<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山本裕子作品展「天使の仕事」および出版プロジェクトのご案内

d0222386_13325670.jpg

2013年の夏、私達の友人である山本裕子さんが白い翼で旅立ってから、
ふたたび暑い夏を迎えようとしています。
比類ない服飾作家・画家であり、私にとっては
拙著「シューメイカー」に登場する日本人服飾家ユウコのモデルの
女性でもあります。(裕子さんのほうがもちろん、ご自分で作られた
もっと素敵なお洋服を着ていらっしゃったし、もっとずっと、
素敵な大人の女性なのですが・・・。けれども、マンガが刊行された当時は
ご主人のじんさん共々とても喜んで下さいました。)

裕子さんのペン画による作品展「天使の仕事」が、
現在恵比寿のGALERIE Malleにて開催中です。会期は7月27日(日)までです。
d0222386_13344145.jpg

宇野亜喜良さんのデザインによるロゴが、エントランスの爽やかな緑に映える
GALERIE Malleさん。これまでも、ドレスや帽子、アクセサリーやペン画の作品展を
裕子さんはこちらで開催されてこられました。

裕子さんが展覧会に向けてずっと描きためていた、
AからZまでのアルファベットの頭文字からはじまる天使の仕事。
養蜂、彫金、靴作りや木工、園芸、調香、医者、小鳥飼い、etc・・・
天使の顔が、鉛筆の下描きのままの絵もあります。
26文字のうち、いくつか描きあげられなかったアルファベットも。
そのうちの「Y」の額の中には、ご主人のじんさんが
結婚後に移り住んだ当時のパリのアパルトマンの窓辺で
手紙を書いている裕子さんの、ウェーブの髪に縁取られた俯き加減の
一瞬の表情を写したモノクロームの写真が収められていました。

会場でも販売されている山本裕子作品の書籍やカードセットを
販売するネットショップもオープンいたしました。
今回の天使の仕事の作品も、五点、選ばれて黒い箱に納められた
素敵なカードセットとしてお取扱い中です。
Atelier Thomas Netshop アトリエ トマ ネットショップ 

山本裕子Official Website

山本裕子Facebook
d0222386_1333958.jpg

この一年間裕子さんの親しいご友人の有志の皆様の御尽力により、
さまざまな素晴らしい計画が進められておりました。
クラウドファンディングによる出版プロジェクト計画もそのひとつです。
Crowdfunding Platform CAMPFIRE から、
『山本裕子作品集 ヴィクトリアンのお針子』出版プロジェクト へ
お入りください。裕子さんの手掛けられた数々のお衣装、ドレス、帽子やアクセサリを
こちらのページで見ることができます。

以下は、有志の方々によるプロジェクトの趣旨や計画、ご案内を
転載させていただきました。

* * * * * * * * * * * * * * *
『山本裕子作品集 ヴィクトリアンのお針子(仮)』
出版プロジェクトのご案内

2015年7月に、GALARIE Malle(東京・恵比寿)にて山本裕子作品展が
予定されています。この展覧会に合わせ、書籍
『山本裕子作品集 ヴィクトリアンのお針子(仮)』を実現したいと思い、
有志による出版プロジェクトを立ち上げました。

[編集趣旨]
山本裕子が生み出したヴィクトリアンの服飾作品は、私たちファンの宝物であることは
もとより、服飾デザインの世界にも伝えるべき大きな仕事であると考えています。
一点のためのデザイン、素材選定、パターン製作、縫製、こまやかなビーズワークの
仕上げにいたるまで、すべてみずからの手で行った、いわば「一人のメゾン」としての仕事。
そこに見出す山本裕子の創作への意思や、氏が生きた姿とともに、美しい意匠の数々を紹介します。

[書容・内容計画]
A4変型判、二冊組本(ブックケース入り)
<服飾作品集>148ページ
ドレス・洋服、帽子、ミテーヌ、バッグ、アクセサリーなどの作品写真
<スタイルブック>100ページ
絵画作品、アトリエ写真、山本裕子エッセイ、寄稿文、他

[監修] 山本じん
Anima Jones
d0222386_1333218.jpg

書籍制作にともなう作品撮影提供ご協力のお願い

この出版プロジェクトの大切な準備として、山本裕子服飾作品の撮影会を行います。
できるかぎり多くの作品を掲載できますように、また、ファンのみなさまとともに
この作品を作り上げていくことができますようにと願って-----。
つきましては、みなさまがお持ちの服飾作品(ドレス・洋服、帽子、ミテーヌ、バッグ、
アクセサリーなど)を撮影のためにご提供ご協力くださいますよう、
お願い申し上げます。

『山本裕子作品集 ヴィクトリアンのお針子(仮)』撮影会
2014年10月27日(月)午前10時~午後4時
恵比寿GALARIE Malleにて
[当日ご提供]
直接会場にご持参いただき、受付後お立会いのもとに撮影し、お持ち帰りいただきます。
ご持参いただいた作品は、それぞれ許されますお時間だけ会場にて簡易展示させていただき、
ご来場の方にご覧いただきます。

当日ご来場が難しい方は、作品をお預かりして撮影いたします。
ご返却に少々日程を要しますことと、返送を着払いとさせていただきますことを
お許し下さい。(※作品のご送付先につきましてはレザミ・ド・トマ lesamisdethomas@gmail.comまでお問い合わせください。※)

[ご提供のお礼]
現在制作中の山本裕子ドローイング作品によるレザ・ミ・ド・トマ オリジナルグッズより
心ばかりの品をお礼とさせていただきます。

[Les Amis de Thomas]
レザミ・ド・トマ 編集・制作

レザミ・ド・トマは、2013年に白い翼で天に昇った服飾作家・画家、山本裕子さんの創作世界を
伝える有志の会です。Facebookにて最新情報をご確認下さい。
山本裕子Facebook

レザミ・ド・トマ Mail: lesamisdethomas@gmail.com
d0222386_13333636.jpg


*    *    *    *    *    *    *    *    *
「Crowdfunding Platform CAMPFIRE」にて
プロジェクトへのご支援の呼びかけ
 
『山本裕子作品集 ヴィクトリアンのお針子(仮)』は、有志で企画制作するべく、
「クラウドファンディング・プラットフォームキャンプファイヤー」にて
プロジェクトをスタートします。「キャンプファイアー」は、音楽、書籍、美術、映画、
プロダクトなど文化的プロジェクトの実現のために、必要資金を個人のご支援として、
インターネットを通して募る公(おおや)けの機関です。


この作品集のより具体的な計画内容を、下記「キャンプファイアー」のウェブサイトで
ご覧いただき、ご賛同くださいます方に、印刷費用ご支援のお願いを申し上げます。
500円~30,000円の各ご支援に、山本裕子ドローイング作品によるオリジナル・グッズや
実現した作品集などのお返しをご用意しております。

Crowdfunding Platform CAMPFIRE
プロジェクト名称: 『山本裕子作品集 ヴィクトリアンのお針子』出版プロジェクト
カテゴリー : 本・漫画
プロジェクト期間:2014年7月22日~9月30日
d0222386_13335527.jpg

*
これからも、山本裕子さんの出版プロジェクトや
さまざまな計画につきまして、ブログやtwitterにてお知らせしてまいりたいと
存じます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
d0222386_13324124.jpg


23.July 2014
鳩山郁子











[PR]
by junekite | 2014-07-23 15:39 | 日々帖

エリキシル・ヴェジェタル 沈黙の緑の薬酒

台風接近中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
d0222386_1304577.jpg
d0222386_1305750.jpg

d0222386_1315237.jpg

d0222386_1314060.jpg

d0222386_1312589.jpg


大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院」というドキュメンタリー映画が今週末より
封切られるのですが、映画に先んじて取り寄せてみたのが
twitterでも呟きましたこちらのリキュール、「シャルトリューズ・エリキシルヴェジェタル」。
エリキシルは「霊酒」、ヴェジェタルは「植物の」の意。度数は69度あります。
「開封の儀」などと呟いておりましたが、
もうすぐ復刊する新装版「ミカセ」のカバーまわりがだいたい
描き終えたタイミングで「もういいや開けちゃえ」と先に一杯?というか
服用というか、愉しんでしまいました、雨の深夜にひとりコッソリいただく
「沈黙の修道院」の緑色の薬草酒は、たいへん美味なものでありました。

シャルトリューズ・リキュールといえば、代表的なヴェール(緑)とジョーヌ(黄)の
二種ですが、はじめはどちらかを取り寄せようと思い調べてみたところ
エリキシル・ヴェジェタルのことを始めて知った次第。
因みに、シャルトリューズ・リキュールの130種以上の材料の、そのハーブの調合のレシピは
大昔より修道院の3人の修道会士以外は誰も知ることができないと伝えられております。
(今は2人になったというウワサもあるとかないとか)
リキュールの、ヴェール(緑)のほうのエキス分をより濃縮したものが
こちらのエリキシル・ヴェジェタルと考えてよいようです。

何といっても、この木でできた遮光用の容器が魅力的です。
そして、もうひとつこのリキュールに惹かれた理由は、
その飲み方。この、オリーブグリーンがかったうつくしい緑色の
リキュールを数滴、角砂糖に染み込ませたものを齧るという
「服用」方法、これをやってみたいがために
大量のフクロ入りの角砂糖を買うハメに・・・。(こんなに要らないってば)
d0222386_132422.jpg

(最後は炭酸水投入。)

好みは別れるところかと思いますが、
ぺルノーやリカールのような薬酒のクセではなく、あくまでも
ハーブのスッキリした風味と芳香。度数のわりには角砂糖の甘味で
何だか油断して美味しく「服用」してしまう・・・そこはかとなくキケンではありますが、
調子にのって幾つも幾つも緑色に浸した角砂糖を齧るのでなければ、眠れぬ夜などには
ひとかけ、齧るくらいならば丁度よいクスリになりそうです。

ちなみに私はお酒はなければないで飲まなくても平気なほうですし、
あれば愉快になるときもあります。飲んで悲しくなることは今のところ
ないのが幸いです。

ネットで、シャルトリューズ・リキュールの古いボトルの
画像の見られるページを見つけましたので、こちらも貼っておきますね。
古いエリキシル・ヴェジェタルのボトル、少しカタチが違いますね。
中の説明書きの紙もいい雰囲気。)


さてさて、やはり、といいますか
twitterを始めたら多分こうなるだろうなぁと思っておりましたが、
どうしても ブログの更新は滞りがちになりますね。
twitterに発信方法を少しずつシフトしてゆこうと思ったことも、
やはりブログにかける意欲のようなものを本業や作品のほうに
振り向けていかないと・・・という気持ちがあったと思いますし、
けれどもtwitterでは伝えきれないこと、
ブログでなくては書けないことがあると思いますので、
今後ぐっと頻度は減ることと思いますが
twitterメインの両輪にて、発信してゆければと思っております。


そのおかげさまで、といいますか、先日ようやく
新しい漫画のラフを描き上げることができましたので
こちら、無事にGOサインが頂けましたら
またそこから長ーーい旅の始まりです。その前に、
八月中旬頃のミカセの刊行に合わせて、やはり何か小品などを制作したりと
準備をしたいですし、ほかのお仕事の兼ね合いなどもあり・・・。
そんな中で、やはりこまめに発信のできるtwitterは
(当初はおっかなびっくりでしたが)始めておいて正解だったなーと
感じます。もしかしたら何かヘマをするかもしれませんが!(汗)
どうぞ、今後ともおもにtwitterのほうでおしらせを発信してまいりますので、
よろしくお願い申し上げます・・・!



復刊ドットコムより、八月中旬刊行予定の
「ミカセ」新装版は、絶賛ご予約受付中です!
一般書籍と同じく書店さんでのご予約受付も、通常の書店販売も致します。
(ドットコムのサイトに掲載されておりますイラストは、
カバーイラストではなく、描きおろしのポストカードに使用されるイラストになります。)
こちらの絵柄のポストカードの特典が付くのは、
復刊ドットコムサイトよりご予約頂いた分のみとなります。
また、抽選でのサイン本企画も、ドットコムさんのサイト経由で
ご注文いただきました中から特典企画としてございますので、
是非とも、今からふるってご予約いただけますと確実かつお得!かと存じます~。
d0222386_14584511.jpg

「ミカセ」新装版につきましてのお知らせは、
twitterにて発信してまいりますので、今後もくれぐれもお見逃しなく・・!


こちらも引き続き、太田出版の電子短編企画
1994年にガロ誌に掲載された単行本未収録作品
「緑郎丸」 (太田MANGA SINGLES) [Kindle版] (49頁)も
販売中!一篇150円と気軽な価格にてお楽しみいただけます。

気高く美しき少年世界の名手・鳩山郁子、幻の単行本未収録中編!

薬草、硝子ペン、少年剣士。そして「お寺の子」と噂された級友との、一瞬にして一生分の交錯。

(太田出版ウェブページ紹介文より)
d0222386_1541284.jpg

150円でポチッと、和モノ少年モノの
涼やかな夏のマンガ読書のひとときをお楽しみくださいませ!


ではでは、ひとまず今回のブログはこのあたりにて・・・!
台風接近のおり、どうぞ皆様くれぐれもお気を付けくださいませ。
何事もなく、日本列島を通り過ぎていってくれますように・・・。
また、「ミカセ」新装版”ヌーベル・エディシオン”発売間近となります頃、
お知らせができたら、と思います。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

鳩山郁子拝









[PR]
by junekite | 2014-07-08 15:50 | 日々帖