<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

◆山本裕子のヴィクトリアン世界展と作品集「ヴィクトリアンのお針子」刊行のお知らせ

d0222386_3335543.jpg


2013年に天に昇った私たちの友人、ヴィクトリアン服飾作家にして美術作家
山本裕子の世界展が、7月14日より恵比須のGALERIE Malle にて、
二部構成により開催、展示紹介されます。
Ⅰ部・クチュリエール展では、ヴィクトリアン服飾作品の数々を、
Ⅱ部・アルティスト展では、未発表コラージュやドローイング、人形作品など一堂に。
また、会期中を通して山本裕子のコレクションの部屋を再現して展示いたします。

◆山本裕子のヴィクトリアン世界展

Ⅰ部 クチュリエール展:2015年7月14日(火)~19日(日)
Ⅱ部 アルティスト展   7月21日(火)~26日(日)
12:00-19:00 月曜休廊 ◆19日(日)・26日(日)は16:00まで
*

また、本展覧会では待望の作品集『山本裕子作品集 ヴィクトリアンのお針子』が
同時刊行となります。
昨年の秋に、裕子さんのつくったドレスや帽子、装身具を所持する個人の方々に
呼びかけ、同ギャラリーにて作品集収録のための撮影会が行われました。
そして、個人のお手元で大事に身に付けられてきた裕子さんの
服飾作品の図版が有志の皆様のご尽力により、
ついに一冊の作品集のかたちとして刊行されるはこびとなりましたこと、
ほんとうに嬉しくて、今から作品集を手に取るのが楽しみでなりません。
私は撮影会には帽子とチョーカー、シルクのリボンタイを持ち寄り撮影して
頂きました。
また本作品集中へは拙い文章を寄稿いたしております。
その中では、恥ずかしながら80'sのロンドンを舞台にした私の漫画
「シューメイカー」という作品に登場するキャラクター「ユウコ」のモデルは
じつは裕子さんということもありまして、こちらも本文中にて
(作中画を添え)ご紹介に与らせていただいております。

どうぞ皆様、お時間ゆるされましたらどうか裕子さんの比類なきヴィクトリアン服飾の
手仕事の世界を、美術作家としての裕子さんの創作の世界をご覧に
足をお運びくださいませ。
d0222386_339337.jpg


◆山本裕子作品集 ヴィクトリアンのお針子

「クチュリエール巻」カラー130頁(図版350点)
「ラ・ヴィー巻」   カラー112頁(図版218点) 2冊組本ブックケース入り 定価5000円
Les Amis de Thomas(レザミ・ド・トマ)編、 山本じん監修 
Anima Jhones(アニマ・ジョーンズ)刊

ヴィクトリアン服飾作家・山本裕子の世界を2巻に収めて一堂にご紹介。
ドレス、コート、マント、ショール、ミテーヌ、アクセサリーなどの服飾作品と
コラージュ、ドローイング、人形作品、メモリアル・アルバムなどを収録。

文=木川志津子(Galelie Malle)、野村直子(美術家)、深谷かほる(漫画家)、
草ケ谷彰彦(Archive Antiques)、松本司(アナディス株式会社)、片野光(服飾デザイナー)、
間奈美子(空中線書局)、鳩山郁子(漫画家)、ジョーンズ聖(翻訳家)、山本じん(画家)

◆本書『ヴィクトリアンのお針子』は、2013年7月、天に昇った山本裕子の服飾作品を
はじめて一堂に紹介する作品集です。氏の服飾作品は個展にて発表され、多くのファンを
集めました。一点のためのデザイン、素材選定、パターン制作、縫製、
こまやかなビーズワークの仕上げにいたるまで、すべてみずからの手で行った、いわば
「一人のメゾン」としての仕事。「クチュリエール巻」では、氏の服飾作品を叶うかぎり
集めておとどけします。
また、山本裕子はドローイングやコラージュを創作する美術作家でもあり、
音楽・映画・芸術への高い関心も、服飾・美術の創作と密接に繋がり合っていました。
「ラ・ヴィー巻」では、氏の美術作品、残されたアルバムや書架をひもとき、
そこに創り上げられたひとつの世界を見つめ、
一人物としての姿を留めておきたいと思います。
2015年7月14日発行。[山本裕子作品集「ヴィクトリアンのお針子 DM紹介文より]

◆直接ご注文・お問い合わせは、
lesamisdethomas@gmail.com まで。
恵文社一乗寺店ウェブショップほかでもご購入いただけます。(7月14日刊)

d0222386_336522.jpg

(写真に写っている白いビーズワークのブロ―チを、撮影の前日まで家中を
探したのだけれどついに見つけられず、泣く泣くほかの帽子やチョーカーのみを
携えて撮影会にのぞんだのでした。裕子さんのものは、すべて一つ所の箱のなかに
仕舞ってあった筈なのに・・・。そのあと、ひょんな場所から見つかったのですが、
今回の作品集には残念ながら収めることの叶わなかったこのブローチ、
これまではタグも付けたまま箱の中に大事に薄紙に包んで仕舞っていたけれど、
今年の夏はカジュアルなTシャツなどに合わせ
はじめて身に着けて外に出掛けてみようかなと思っています。)


Les amis de Thomas(レザミ・ド・トマ)facebook



鳩山郁子拝









[PR]
by junekite | 2015-07-07 03:40 | 日々帖