見している料理ブロガーさんのお料理を真似してみたものです。
本当は小葱を散らすと色合いもよさそうですが、この日は紫玉葱だけ。

これは、わさびと柿の甘味があいまって
本当に美味しい!どうしてだか、「ものすごく美味な海産物」・・・の風味を
感じてしまいます、どうしてかな?
そういえば、種を抜いてスライスした柿がどことなくスカシカシパンに
似ているような・・・・。??
d0222386_17551649.jpg

*
師走某日、この日は
勝本みつるさんが今夏まで作品を制作されていらした
昭和初期に立てられた洋館 ビラ・グルネワルトの一室に
その部屋で生まれた作品をおき、ながれていた時間とその空間をみる
四日間だけの展覧会の最終日。
日曜日ということもあり、たいへんな盛況でした。
幾度かお招きいただいたこともあるその懐かしい空間は
立ち去りがたく、名残惜しいものでしたが
大きな窓枠、古いヒーター、台所のタイル、玄関の館内電話機、
そっと心の中だけでお別れを告げて 黄金色の落ち葉の敷き詰められた
洋館の敷地を後にしました。

ついでに、以前からわたしの大好きな
擬宝珠(ぎぼし)電柱のシャシンを改めて撮っておこうと、寄り道。
これ、やっぱり橋の廃材から作られたんでしょうか!
上のほうには、もう電線のついていない二つの古い白い碍子も
見えますね。

午後の月が、電線にぴったりくっついて
産み付けられた虫の卵みたい。(笑)
d0222386_1713692.jpg

d0222386_171437.jpg

イチョウの高い梢から、銀杏の月がポロリ、の図。

*
この日の終わりには、パラボリカ・ビスさんでの
吉田アミさん、大谷能生さんによるカストラチュラ朗読会へ。
カストラートという特異な「声」を発するものを描いた(つもりの)作品が
生きている「声」で、息吹によってあたらしく世に生まれ変わり出で、表現されること。
それを聞くことはとても不思議な体験でした。
アミさんの最後のほうの声、世界のどこかで薄い玻璃を、きっと震わせたはず。
ふたたび、肉体の発する声というもの、アミさんがいちばん最初に出した
「声」、どうやって「声」を発見したかについて、思いを馳せました。

それはともかく、自分が大昔に描いたマンガの文章を
目の前で朗読されることは、かなり恥ずかしい・・・!!!
気恥ずかしさで、カオの中心がきゅーーーーーっと寄り集まって
ジブンの顔がへんな様子になっているのがすっごくわかりました(汗)
今野さんのゴハン(とりどりの、美味なパスタ!)と、
たのしいおしゃべりと少々のワインで、滅多に出掛けない日曜日の夜は
帰り道の師走の夜風さえも心地よく、気恥ずかしさもどこへやら、
機嫌良く家へ辿り着いたのでありました。

d0222386_1849116.jpg



[PR]
by junekite | 2011-12-05 18:50 | 日々帖