<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

薔薇と摩天楼

追記:最後のほうにアックスサイン本フェアのお知らせを追記しました!

オフィシャルブログ「鳩小屋通信」、過去のおしごとの
長野まゆみさんの天球儀文庫(作品社刊/1991~1992)挿画のおしごとデータを
更新しました。(トップの記事ではありませんので、左のプロフィール中か、
イラストお仕事のタグより入ってご覧いただけます。)「銀星ロケット」だけが、ずっと
見つからなくてシャシンが撮れなかったけれど、やっとアップできました!
d0222386_12173025.jpg


昔、好きで集めていた古い摩天楼のポストカード類は
足穂の「六月の夜の都会の空」の、あの一文を思わせる緑色がかった夜空に
月が浮かんでいる、夜の都会の光景のポストカードが特にお気に入り。

こういった古いポストカード類も、当時天球儀文庫で挿画を
担当させていただいた長野まゆみさんから、資料になりそうな魅力的なモノが
手に入れられる場所や店舗などを教えていただいて、買い集めた戦利品の
一部だと思います。当時はインターネットもなく、
画題になりそうな魅力的な資料はもっぱら洋書や写真集に負うところが大きかったので
長野さんからもよく資料のコピーやご本を送っていただいたものでした。

少し以前、お引っ越し前の長野さん宅にお邪魔した際に
当時の自分がとても欲しくて憧れだった「SPAIN」と「ITALIAN COUNTRY」の
分厚い洋書二冊を、気前よくプレゼントとして持たせてくださいました。
天球儀の挿画を描いていた頃は、長野さんはこれらの洋書の
資料になりそうな魅力的なページを「紙焼きの」写真に撮って、
ファイリングしたものをジブンにプレゼントしてくださったのです。
おおもとのご本が思い掛けず我が物となった今でも、当時の情報への”思い”の持つ
貴重さの度合いという意味で比べられようのないものです。
d0222386_12174596.jpg


アックスサイン本フェアのご案内!
青林工藝舎さんの直販ショップ「アックスストア」にて、サイン本フェアがスタートしました!
私の著書は、「カストラチュラ」、「シューメイカー」の二冊です。
サインの画像を撮っておけばよかったなー。シューメイカーはファンディー・チュンの
カオ半分アップにちっちゃいシャルルがいろんなポーズでパターンを変えて描き添えたもの、
カストラチュラのほうも、いつもとちょっと違う描き方で纏足靴の足を描き添えてみました。
こちら、受付期間ございますので詳細はHPにてご確認くださいませ。
数に限りがありますので、気になる方はお早めにチェックなさってみてくださいね。
こちらのフェアでは、つげ義春さん(芸術新潮のインタビューすばらしかった~!)、
鈴木翁二さん、丸尾末広さん、逆柱いみりさん、津野裕子さん、秋山亜由子さんほか
錚々たる作家さま方のサイン本をご用意いたしておりますので、ぜひともアックスストアへ
お越しになってみてください~。

また、銀座の「スパンアートギャラリー」様へもサイン本多数納品いたしております!
「ゆきしろ、ばらべに」や「エルネストの鳩舎」「カストラチュラ」ほか、
こちらもパターンを変えたサインでバリエーション作ってみました。
銀座へお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいませ!


[PR]
by junekite | 2014-01-25 14:38 | 日々帖

鳩舎初売りへお越しくださり、ありがとうございました!

真冬でも元気の出るような、オレンジ色のガーベラはいかが?
d0222386_13353146.jpg


昨夜は、エルネストの鳩舎の初売り祭りへお越しくださり、
皆様ほんとうにありがとうございました!
ご購入くださいましたお客様へは、ご返信メールを差し上げております。
もし連絡がまだ届いていない、という方はお問い合わせメールより
ご一報くださいませ!ふぅ、今月中に無事鳩舎に並べられて、
それぞれの方のお手元へ旅だってくれて安堵いたしております~。

これからもまた、鳩舎に作品が並べられるようマイぺースではありますが
さまざま工夫して出品してゆきたいと思いますので、
どうぞ、また折りおりに鳩舎を覗きにいらしてくださいませ・・・!
d0222386_13353979.jpg

お届け方法で錯綜してしまったお客様、もうしわけありません~。
折り畳まない方法での発送はゆうパックでしたね、レターパック関係ありませんでした。
数が少ない回でもなぜかいつものパニック。情けなくって草原を後ろ向きに
コロコロ転がって彼方に行ってしまいたいわ~。

初売り祭りが終わって、深夜眠る前に窓を開けたら
ほんの少しだけ、雪が舞っていました。束の間だったんですね、
今朝は冬のたっぷりの陽射しで気配も跡形もありませんでした。
どうぞ、皆様もあたたかな休日をお過ごしくださいませ・・・!









[PR]
by junekite | 2014-01-19 14:10 | 日々帖

18日土曜夜、エルネストの鳩舎初売りのご案内です。

2ヶ月と23日経ったヒヤシンス坊(白)。翠のVサイン。ヴイ。
d0222386_13583686.jpg


初売りと言うからには、”一月中に”売りだししないとですよね・・・・?
ということで、毎度慌ただしいご案内でパタパタしております、
今週末の土曜日、18日の夜22:00にオフィシャルオンラインストア
エルネストの鳩舎にて、「鳩舎の初売り祭り」をオープンいたしたいと思います!
昨年のクリスマスに制作&ご案内が間に合わなかった
「エルネストの鳩舎のkey box/ 鳩舎守りの鉛筆肖像画」、二点のほかに
鳩舎守り/エルネストの鉛筆肖像画を額装品にてご準備したものなど
ショップにて、ご案内中です。(カートは現在閉じております。)
d0222386_13585477.jpg
d0222386_13591343.jpg
d0222386_13592581.jpg

いよいよsachiさんの木彫りの鳩舎の鍵の収められた、こちらの函の作品も
今回ご案内予定の二点で最後(ラスト)です。
昨年のクリスマスにお心を残したままの方がいらっしゃいましたら、
今週末の初売りの機会、ぜひとも狙ってみてください!
d0222386_13593240.jpg


また、今回は鳩舎守りの鉛筆肖像画を額装品として
あらたに一点、ご用意いたしました。
金塗料の額縁は、絵に対して少し煌びやか過ぎて強いかも・・・?と思いきや
セットしてみると、古い紙や淡いくぐもったグリーンの色鉛筆の風合いが
塗り込めたような金塗料の質感と、意外なおごそかな調和を見せて
なかなかよいなぁ、と感じました。額はアクリルではなくガラス額になります。
d0222386_13595088.jpg


そして、ご好評につき今回で三度目のご案内になります
「カールと白い電燈」より、涙のラインストーンつきの「カールの眼」、
直筆小品二点を出品いたします。
黒い楕円形の窓抜きマット紙がこれより入手できなくなってしまうかもしれず、
今回のご案内で、もしかしたら最後になってしまうかもしれません。
(在庫を探していただいておりますので、もしも入手できたら
ふたたびの制作もあるかもしれませんが・・・)
d0222386_1401865.jpg

この特殊なマット紙は、LIBRAIRIE6/シス書店さんより入手していたのですが
絶妙な窓抜きの楕円のカタチの金型が、今はもう
使われていないものなのだそうで、余所ではオーダーできないのだそうです。
こんなことならもっと入手しておけばよかったな~・・・。
d0222386_140356.jpg

以上、目新しいラインナップではありませんが、
エルネストの鳩舎の初売り祭り、よろしければ今週末ぜひとも
遊びにいらしてくださいませ!極寒のハト小屋より、みなさまのお越しを
ココロよりお待ち申しあげております・・・!(ホントに寒いよー)

今日あたり、都心でももしかしたら雪がちらつくかも・・・?との
予報でしたが、まだその気配はありません。が、
いつ雪が降ってもおかしくないくらいの寒さ!
ああ、球根を植えておいてよかったな~。この芽吹きがぐんぐん伸びて、
そのうち黄色の水仙(ティタ・ティタ)が咲くんだ、と思えば
真冬の屋内活動もなかなか悪くないものです。

雪が降ったら食べよう、と思っているお菓子も家にあるし、
ちょっとココロ待ちだったりもします。ますます厳しさを増す寒さですが、
どうぞ皆様もこの冬をたのしくお過ごしくださいませ・・・!








[PR]
by junekite | 2014-01-15 15:54 | 日々帖

straw rope-patterned ancient pottery.

d0222386_14423267.jpg

d0222386_14415233.jpg

d0222386_14421911.jpg

d0222386_14422595.jpg

大晦日、何をしたかというと
縄文土器のカケラを拾ってました。といっても、
遺跡のような特別な場所に出掛けたわけではなく
ほんとにごく普通の畑、鋤いた土の上にうっちゃられている
土器片を拾い集めただけ。
(野菜をつくるひとにとっては、土器のカケラは障害物なので
土を鋤き返したら出てくる土器片を、ぽいぽいそこいらじゅうに放って捨てておくのです)
じっさいには、この5~6倍くらいの量の土器片を拾うことができました・・・。

古いものが好きな私だけれど、
さすがに縄文土器まではこれまでさほど興味が・・・・。
そう思っていたけれど、縄目のついた土器片を手にしたら
けっこうコーフンしてしまいました。(笑)
ほんとに縄文土器って縄の模様がついてるんだな~!
ほかにも、細い線で刻まれたパターンがあったり、
棒の先で押しつけたような模様があったり
器のフチがぼこぼこと波打つようにつくられていたり。
きっと、同じ縄文時代でも工人さん(?)によって好みのデザインがあっただろうし、
時代の中でのおりおりのトレンドなんかもあったに違いありません。
ほんの少し、考古学のロマンの片鱗を覗き見たような
いにしえに同じこの地で暮らしていたであろう人々に思いを馳せた
そんな年の瀬だったのでありました。
しかし縄文時代の冬も、さぞかし寒かっただろうなぁ・・・しみじみ。
d0222386_1443472.jpg










[PR]
by junekite | 2014-01-07 15:51 | 日々帖

☆謹賀新年☆

d0222386_17152692.jpg
d0222386_1715397.jpg


2014年になりました~。
皆様、あけましておめでとうございます。
本年が、皆さまにとって最良の年となりますように・・・!
(年賀状の上にバラまいてあるのは、馬の蹄鉄を打つための釘、ということで
思い出して引っ張り出してみました。)
本年も、どうぞよろしくお願い申しあげます。


初春   鳩山郁子
[PR]
by junekite | 2014-01-03 17:41 | 日々帖