<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オフィシャルブログ「鳩小屋通信」更新です。


オンラインストア「エルネストの鳩舎」のメールの御返信と発送作業を
27日から30日までの間、お休みさせていただきます。何卒よろしくお願い申しあげます。

オフィシャルブログ、鳩小屋通信更新です。
マンガ家の中野シズカさんの初の長編作品による単行本「モリミテ」、
そして人形作家の林美登利さんの初の作品集「Dream Child」と、
ちょうど寄稿のおしごとでかかわらせていただいたお二人の作家様の
ご本が同時期に刊行です!春にふさわしく新刊のご案内、
くわしくはオフィシャルブログ内にてご覧ください。
d0222386_1230097.jpg

d0222386_12302129.jpg

*
写真家の村松桂さんからも、写真展のご案内が届きました。
「Urvan/Ruvan 旅の記録 Katsura Muramatsu」
会場は「書肆サイコロ」(最寄り駅JR高円寺)、4月6日(日)まで。
写真展に合わせまして、同名の写真集も刊行されます。
村松さんの写真、久しぶりです。たのしみだな。桜の咲く季節、
静謐なモノクロの写真の作品に会いにゆくのは、それだけで
詩的な一日になりそうで待ち遠しい。
d0222386_12305987.jpg

黒の案内状の上に見えるのは、むかし買った村松さんの
フリップブックのようなちいさな写真本「Breathe In Peace 1 "tact" 」。
フィルムをプリントした細い細いテープのような帯が素敵!
*
桜の蕾、今日はどのくらいおおきくなったかな?
さて、わたしも四月の春鳩舎祭り準備に進行中のあれやこれや、
いよいよせわしくなってきました・・・!
生活のあらゆるところで、一見したところ変わっていないようだけれど、
目に見えないところの変化がどんどん起こっているような・・・(´∀`)
そんな春の予感を抱きつつ、
どうぞみなさまもよい春本番を・・・!
(ひきつづき、ラッキーのおやつ代セットをご購入くださいましたお客様へは、
ご入金通知が届き次第発送をいたしております。二週間経ってもお手元へ
届かなかった方は、お手数ですがご一報くださいませ!)











[PR]
by junekite | 2014-03-25 13:07 | 日々帖

とりいそぎ、業務連絡&おしらせです。

みなさん、ありがとうだわん。☆
d0222386_1345216.jpg


ラッキーのおやつ代カード&缶バッヂセットをお買い上げくださいました
お客様へは、本日より順次発送を行っております。
ご入金から二週間経ってもお手元へ届かない場合は、お手数ですが
お問い合わせメールよりご一報くださいませ。
ラッキーからも、皆様へ御礼ご挨拶を・・・!
どうもありがとうございました!


引き続き、今週末より始まります人形作家の林美登利さんによる初の作品集
林美登利人形作品集 Dream Child」刊行記念のパラボリカ・ビスさんでの
個展とサイン会
のご案内をこちらにて!(販売元:アトリエサード)
サイン会の日程は29日(土),30日(日)の両日になります。
ご予約が必要ですので、まずはホームページのほうより詳細をご覧のうえ
お申し込みくださいませ。今回、わたしはご本の帯文を寄稿させていただきました。
本日、作品集が手元に届きましたので、後日お知らせを改めまして・・・!

林さんのつくるお人形たちは、サーニットと呼ばれる独特の肌合いを持つ
素材で制作された、異形の子供たち、あるいは精霊、半獣、幼い魔女たち。
思わず指で押してみたくなるような(もしくは、つねりたくなってしまうような?)
白桃のような頬を持つ夢の子供達は、無垢のなかに神々しささえ湛えた
不思議な力に溢れています。
以前、拙著「カストラチュラ」のトリビュート展に林さんが制作、出品された
シャーロット・リンやファンディー・チュンも収録されておりますので、
トリビュート展にお越しになれなかった方もぜひ「Dream Child」をお手にとって、
林さんによるカストラチュラ・ワールドを感じてみてください。
amazonからのご予約、ご注文はこちらから!



そして、寄稿をさせていただきましたご本がもう一冊、
中野シズカさんの初の長編作品の新刊「モリミテ」(青林工藝舎)も手元に届いております!
シックでとても素敵な単行本・・・!こちらも合わせて、後日
ご紹介の予定ですので、どうぞおたのしみにお待ちください。
いま出ているアックス誌も、中野シズカさんの「モリミテ」刊行記念の
特集号、インタビューほか掲載中です。こちらも、必読!
d0222386_1351918.jpg

数日前の染井吉野。ほんのすこしだけ、
濃い桜色を覗かせています!そこいらじゅうが桜色の
霞に包まれるのも、きっともうすぐです。

ではでは、本日はとりいそぎ・・・!









[PR]
by junekite | 2014-03-24 13:33 | 日々帖

Sailor,ShoeString,... "Spring has come".

d0222386_134565.jpg

d0222386_134287.jpg

今日は春一番が吹いています!いよいよ、本格的な春の到来ですね。


たまたまですが、”靴”の記事が続きます。
前回は世界に一足のオーダー・シューズでしたが、
今回は世界のCONVERSALL STAR、それも春めくこの頃にぴったりの、
素足に履きたくなるような”セーラーカラー・スニーカー”!

後ろ姿が、特にセーラー・セーラーしています。(笑)
d0222386_1351116.jpg

d0222386_1345614.jpg

・・・これはかわいい!と思って、発売前の冬頃から
気にはしていたけれど、まさかの大人気、店頭で現物を見る前から品切れ在庫切れ続き!
買うかどうかはさておいて、ちょっと一目見てみたかったなぁ~・・・と
思っていたら、なんとひょんな事から手に入ってしまいました・・・。

紐通しのハト目の金具がゴールドのところなどもさりげなく良いな。
ワタシよりももっと似合う足に履いて貰うほうが
絶対シアワセだとは思うのだけれど、
(眺めるだけになるかもしれないけれど、)でもでも大事にします!
色違いで、白とネイビーが反転したバージョンもあり。
こちらも、ネイビー地のセーラー服に白いカラーがついているみたいで
可愛いのです。
d0222386_1352349.jpg

d0222386_1355038.jpg

ブルー・ヒヤシンスも、すっかり花が終わりました。
ちゃんとふたつとも花茎が伸びて、濃厚な香りを漂わせる
二本のヒヤシンス・タワーに。さて、鉢植えはこのまま地中に置いて
球根を採ろうかどうしようか、考え中。

おしらせをふたつ!
まずはオフィシャルブログ鳩小屋通信更新です。
季刊エス発売、今回の特集は「ねこ百科」。今号のレギュラーおしごとの
扉絵の一冊はさてさてどんなご本でしょう・・・?ご一読あれ!
d0222386_1361820.jpg

そして、オフィシャルオンラインストア「エルネストの鳩舎」にて
青林工藝舎さん謹製、「ラッキーのおやつ代:缶バッヂ&カードのセット」の
お取り扱いスタートです!1セット200円。売上は、すべて青林工藝舎さんの
看板犬ラッキーの餌代&おやつ代にあてられます。
今やたくさんの人に愛され、会社犬(?)として幸せに暮らしている
らっちゃんですが、ここに至るまではさまざまな紆余曲折があり
”もはや万事休す”・・・そんな苦境から一転、
偶然の出会いや幸運(ラッキー)に恵まれて、
その名の通りしあわせ犬としてみんなにラッキーを振りまく”お仕事”をしております。
そんならっちゃんの幸運体質に、もしかしたらあやかれるかも!?
気になる方は、ぜひともラッキーの男前なもふもふパワーをゲットして
身近に感じてみてくださいね!


復活祭(イースター)の頃になにか出来れば・・・と
思っておりましたが、ちょっと変わった(?)モノが素材になるかも・・・と
発見。四月に入ってからの”鳩舎の春祭り”になるかもしれませんが、
追ってのお知らせを、またお待ちくださいませ!

追記です。
まだご本の現物のほうが手元にないため、また改めて後ほどご紹介いたします、
とりいそぎ日にちが迫っておりますためこちらにて緊急告知ご案内を!
人形作家の林美登利さんによる初の作品集
林美登利人形作品集 Dream Child」を記念いたしまして、
パラボリカ・ビスさんにて個展とサイン会が開催されます!(販売元:アトリエサード)
サイン会の日程は29日(土),30日(日)の両日。
ご予約が必要ですので、まずはホームページのほうより詳細をご覧のうえ
お申し込みくださいませ。今回、わたしはご本の帯文を寄稿させていただきました。
その帯、なぜか一部ワタシの”手書き文字”が使われる予定ですので、
一体デザイン上あんな書き文字でも大丈夫だったのかしら~?と、戦々恐々です。

林さんのつくるお人形たちは、サーニットと呼ばれる独特の肌合いを持つ
素材で制作された、異形の子供たち、あるいは精霊、半獣、幼い魔女たち。
思わず指で押してみたくなるような(もしくは、つねりたくなってしまうような?)
白桃のような頬を持つ夢の子供達は、無垢のなかに神々しささえ湛えた
不思議な力に溢れています。
以前、拙著「カストラチュラ」のトリビュート展に林さんが制作、出品された
シャーロット・リンやファンディー・チュンも収録されておりますので、
トリビュート展にお越しになれなかった方もぜひ「Dream Child」をお手にとって、
林さんによるカストラチュラ・ワールドを感じてみてください!
amazonからのご予約、ご注文はこちらから!

また追ってご本が届き次第、ご紹介いたします!

ついしん:(最初、記事にインアルの作品も収録されている、と書きましたが
今回彼はDream Childの住人とはちょっと異なるため、今回の作品集に収録は
されておりませんでした~。ぜひとも、林さんの作品集第二弾目の刊行を待ちましょう~!)









[PR]
by junekite | 2014-03-18 14:46 | 日々帖

善き人の靴と古書----TACHINO Chieさんの靴

金沢在住の靴職人、立野千恵さんによる靴の展覧会
「善き人の靴と古書展 古き良き時代の耽美をたしなむ」へ
会期終了直前に行ってまいりました。
ボタン穴のかがりに至るまで、全てハンドメイドによるボタンブーツや
先の尖ったスリッパのようなバブーシュ、古布を使用したフラットシューズ。
余りにも典雅な靴の数々とその制作にまつわるものたちによる
魅惑の空間に心躍り、ついつい、長居をしてしまいました。
d0222386_14281360.jpg

d0222386_14271669.jpg

d0222386_1427418.jpg

d0222386_1427625.jpg

d0222386_14273069.jpg

d0222386_14263582.jpg

d0222386_1428456.jpg

ボタンブーツのボタンを穴に通すための専用の道具がある、と聞き
とても心惹かれ、すると麗しの靴職人の立野さんお手ずから
試しに履かせて頂いたブーツのボタンをひとつひとつ、フックで嵌めて
見せてくださいました。(何とももったいないことです~)
その優美な道具の存在意義と所作に感動!昔の皮手袋のボタンなども、
こういった専用のフックでひとつひとつ、留めていたのですね。

この日は和装だったのですが、せっかくなので是非ぜひ!と
勧めてくださったこともあり、足袋の上からボタン靴を履かせていただいたところ
歩いてみて、今まで感じたことのないその履き心地にびっくり・・・!
生まれてこのかた自分がそのときどきで履いてきたクツというものは
何だったのだろう?と、概念がひっくり返ってしまうような感覚、
歩くほどに足裏が息づくような、
ふわりと包み込むようだけれども、足裏から身体の全体の
均衡がつくり直されてゆくような・・・。
御自分で作られた靴しか履かない、と仰有る立野さんが
御自分の靴について「生き物を履く」、と表現をされたその言葉が
感覚として、足裏から伝わってくる心地です。
これで、自分の足に忠実なオーダーメイドの靴ならば
いったいどんな足裏の”天国”が待ち受けていることでしょう・・・?

中世の薬局で調合されたレシピのハーブティーをいただきながら、
それはもう眼からウロコ、というよりも足裏から何かがダイレクトに
伝わって何だか今でもその感覚が忘れられないこの頃。
ああ、いつかボタンブーツのオーダーが出来る身分になれるのでしょうか・・・。
*
d0222386_14283161.jpg

おまけ:
東京ミッドタウン1Fのフジフィルムスクエアで
31日まで展示されているウィン・バロックの無料の写真展もよかったです。
どこかで見知っていた作品も二、三点。ウィン・バロックの、波や浸食された岩、
光や樹木、森などの写真が好きです。
ここフジフィルムスクエアではいつも何かしら無料で写真の展示がされ、
貴重な古いカメラなども数多く展示されていつでも見られるので
うれしい限りです。
(花瓶を洗うために皿の上に球根を取り出したら、何だか麺類みたい・・・。)

あ、ワタクシの去勢歌手&靴職人マンガ「シューメイカー」(2005)も、どうぞよろしくです!
(笑・品切れ間近!)







TACHINOChie
[PR]
by junekite | 2014-03-09 16:38 | 日々帖

あたらしい切手。

d0222386_16293789.jpg

3日に発売された、4月からの郵便料金値上げの新料金に対応した
あたらしい切手。ラベンダー色の背景に描かれたエゾユキウサギの
2円切手、それに92円は菫!2円切手の発売は、11年ぶりなのだそうです。
ウサギがいっぱい並んでいるところが見たくて、つい30枚も購入してしまった・・・。
(それでも60円。笑)もっふもっふ!ふふふ。

*
おしらせ:
エルネストの鳩舎に、
春待ち手彩色の版下額装小品二点をアップいたしました。
よろしければご覧になってみてください。

ありがとうございました、こちら二点完売いたしました!
また次回の出品のおり、どうぞよろしく御願い申しあげます。
ハトヤマ拝。













[PR]
by junekite | 2014-03-04 16:43 | 日々帖