<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

☆「ミカセ」復刊!新装版刊行のお知らせ&「緑郎丸」kindle版明日配信スタート!!☆

[草原に打ち捨てられた、ワイヤーがついたままの、
色とりどりのガラス(碍子)が、キラキラと光りを受けて反射している]という
imageで、リクエストされ、束ねられた花束。
d0222386_12531482.jpg

青い麦の穂のような野の草、まだ青いベリーの実の成る
草原で見つけたこの日の”収穫”は、プラム・カラーの大物に
シトリン・イエロー、ブルー、ミルク硝子の碍子たち。


さてさて、すでにIkuko Hatoyama Twitterのほうでお知らせいたしておりますとおり
2004年初版の拙単行本「ミカセ」が、新装版となり復刊ドットコムさんよりこの夏、
刊行されることになりました!
実に十年ぶりの復刊となります。カバーも一新、さまざま特典もご用意いたして
おりますので、ぜひともこの機会に「ミカセ」を始めて読まれる方はもちろん、
一代目「ミカセ」をすでにご愛読くださっております方も、
新たに未収録の初期作品が二篇加わるなどの特典もご用意しております
ヌーベル・エディション版ミカセ、お手元へおいていただけましたら幸いです!
詳細は復刊ドットコムさんの「ミカセ」新装版告知ページをご覧ください。
(描きおろしカラーイラストも、こちらでご覧いただけます。)
d0222386_12533112.jpg

装丁デザインは、初版のときと同じく坂本志保さんにお願いすることが叶いました。
それでは、ここでレジェンドの虹箔使いがあまりにもまばゆい、
一代目「ミカセ」の書影をご覧くださいませ。
もう、今ではこんな贅沢な装丁の単行本を刊行することはむつかしくなりました。
このうつくしい最初の「ミカセ」を世に出してくださった、
初版の版元である青林工藝舎様へも、ただただ感謝の念があるばかりです。
ほんとうに、ありがとうございました・・・!
d0222386_13203474.jpg


もしもLINE BOYが今の世に生まれ変わっていたら・・・?
描きおろしのイラストは、そんなテーマで描いた一枚。
d0222386_1254555.jpg

こちらの絵が、特典ポストカードとなります!
ぜひとも、getしてくださいね・・・!

※碍子(Insulator)とは・・・電線とその支持物とのあいだを
絶縁するために用いる用具。アメリカなど海外では、ガラスで
製造されていることが多く、色も形もバリエーションがさまざま。
打ち捨てられた電柱からハントした碍子はコレクションする愛好家が
多く、一大コレクター市場が確立している模様です。(碍子マーケット
いってみたひ・・)ちなみに日本ではシューマイでおなじみ
崎陽軒のしょうゆ入れ「ひょうちゃん」が碍子と同じ素材の磁器製で、
昭和二十年代から機器碍子を製造している「ヤマキ電器」さんの工場で
つくられております。そういえばひょうちゃんってガイシ感あるある!
d0222386_1254313.jpg

ある・・・・か??


話がすっかり飛びましたが、つぎは前回にもお知らせいたしました
こちらもいよいよ明日から販売開始!
太田出版さんの短編読み切り企画◆MANGA SINGLESより、
1994年にガロ誌に掲載された単行本未収録作品
「緑郎丸」(49頁)の[Kindle版]が6月6日(金)より発売スタートです!
[Kindle版]、amazonのページはこちらからどうぞ。
◆MANGA SINGLES 第二弾告知ページできました!

こちらも、ワタシもまだ端末で閲覧しておりませんので、
どんな具合に見えるのか?興味津津です。
繰り返してお伝えいたしますが、この短編は1994年の執筆作品です!
二十年前の作品ということをぜひとも念頭に(大汗)
この未収録初期作品、お楽しみいただけましたらと存じます~。


気高く美しき少年世界の名手・鳩山郁子、幻の単行本未収録中編!

薬草、硝子ペン、少年剣士。そして「お寺の子」と噂された級友との、一瞬にして一生分の交錯。

(太田出版ウェブページ紹介文より)
d0222386_1335341.jpg


ではでは、初の電子読み切り「緑郎丸」と夏の「ミカセ」復刊と、
にわかにざわめいてまいりました。告知ページにございますイベントに
つきましてはまだ今のところ何も決まっていないんですごめんなさい。
でも、きっと”何か”はあると思います。今後も、twitterとこちらブログにて、
ご報告してまいりますのでお見逃しなきよう・・・!
どうぞ、ハト祭り今後ともよろしぅお願い申し上げます~~。
d0222386_12541912.jpg

碍子花束からよい香りがするけど、
どの花が香っているのか、とてもナゾなの・・・!

最後に・・・ 復刊ドットコムでわたしの本に投票してくださいましたすべての
方々へ、心からの御礼を申し上げます。
ほんとうに、ありがとうございました・・・!










[PR]
by junekite | 2014-06-05 14:23 | 日々帖