タグ:原画 ( 52 ) タグの人気記事

霧とリボン企画展《菫色の実験室vol.1~菫色×不良少年》終了致しました。ありがとうございました!

いちはやいお知らせはこちらから!→twitter
d0222386_22181423.jpg

↑(霧とリボン様オリジナル、モリアーティ教授の菫色の気配をテーマにした
アクセサリー・シリーズ『ビート・ブローチ』!初日に無事GETできてうっとり・・・。)


クロージングから日が経ち、御礼ご挨拶がすっかり遅くなってしまいました。
7.9~7.18に開催されました霧とリボン企画展
《菫色の実験室vol.1~菫色×不良少年》、盛況のうちに華々しく閉幕の日を
迎えることができました。お越しくださり、作品をご覧くださいました
全てのお客様へ、そして展示をご一緒させていただきました参加作家の皆様、
今回の素晴らしい企画展へ参加のお声掛けをくださいました
霧とリボン主宰のミストレス・ノールさまへ、
心よりの感謝と御礼を申し上げます。ほんとうに、特別な菫色の七月の時間(とき)を、
ありがとうございました・・・!
*
そして、今企画展では私のイラスト集「リテレール」より
原画作品『結晶世界』、そしてイラスト・サインいり「リテレール」限定10冊を
抽選販売させていただきましたところ、当初予想いたしておりましたよりも
ずっとたくさんの抽選お申込みを原画作品、リテレールサイン本ともに
頂戴いたしました。ご応募くださいました皆様へ、
格別の御礼を申し上げます。ほんとうに、ありがとうございました・・・!
お客様のお名前とご希望内容をいま全て手元に頂戴し、心よりうれしく
有難く拝読いたしております。
ご希望くださいました皆様のお気持ちを大事に今後も手元にて、保管させていただきます。

原画作品のキャプションのうつくしいタグには、ご応募くださいました方の
人数分のスワロフスキーが煌めき、「リテレール」は、
10種類のタイトル中いずれが人気No.1を獲得するか?
連日、ノールさまがご応募結果をお知らせくださるレースのもように
手に汗を握っておりました!
投票結果、気になりますか?(笑)
終わりのほうに、その結果を公開いたしておりますので、
まずは会期中のもようを、ほんの一部ではありますが
駆け足でご紹介してまいりますね。
d0222386_22184674.jpg

d0222386_149027.jpg

d0222386_2219318.jpg
d0222386_22195691.jpg
d0222386_22201470.jpg
d0222386_22203187.jpg
d0222386_22205340.jpg
d0222386_22211092.jpg

d0222386_0471524.jpg

d0222386_22212589.jpg

d0222386_1545863.jpg

d0222386_22213937.jpg



++++++++++++++++++++++++++++
d0222386_22214870.jpg

それでは、お待たせ(?)いたしました!
ご応募タイトル人気投票結果のほうは、こちら!

◆イラスト集『リテレール』お申し込み ……38名様

★「若きウェルテルの悩み」……6名様
★「星の王子さま」……6名様

・「メルヒェン」……5名様
・「人間人形時代」……5名様
・「ドグラ・マグラ」……4名様
・「マヤコフスキー詩集」……4名様
・「彼方」……3名様
・「トニオ・クレーゲル」……3名様
・「テンペスト」……1名様

・おまかせ……1名様
  
 以上です。
*
TOPは2タイトル、会場見本のリテレールに描かれたイラストサインが
ウェルテルだったことも勝因?そして不良少年とは対極の、
無垢な王子さまはこちらでも不動の人気を誇っておりました。
そして、この「ドグラ・マグラ」の意外な人気ぶり。(笑)
もちろん、根強い人気があると踏んでのチョイスだったのですが、
これほど拮抗するとは・・・!そして、
今回ご応募のなかったタイトルがひとつだけ、それは、
「ライ麦畑でつかまえて」。。。こちらも、意外!
個人的には、ドグラマグラと結果が真逆くらいかも?と予想していましたが、
ライ麦ボーイズの清涼さよりも、今回はドグラマグラの
キャッチ―なダークさに数のうえでの軍配が上がる結果となったようでした!
菫色の小部屋で真剣に、時間をかけて悩んで1タイトル、選んでくださいました
すべてのお客様へ、心からの御礼を申し上げます。
ほんとうにありがとうございました・・・!
++++++++++++++++++++++++++++

関東も梅雨があけて、これから夏本番に突入です!
さぁ、シゴトに特別なインスピレーションをもたらしてくれる
霧とリボンさんのオリジナルオーガニック紅茶「モリアーティ」の
魔法の一杯で一息、描き下ろし「寝台鳩舎」のラストに向けて
八月も気を引き締めてまいりましょう!なかなかのボリュームの描き下ろし部分を
加えてのお目見えとなる予定、どうかなにとぞ、
いましばらくお待ちくださいませ・・・!
d0222386_23295493.jpg


来る八月が、皆様にとって
すばらしい季節となりますように・・・!
それでは、またお会いいたしましょう。オールボワール!

ハトヤマイクコ拝
*
d0222386_074215.jpg

[PR]
by junekite | 2016-07-29 22:22 | 日々帖

霧とリボン企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》、始まります!

d0222386_12465476.jpg

前回の記事は、twitterアカウントロック祭りの
おしらせなどですっかりバタバタしてしまいました。
いよいよ明日9日からはじまる
霧とリボン企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》、
ご案内を改めて更新いたしますね。

企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》
会場 『愛書家のための小間物ブランド 霧とリボン』直営SHOP
date 7月9日(土)~7月18日(月・祝)※火休
time 13:30~19:30
詳細は「霧とリボン」様HPよりご覧ください。

★愛書家のための小間物ブランド《霧とリボン》 HP
★《霧とリボン》 ブログ
★《霧とリボン》 tiwwter

連日霧とリボン様のtwitterにアップされる新情報に
ときめかずにはいられません。殊に、新発売のオリジナル・オーガニック紅茶
《モリアーティ・ロンドン》や、そのブック型の箱入り紅茶のお箱に収納できる
サイズのオリジナル・ステーショナリー(!)一筆箋二種、
そして、昨夜アップされて目を奪われた
菫色も目に鮮やかな"モリアーティ・ロンドン"の
新作ブローチ・コレクションの艶めき・・・。
どうぞ、霧とリボン様からの発信をチェックなさってみてくださいね!
*

[鳩山郁子原画作品、およびイラスト集『リテレール』(直筆イラスト・サイン入り)販売]に
つきましては、こちらをご一読ください。
イラスト・サインいりリテレール、原画作品ともに抽選制による販売となります。
(先着順ではございません。)ご希望の方は、店頭にお越しのうえ
ご希望をお申し伝えくださいませ。
d0222386_15353554.jpg

*さて、今回はイラスト集「リテレール」(飛鳥新社2011年刊)より
四点を、霧とリボン主宰のミストレス・ノール様よりお選びいただき
「テンペスト」(2006年制作)、「彼方」、「若きウェルテルの悩み」、
「結晶世界」(以上三点2010年制作)を出品、
「結晶世界」のみ一点を抽選販売いたします。

イラスト集「リテレール」は、リニューアル前の「季刊エス」誌上の
「Seardh&Sight」コーナーの扉絵として
「”若い時代”の方々に読んでほしい一冊」を毎号選び、
その本の実際の書影を手にした人物のいる「本のある風景」を描く、という
コンセプトではじまったシリーズです。
例えば、「結晶世界 The Chrystal World(J.G.バラード著)」ならば
創元SF文庫というように・・・。
d0222386_1320398.jpg

「彼方」(ジョリ=カルル・ユイスマンス著)は
こちらも創元推理文庫より
d0222386_1311017.jpg

「テンペスト」は、みなさんおなじみの白水Uブックス、といったぐあいで
連載中は送られてきた実際の本の現物を手に取って見ながらイラストを描いたのでした。
描きやすい書影もあれば、それはそれは書き写すのに
面倒なカバーもあり・・・。因みに、「結晶世界」は
描き写すのにとても厄介な部類のカバー画でした!
(因みに一番描きやすかった書影は梶井基次郎の新潮文庫の「檸檬」・・・。
気になる方はamazonで書影を検索してみてくださいね。)→コレ

忘れてました、自分のイラスト集「リテレール」の
amazonのリンクも張っておきましょう!
イラストのほかに、巻末には『ユリイカ(青土社)』の「総特集=稲垣足穂」
(2006年9月臨時増刊号)に掲載された
稲垣足穂原作『カールと白い電燈』コミカライズも収録されております。
収録された35点の「本」のなかに、あなたのお気に入りの一冊は
含まれているでしょうか?また、新たな一冊との出会いも見つかるかも
しれません。ぜひお取り寄せのうえ、Searchしてみてくださいね!
*
d0222386_13404260.jpg

企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》
会場 『愛書家のための小間物ブランド 霧とリボン』直営SHOP
date 7月9日(土)~7月18日(月・祝)※火休
time 13:30~19:30
詳細は「霧とリボン」様HPをご覧ください。


"菫色"という色彩、世界観を
様々な角度から追及する
展覧会の第一弾
11組の作家が描く
菫的”不良少年が
菫色の小部屋に舞い降ります
絵画、イラスト、写真
オブジェ、カリグラフィ
コラージュ、キャンドル
服飾などで紡ぐ美術展
それぞれの実験の成果を
ぜひご高覧ください

   《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年 DMより抜粋》

それでは、菫色の小部屋にて
皆様のお越しを心より、お待ち申し上げております・・・!



*
[新作「寝台鳩舎 The Dovecote Express」単行本準備中!]
WEB連載のつづきを描き下しての
寝台鳩舎 The Dovecote Express.」も、絶賛ペン入れ中です!
現在一話目のみ無料公開中です。未読の方はぜひご一読くださいませ。
本格的な暑さの時期に突入するまえに、少しでも描き進めておくべく
こちらもがんばっております、私もはやく紙媒体で読みたい・・・・!
d0222386_1814191.jpg

(↑こちら着彩前のモノクロバージョン、イメージ画。)


*
都心はここ数日たいへんな厳しい暑さに見舞われております、
どうぞ皆様もお出かけの際はもちろんのこと、
屋内にいるときもくれぐれも水分補給などお気を付けになって、
本格的な夏へ突入するまえに、体調を万全に整えておきましょうね・・・!

鳩山郁子拝



[PR]
by junekite | 2016-07-08 15:12

「白いバラの咲く頃に。ダゲレオタイピストに捧ぐオマージュ展」が始まります。

いち早いお知らせはtwitterから。


初夏のような風が、新緑の木々の間を吹き抜けて
気が付けば窓辺の白のミニバラのグリーンアイスも
来る五月の装いのために、数多くの蕾を膨らませ始めています。
いよいよ5月の6日(金)から9日(月)まで、
Gallery SAGA(ギャラリーサガ)にて
拙著「ダゲレオタイピスト」(2009年 青林工藝舎刊)へのオマージュ企画
「白いバラの咲く頃に。ダゲレオタイピストに捧ぐオマージュ展」が
開催されます!私も、ささやかながら小品を出品するはこびと
なりましたので、駆け足ご紹介してまいりたいと思います。
d0222386_1564967.jpg

直筆モノクロームペン画二点は、単行本「ダゲレオタイピスト」の
壮麗なカバーデザインのパーツ絵に実際に使用した
素材画より、「百合と小鳥」、「マザーグースの絵本、紳士用眼鏡」を
額装してこのたび出品いたします。
もしも単行本をお持ちの方は、反転して虹色がかった銀色に
箔押し印刷されたパーツ絵がそれぞれどの箇所に組み込まれているか、
ぜひ探してみてくださいね。(紳士用眼鏡は口絵のシルクハットの傍に、
マザーグース絵本はうしろの見返しの部分にも使用されています。)
d0222386_1823592.jpg

百合と絵本の箇所、見えるでしょうか?小鳥も、実際に使用されたものを
切り抜いてコラージュしました。
絵本は巻末見返しにも。
d0222386_18241425.jpg

d0222386_157621.jpg

そして、モーニングジュエリー(喪に服す期間に着用したり、
個人を悼み偲ぶために身につける装身具)とともに
愛するものを身近に引き寄せ、感じるために身に着けられた
ジュエリーの定番といえば、「Lover's eye(恋人の目)」。
その特別なジュエリーを模して
作中に登場する二人の少年の瞳にひとひらの小さな白薔薇の花弁を
添えて、スワロフスキーの涙粒を一粒加え
小さな黒い額に納めて制作した直筆小品を数点、出品いたします。

・・・と、制作しながら、
途中大事な(!)事に気づきました。
グリーンの瞳は弟のダニー、
もうひとつの「ブルー」の瞳に、何の疑いも抱かず
「Ernest」と兄の名前を付してしまったのですが、
作中に、兄アーネストの瞳は「はしばみの実の色」と
書いてあるではないですか・・・・。
d0222386_1825557.jpg

(この前のほうの場面ですが・・・)

いやはや、もう何も考えずただただ、
「青い小さな瞳に白薔薇の花弁を添えて描きたい!」という
一念だけで突っ走ってしまいました・・・。
というわけで、こちらのブルーの瞳は、銀板写真独特の
ソラリゼーション現象の「青」が、兄アーネストの瞳に
顕れたもの!という設定(?)でどうぞひとつ何卒、
よろしくお願いいたします・・・。(なんという苦し紛れ!)
d0222386_1572737.jpg

そのほか、今回のダゲレオタイピスト展の
テーマとは異なりますが、しばらくこつこつと描きためていた
纏足靴「Lotus Shoe./Castratura」の直筆画も
三点ほど、ギャラリーに入荷の予定です。
今回ギャラリーに新規に納めますのは、
◆「菫と茶器の纏足靴」
◆「菊花と金魚の纏足靴」
◆「蓮花と蝶の水色の纏足靴」
以上の三点です。会場にお越しの際は常設のハト棚コーナーに
設営の予定ですのでぜひご覧くださいませ。
また、上記の直筆原画の作品のほかに
少しだけやさしめの値段の紙モノもご用意いたしております。
d0222386_1582619.jpg

何と申しましても企画展の主役は、ご参加くださる
作家様方。今企画の立案運営を担ってくださっております
ギャラリー内大金庫に「Maison de K 」を構える
アクセサリーブランド「k Plusoi.」の作家koto.様に、
孔雀洞雑貨舗様、スパン社様、Radiostar様、ゆうき蜜子様による
出品に加え、高円寺のArt&Antiques LECURIO様が、
漫画「ダゲレオタイピスト」に纏わるアンティークアイテムを出品され、
また、より濃密な世界観を体感いただけるよう
ギャラリー内の空間演出なども手掛けてくださるそうです。
おりしも五月、ギャラリーの古い石造りの外壁を
白の蔓薔薇が覆いつたう爽やかな初夏のひとときを、
静謐な黒と銀の空間と多彩な作品世界に身を浸しに、
そっと足をお運びになってみてはいかがでしょうか。
皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げております。

こんなときに肝心の「ダゲレオタイピスト」単行本が
ありがたいことに版元の青林工藝舎さんでも
在庫がなくなってしまいましたそうで、ギャラリー会場で
単行本のほうはあまり冊数を取り揃えることができませんでした。
書店などでお見掛けの際にぜひ入手していただけましたら
幸いです。

ギャラリーSAGAへアクセスは、ギャラリーブログ内の
地図をご参照ください。水天宮前駅 2番出口からお越し下さいます際は
地上に出ると一瞬方向がわからず迷ってしまいそうになるので、
まずは周囲を落ち着いてご覧いただき、
ドトールコーヒーのある方向へ、とにかくまっすぐ
(このまま進んで大丈夫なんだろうか・・・とちょっと不安に
なりかけるくらいの距離を10分程度)進んでいただき、
すると橋の上に上がる階段が目の前に現れますので、
それを昇りますと、突如隅田川のひらけた景色が広がります。
橋の名前は隅田大橋、左手にスカイツリー、右手に
タワーマンション群を眺めつつ橋を渡り下ったら
小さな信号を渡った右手のすぐの方向に、古い大正モダン建築の
建物のギャラリーSAGAがございます。

ギャラリーSAGAさんでは、もしかしたら
あまり混雑していないとき限定になるかもしれませんが、
今回はなにやらおいしそうな手作りのシロップのお飲み物の
ご用意もあるとの噂が。
清澄白河からお越しのお客様も、門前仲町からお越しくださる
お客様も、(そのほかさまざまなアクセスでいらっしゃるお客様も)
ご無事に辿り着いて、ぜひゆっくりと会場での
お時間をお過ごしくださいませ。




ハトヤマイクコ拝。
[PR]
by junekite | 2016-04-26 16:16 | 日々帖

ミニフェア「The Curtain☆Call」閉幕。ありがとうございました!

いちはやい情報はこちらから。twitter→
d0222386_18232914.jpg

オフィシャルブログ「鳩小屋通信」に、
展示販売した五点の額装原画の画像をアップいたしました。

6月13日(土)より21日(日)まで開催いたしておりました
スパングル[新装版]刊行記念ミニ展示「The Curtain☆Call」、
無事皆様のおかげで幕を下ろすことが出来ました。
興行中、もとい会期中には本当に沢山のお客様が足をお運びくださいました。
お会いできた方も、そしてまた直接お目に掛かることができなかったけれども
作品を通じてギャラリーSAGAさんの空間にて繋がることのできました
全てのお客様へ、心からの感謝を申し上げます。
ほんとうに、皆様どうもありがとうございました・・・!
d0222386_18222189.jpg

d0222386_18201585.jpg

☆彡☆彡☆彡
d0222386_18184528.jpg

d0222386_18221093.jpg

(疑似ビーチコーミングコーナーのプチプラ(?)販売物は
あっという間の完売でした。横の棚にも20個ほど用意
していたのですが・・。古い原稿から剥がれ落ちた写植の言の葉と
主に古い理科硝子を組み合わせた、益体もないものたち。)
d0222386_1821348.jpg

ほんとうに惚れぼれする佇まい。
明治10年創業の穀物商の会社社屋として
関東大震災の翌年、大正15年に建築されたコスガビルさんです。
d0222386_18234991.jpg


搬出の日は、ギャラリーご近所の懐かし昭和の喫茶店、
「トートコーヒー」さんのナポリタン&レスカ(レモンスカッシュ)で打ち上げ!
ギャラリーSAGAさんのブログのご近所のお店紹介をご覧になって、
こちらのマスタードつきハンバーグランチを召し上がった
お客様もいらっしゃったもようです。ワタシも次は
ソーダフロートとハンバーグランチにしてみようかな。
d0222386_18242592.jpg

d0222386_18243920.jpg

隅田川に架けられた隅田大橋からの夜景。
この反対側にはライトアップされたスカイツリーも聳えております。
ギャラリーSAGAさんとは、今回の展示を経て
ステキ計画も進行中。それも、すべて今回の展示をご覧に足をお運びくださった
お客様と直接触れ合うことができたからこそのお話。
少しずつですが、またよいお知らせができたらよいなと
考えております。その折には、(水天宮駅下車からの方は)
またこの隅田大橋を渡ってお越しくださいね。
d0222386_18245127.jpg


ギャラリーSAGA ブログ
ギャラリーまでの道のりは、こちらに掲載の地図をご覧ください。
☆おしらせ!
6月30日、朝9:55テレビ朝日放送「ゆうゆう散歩」に
ギャラリーSAGAさんが登場します!ぜひご覧くださいー!
ギャラリーSAGA ホームページ → 

d0222386_18224292.jpg


今回、ギャラリーで展示いたしました額装原画は
おかげさまで五点中四点が幕間から飛び出して
お客様のもとへ!(そうそう、原画購入のお客様へお伝えし忘れておりました。
原画の紙のウラに”開ききらない幕の一部”を残した作品がございます。
すみません、額中のメッセージ紙をご覧くださいませ・・・。)
今回の額装画は、胡桃のインクで経年した風合いを演出して
昔のバレエ興行のポスターやチラシをイメージして制作しました。
紙も、このところ気に入っているデッドストックわら半紙を
今回も使用しております。当初番号を「N0.~」としたものの、
途中から「Act.~」に変更しましたので、額裏のナンバリングも
修正しております。

このあと、オフィシャルブログ「鳩小屋通信」のほうに
出品した五点の画像をすべてアップしたいのですが
いましばらくお待ちください。
また、限定28部のBOXいりペーパーオーナメント作品
「The Peppermnt Stripes of SPANGLE Star.」につきましては
後日ネットストア「エルネストの鳩舎」上でもお取扱いする予定です。
こちらもいましばらくお時間を下さいませ・・・!
d0222386_1825982.jpg

d0222386_1823576.jpg

素敵な一週間を、ありがとうございました・・!
また素敵なことをいたしましょう。
そのときまた、ぜひお目に掛かれますように!







ハトヤマイクコ拝。

[PR]
by junekite | 2015-06-23 19:34 | 日々帖

☆スパングル[新装版]刊行記念ミニフェア「The Curtain☆Call」開催!

いちはやいお知らせはこちらtwitterから!→
d0222386_135927100.jpg


早いもので六月ですね!なんだかもう色々めまぐるしくて
ここ数か月は特にあっという間に時間が過ぎていった、そんな感じが
しておりますが、おかげさまでいろいろのことが
充実しているという証拠でもありますね。
さてさて、twitterではお知らせいたしましております
鳩山郁子「スパングル」[新装版]刊行記念ミニフェア 
        「The Curtain☆Call .」(ザ・カーテンコール)、
こちらが来週末13日よりスタートいたします!
とりいそぎ、詳細は以下をご参照くださいませ~。
★オープンは、初日のみ12時からとなります

* 場所:  GALLERY‐SAGA ギャラリーサガ
* 会期: 2015年6月13日(土)~6月20日(土)まで(会期中は休廊日なし)
* open 午後1時 ~7時30分 (★初日のみ12時からのオープンとなります。)

 GALLERY‐SAGA ギャラリーサガ   東京都江東区佐賀 1-12-3 コスガビル1F
 tel : 03-3630-2610

ギャラリーサガへの道順はブログ内に掲載の地図をご覧下さい。
GALLERY‐SAGA ギャラリーサガ Blog http://ameblo.jp/gallery-saga/
GALLERY‐SAGA ギャラリーサガ HP http://www.gallerysaga.com/
       

初版から22年目、今年四月に復刊された漫画家鳩山郁子の第二作品集「スパングル」、
三度目のリニューアル刊行イベントのラストとして、
ささやかな規模のカーテンコール的展示販売フェアを1weekのみ、興行いたします。
「スパングル」収録作、『新緑の幕間から』のバレエ団の少年が
六月の新緑翔る風切りに導かれ、降り立ったのは
ここ江東区水天宮に程近い、大正15年築の趣ある建物の一室をリノベーションした
ギャラリーSAGAさんの一角。展示をご観覧のあとは、昨今人気の清澄白河散策に繰り出すもよし。
スパングルのラスト・カーテンコールをご覧になりに、ぜひともお気軽にお立ち寄りくださいませ!
d0222386_14101069.jpg
 
☆     
出品予定の作品は、「スパングル」[新装版]復刊ドットコム予約限定
ポストカード用原画の連作をイメージし、同技法で制作した額装原画「SPANGLE BALLET.」
(No.1~No.5)ほか、「スパングル」カバー画にも描かれたペパーミント・ブルーの
ストライプの尾を持つ流れ星を同技法で再現し、
刊行記念のグリーティング・オーナメントに仕立てた直筆画の小品を販売いたします。
     
【額装原画作品の購入を希望されるお客様へ】
先着順での販売になります。(状況に応じ整理券をお配りいたします。)
作品のお受け渡しは会期後になります事、何卒ご了承くださいませ。
お届けはヤマト便にてギャラリーSAGAより 発送いたします。
    
(ギャラリーの隣室は会社事務所となっております。壁が厚くないので
声や音が通りやすくなっております。
会話のボリューム等々、ご配慮いただけますと幸いです。
また、ギャラリーの入口や道路では通行される方のお邪魔になりませんよう、
こちらも何卒ご配慮のほどを、お願い申し上げます。)
d0222386_1416312.jpg


ギャラリーSAGAさんと私ハトヤマで皆様をお迎えするのは
初めてのこと。なにぶん不慣れなことも多く、お越しくださる
お客様にはとにかくストレスをお掛けしないことを心掛けてまいりたいと
思います。特に初日はどのような様子になりますか、初めての場所での
オープンですのでドキドキしているのですが、
なにとぞ、皆様当日はよろしくお願い申し上げます・・・!

それでは、ちょっと急ぎの仕事なども入りまして
本日はこのあたりにて!追って、いろいろの追加おしらせなどは
twitterをぜひチェックなさってくださいね。

ではでは、来週末からはお天気に恵まれますように!
Curtain☆Callの新緑の幕間より、皆様のお越しを
お待ち申し上げております・・・!


鳩山郁子拝

[PR]
by junekite | 2015-06-03 14:30 | 日々帖

☆彡「スパングル[新装版]」発売です!☆彡

★いち早い情報はこちらtwitterから!
d0222386_1117872.jpg


お待たせいたしました!
「スパングル[新装版]」、ついに発売です!
(amazon購入ページはこちら。)
1993年の初版、2004年の改訂版、そして
今回2015年の新装版と、スパングルはおかげさまで
三度の改訂を経た最新版を無事皆様のお手元へお届けすることが叶いました。
スパングルの復刊を望んで下さった全ての読者の方々、
ミカセに引き続き拙著を復刻刊行して下さった
復刊ドットコム様、初版からずっと装丁を手掛けて下さった
デザイナーの坂本志保さま、スパングルをはじめに世に出して下さった
青林工藝舎様へ、
この場を借りまして、心よりの御礼を申し上げます。
本当に、ありがとうございました。
末永く、三冊目のスパングルも
読者の皆様の元でご愛読されますことを、心より祈りつつ・・・。
d0222386_11172234.jpg


さてさて、twitterでは先んじてお知らせをいたしておりましたが、
「スパングル[新装版]」の刊行を記念して、
紀伊國屋書店新宿本店さんにて刊行記念サイン会が5月9日(土)に開かれます!
詳細、お申込みはこちらをご一読ください。
当日サイン会へご参加下さる方へは、限定おみやげをご用意いたしております。
今回は、復刊ドットコムさんが販促用のPOPをポストカードにしたスーベニールを
ご用意くださいます!その、今回の販促用のPOPはこちら。
d0222386_1138696.jpg

こちらがそのままポストカードになる予定です、楽しみですね!
紀伊國屋書店、別館2階コミック売り場 エスカレーター横ショーケースでは、
「スパングル[新装版]」のカラー表紙を含めたポストカード用原画や
原稿数点を展示中です!こちらは期間は5月13日まで。
サイン会へお越しの際は、ぜひこちらもご覧になってみてくださいね。
とても素敵にディスプレイして下さっております。感激!
新緑の五月の土曜日、ぜひふるってサイン会のほうへ
ご参加くださいませ。皆様にお会いできますのを、心より楽しみに
いたしております・・・!新年のお茶会のときよりも、
五月らしい夏帽子のいでたちで参る予定~。

こちらは復刊ドットコムでご予約下さった方への限定ポストカード。
d0222386_1117343.jpg

そして、抽選の色紙プレゼント(三名様ぶん)はこちら!
当選された方、おめでとうございます!流れ星の余白のところに
お宛名を書き入れてお届けいたしますね。
d0222386_1328417.jpg

色紙絵の使用画材はPILOTのHI-TEC-C、0.4ミリ。
コピックなどの画材を持っていないので、着彩は今回も不透明水彩(グワッシュ)。
d0222386_13291021.jpg

こちらも抽選用、サイン本50冊ぶんのイラストサインをおひろめ!
今回はスパングル・バレエな坊ちゃん。
表情や金彩の入り方はこのとおりに全く同じではありません、
お手元に届いたイラストサインのそれぞれの違いをお楽しみ頂けましたら
さいわいです!
d0222386_11493070.jpg

スパングル新装版をお求めくださった全ての方へ、
ほんとうに心からの御礼を申し上げます!
いましばらく「スパングル祭り」、皆様と共に盛り上がって参りたく・・・!
新緑の季節、ともにお付き合いのほどをよろしくお願い申し上げます!


そして、すっかり葉桜となった染井吉野ですが、
今年のお花見、皆様は楽しまれましたか?
桜の季節は咲き始めから桜吹雪のおしまいまで、
ほぼ毎日、どこかしら桜を求めて出歩いていたように思います。
年々、惜しむ様に桜の花を求める気持ちが
強くなってきているように感じます。
それほど遠くまでは出かけません。
小さな魔法瓶にミルクティーを沸かして急いで詰めて、
ふらりと数時間、見にゆくだけでしあわせ。
心残りは、今年は夜桜が見られなかったことくらい。
ipad miniに保存した桜の花筏やきらきらと風に舞い散るようすを
仕事の合間に眺めては、何だかすでに懐かしいような
不思議な心持ちに浸っております。

d0222386_12315680.jpg

d0222386_12323439.jpg

d0222386_12325482.jpg

d0222386_12334635.jpg

d0222386_12331360.jpg

桜いろの毛布のように降り積もった花びら、こちらは神田川。
以前から気になっていた川辺の散歩道沿いにある創業大正三年の老舗
寒天工房 讃岐屋さんで、
桜の季節限定の「桜あんみつ」を外の緋毛氈で頂いて一休み。桜餡と黒蜜でますます
桜チャージ値増幅!住宅街の並びにある、ほんとうにこじんまりとした川沿いの間口から入る
魅力的な佇まいの寒天屋さんです。また散歩のときには立ち寄ってみたいお店です。

そして数日前。季節はすっかり八重桜の頃に。
d0222386_1234577.jpg

牡丹も、藤も、躑躅もそろそろ見頃ですね。
そして、五月の薔薇と続き・・・
沢山、初夏の緑や花々に会いに出掛けられたらよいなと思います。
しかし、描きおろしが・・・!
スパングルでしばらく手を離れていた新作のほうも、
このところ再び集中し直しております。
こちらも早くお披露目できるように頑張ります。

皆様もどうぞ、よい新緑の季節をお楽しみください・・・!









[PR]
by junekite | 2015-04-21 11:58 | 日々帖

14日(土)、エルネストの鳩舎「春の天袋祭り」開催します!

いちはやい情報はこちらtwitterから!→

オンラインストア「エルネストの鳩舎」はこちら!→
(※現在プレビュー公開中です!)
d0222386_19265451.jpg

三月なのですが・・・これを書いている今時期は気温がぐっと下がり、
真冬のような寒さです~。ヒヤシンスが咲いていたときは、
「春だ!春がきた!」と部屋いっぱいの花の香りに束の間、春気分も盛り上がって
おりましたが・・・なんでしょう、
すっかり季節が逆戻りしてしまったかのようなここ数日です。
けれども、黄色のミモザや梅の花が家々の垣根越しに溢れんばかりに咲いている
さまを見ると、コートのいらない時期まであともう少しだなぁと感じます。

さてさて、twitterでもちょこっとお知らせいたしましたとおり、
今週末3月14日(土曜日)の夜、22:00に
鳩小屋「春の天袋祭り」を開催すべく、Openに向けて
鋭意準備中です!タイトルのとおり、先日までの鳩小屋大掃除祭りのおりに
主に天袋から掘り出したモノを中心に、幾つか過去作品を出品いたします。
オンラインストアのプレビューを急いでおりますが、直前になってしまうかも
しれません。先に、出品のラインナップを軽くご紹介いたします!
*
d0222386_19281236.jpg

こちらは2009年制作の「Knitting Patterns Box.」エディション数150。
単行本「ダゲレオタイピスト」巻頭収録作「The widow of Fisherman can't stopknitting.」の、
編み物にまつわる世界をテーマに制作したBOX作品。
こちらは在庫がこれでラストの三箱を、出品いたします。
紺青色の毛糸で編まれた「海の男の鉄(シーメンズ・アイアン)」と呼ばれる
アラン・ニットの世界、さまざまな編模様に込められる意味や祈り、
模様の名前について図解やイメージイラストに描いたもの、
また、手刷りで編み模様をプリントし、見本帖風に制作したものなどを
ひとつの箱に納めてあります。

今回は残っていた見本帖の材料で作ったポストカード二枚も一緒にお届けします。
*
2013年の旧作、纏足のための赤いストラップシュー。
昨年末の書肆アラビクさんでの企画展に出品するよりも遡った時期に
制作したLotus Shoeシリーズのうちの一点です。
d0222386_19284591.jpg

こちらは旧作ですので、アラビクさんに出品した同じタイプの
Lotus Shoeの作品よりも少し安い価格にて出品いたします。

もう一点、こちらは今回の春の天袋祭りのために新たに制作した、
春色の白い鸚鵡のいる纏足用の洋靴。
d0222386_1929374.jpg

新しく制作した作品になりますので、アラビクさんの企画展に
出品した同シリーズの作品と同じ価格で出品いたします。
d0222386_19291777.jpg

おなじく発掘した、むかし香港で買ったアヤシイ紙を用いたラッピングでお届け!
d0222386_19293099.jpg

*
最後に、1999年の初個展「アオアズマヤトリの七つの蒐集」開催時に制作した
版画作品のうち、他のものよりも若干在庫数の多かったこちらの
螺旋階段の作品を、厚みのあるBOX額に納めて出品いたします。
d0222386_19295226.jpg

正確なエディション数が不明のため、こちらはタイトルを改めて
独立した版画作品としてお届けいたします。
d0222386_19302745.jpg

*
早足のご紹介ですが、今回はこのようなラインナップを
予定いたしております。オンラインストアのご利用案内として、
ショップ左側の「はじめにお読みください」を、是非ご一読願います。
万が一商品アップやカートオープンがうまくいかなかった(シッパイした)場合などは、
そのまま立て直すまでお待ちください~。
不測の事態のメッセージは、ショップの上のwhat's newや
twitterなどでお知らせいたします。
d0222386_19411974.jpg

あっ、この額装版下絵のことを書くのを忘れてた!
すみません、プレビュー時にご覧ください~!
*
ではでは、プレビューまでいましばらお待ちくださいませ!
来月中旬刊行予定、[新装版]「スパングル」も、復刊ドットコムサイトにて
ご注文受付が始まっております!ドットコムの直販ならではの
特典がたくさんご用意してございますので、ふるってこちらご利用くださいませ・・・!
もちろん、書店さんでのご注文も大歓迎です~!
d0222386_1931359.jpg

ちらり、カバー絵と流れ星パーツ見せ。☆彡

それでは、うまくゆけば今週末土曜日の夜22:00に!
皆様のお越しを、今回も三角窓の中から心より、お待ち申し上げております・・・・!

ハトヤマイクコ拝。










[PR]
by junekite | 2015-03-11 20:45 | 日々帖

鳩小屋通信更新です。そして、今年もありがとうございました・・・!

年の瀬も押し迫ってまいりましたが、まず始めに・・・
オフィシャルBlog「鳩小屋通信」を更新いたしました。
今年の夏、「新装版 ミカセ」刊行に際し
書店様掲示用に描いた色紙について、皆様へご報告、そしてお詫びがございます。
2014年の最後にこのような内容の更新を行わなくてはならないことが
心から残念でならないのですが、ご一読頂けましたらと存じます。

オフィシャルブログ Ikuko Hatoyama「鳩小屋通信」→こちら


今月12月9日からスタートした大阪の書肆アラビクさんでの
企画展"La chambre insolite"、29日にてついに会期終了となります。
旅立ってゆく小さき靴たち、そして刺繍した心臓のファンディー・チュンの絵は
後日改めてブログのほうにアップいたしますね。お待ちください!
d0222386_2331949.jpg

たくさんの方に足をお運びいただき、作品のみならず、
あんなに納品したサイン本も完売とのご報告を受けたときの
喜びたるや・・・。お越しくださいました皆様方、アラビク店主森内様、
お声掛けくださいました山本じん様。ありがとうございました、
心からの御礼を申し上げます・・・!

さて、2014年をちょこっと振り返ってみますと、
何といっても、今年は十年ぶりに復刊を遂げた
「新装版 ミカセ」刊行!うれしい一年でした。
d0222386_23322226.jpg

まさか、あんなに多くの方がGlass Insulatorの現物を
集めていらっしゃったとは!(笑)そんな驚きの事実を知ることが
できたり、いちはやくさまざまな活動のお知らせをお伝えすることが
できるようになったのも、忘れもしない五月の末頃
初期作品「緑郎丸」の太田出版さん読み切り電子版の宣伝告知のため
twitterの世界に飛び込んだおかげ。
これは、ワタシにとってはかなり大きな2014年の出来事でした!
来年もみなさん、あちらのほうでもどうぞよろしくね。

来年こそは、今手掛けている途中の中長編を
ホントにいよいよ仕上げなくては・・・・!!
そして、それと同時にまたまた、別の計画も
早くも控えているのです。準備待ったなし!
お正月は、はやめにシゴトに戻らなくちゃね。
d0222386_23432821.jpg


今年も、たくさんの応援と励ましをありがとうございました。
どうか、来年が皆様にとって
素晴らしい、格別の年となりますように・・・!
2015年に向けて。
また来年、お会いいたしましょう!


鳩山郁子
twitterはこちら













[PR]
by junekite | 2014-12-29 01:27 | 日々帖

☆書肆アラビク企画展 Lotus Shoe抽選販売ご案内ほかおしらせいろいろです!

燃える!12月です。
来年のこと含め、急にバタバタしてまいりました!
まずはとりいそぎのご案内を…。
b0218369_16141738.jpg


はじめに、いよいよ12月11日より
大阪の書肆アラビクさんにて
12月企画展” La chambre insolite ”が始まります!
私は、四つ切の額のサイズの鉛筆画一点と、Lotus Shoe No.1~No.5を
出品いたします。
b0218369_16145395.jpg
 
こちらの靴はNo.5。
纏足靴の小品に関しまして、すでにお問い合わせを何件か
いただいておりますとのこと、ほんとうに嬉しい限りです!
Lotus Shoe五点の作品は、抽選による販売方式となります。
抽選要項は、

1)12月11日(木)、12(金)のいずれかの日のアラビク営業時間中に抽選券を配布します

2)日曜日に当ブログで抽選番号の発表

3)展覧会終了後、作品の引渡し

です。抽選は店頭のみで受け付けます。

詳細はこちら、アラビク様のブログをご一読ください。
*
Lotus Shoeの作品だけ、これまでお披露目いたしておりましたが
拙纏足作品には欠かせない登場人物を描いた作品も出品いたしております。
刺繍を施した小さな靴でかたち作られた心臓と、そこから血脈のように伸びる
蔓薔薇の花開く庭。
b0218369_1615713.jpg

「The Garden of Embroiderd Heart.」部分です。
鉛筆画に、はじめて水性のカラーインクを用いました。
これまでカラーインクは作品の主線に使う耐水性のものしか使用したことが
なかったため、水性インクを作品に用いたのは、今回がほとんど初めてです。

*
アラビク様では、企画展の初日より
サインいり単行本も大量にお取扱いスタートの予定です!
同じ単行本でも、イラストサインのヴァリエーションを少しずつ変えて
遊んでみましたので、ぜひお好みの一冊をゲットしてくださいね。
サイン本の種類は、 今夏に復刊ドットコムより刊行されたばかりの「新装版ミカセ」、
青林工藝舎さんより「ダゲレオタイピスト」「シューメイカー」「カストラチュラ」
「エルネストの鳩舎」。中でも、今回の企画展のワタシの出品作とも呼応した
シューメイカー、こちらはtwitterでもちょっと呟きましたが
版元さんのほうでの在庫もそろそろ少な目ということもありまして、
一度在庫切れになりますと昨今再版までにかなり遠い道のりとなりますため
お手元に置いておきたい一冊がもし見つかりましたら、
ぜひとも今機会をご利用くださいませ・・!

「シューメイカー」は、いわばカストラチュラの続編にして番外編。
80'sのロンドンを舞台に去勢歌手シャーロット・リンと解剖学の天使ファンディー・チュンが、
モヒカンヘッドの靴職人ディックを巻き込んでの跳躍跋扈(?)、
そのほかに王朝崩壊後の去勢歌手シャーロット・リンが収容された強制労働キャンプでの
事件を描いた「滴翠珠」、遠い異国の地のパサージュで蘇りを果たした「あの」二人、と
時系列無視(?)の、薔薇色静脈の絶え間ない流動に彩られた一冊となっております。
アラビク店主様がブログ中にシューメイカーについて書いてくださいましたので、
ぜひそちらもご覧くださいね。
*

会場ではサイン本のほか、太田出版「ゆきしろ、ばらべに」刊行記念に
制作した、ポストカード三枚セットもお求めいただけます。
こちらは、今はもうなき「プリントごっこ」で制作した手刷りのカード。
ラッピングも、すべて著者によるハンドメイドです。
b0218369_16154516.jpg
b0218369_1616069.jpg

上より、「ばらべにちゃん、熊をてなづける」、「ウルリッヒ王子の変容」に加え
うたたねする「ゆきしろ」ちゃんのカードを加えた三枚セットで販売します。
会場にて、サンプルをご覧くださいね。
*

書肆アラビク 12月企画展” La chambre insolite ”
 出展作家 Aisa(アクセサリー)
      寺田楓(絵画)
      鳩山郁子(絵画)
      森馨(人形)
      山本じん(絵画・人形)
 
 会期   2014年12月11日(木)~29日(月)
      午後13:30-21:00
      (水曜定休・日曜日は午後20:00まで)

 会場   〒530-0016 
      大阪市北区中崎3-2-14 アラビク
      t/f 06-7500-5519
*
会期はたっぷり、アドベントからクリスマス、年の瀬まで!
たくさんの方のお越しを、お待ち申し上げております・・・・!



そして、ワタクシのオンラインストア「エルネストの鳩舎」の
鳩舎クリスマスも鋭意準備中!もう時間がないからリンクも貼らない!(笑)
数は、例年にくらべるとぐっと僅少ですが、なんとかご用意できる・・かも・・・。
こちらもかなり慌ただしくなりそうです、グッときた方はtwiterにてチェックのほどを!
よろしくお願いいたします~。
b0218369_16161581.jpg



そして、まだ本格的な告知はまだなのですが・・・
今月半ば頃、とあるお楽しみ企画のご案内ができるかもしれません(?)!
あわせて、情報をお待ちくださいませ!


他には、バタバタと来年の計画なども決まりつつあります。
かなりここにきて慌ただしくなってまいりました・・・!
まずは目の前のクリスマスに向けて、皆様どうぞ
たのしいアドベントの期間をお過ごしくださいませ!
b0218369_16143578.jpg

それでも、大好きな公孫樹並木を今年も見に行くことができました。
青空と、黄金色。この色の組み合わせが大好きです。
歩くだけで、ほんとうに気分がよくなります。
少し時期が遅くて、前日の雨で足元は黄色のイチョウ・ペーストになっていたけれど。


おまけ:
シューメイカーには、余りにも思い出や思い入れが多すぎて・・・
すべてをとても書ききれないままでいます。たとえば、作中ほんの一コマだけ(探してくださいね)
大好きなSPARKSの似顔絵を描きいれたことをきっかけに、
なんとその後来日したSPARKSにお会いしてインタビューをするという幸運にも
恵まれました。(そのときの話だけでも、もう書ききれない。とにかく長くなるので、
好きになったきっかけとか、好きな音楽のこととか、胸に秘したままになってしまうのです。)
これらの幸運も、すべては周囲の方々との出会いのご縁の力によるもので、
ご縁といえば今回のアラビク様での企画展でも、そんな力を感じずにはおられません。

 アラビク店主様のブログを拝読していたら、シューメイカーのユウコが
とても描きたくなって、十年ぶりくらいに描きました。
昔描いた顔とは、ちょっと変わったかも。(笑)
もっと大人になった姿のユウコの登場する作品も描いてみたいかも、なんて
ふっと思ったりもしたのでした。
d0222386_18504714.jpg


[Shoe Maker 2005]
d0222386_1924483.jpg









ハトヤマイクコ


[PR]
by junekite | 2014-12-05 18:30 | 日々帖

☆大阪の書肆アラビクさんの12月の企画展に出品致します。

★鳩山郁子twitterはこちら!
b0218369_2149341.jpg

[企画展に参加のお知らせです!]
大阪の書肆アラビクさんの12月の企画展に出品いたします。
タイトルは「 La chambre insolite 」。店主森内様曰く
奇妙な部屋、くらいの意味でしょうか-----とのこと。
今回は、画家であり人形作家の山本じんさんよりのお誘いで
参加をさせていただくこととなりました。
私は、纏足靴の小品数点と、四つ切額サイズの鉛筆画一点を
出品する予定です。
ご一緒させていただく作家各位様、アラビク店主様。
お声掛けをくださった山本じん様、
どうぞ何卒よろしくお願い申し上げます。

企画展概要につきまして、以下アラビク店主森内様のブログよりの転載です。
------------------------------------------------------

 アラビク12月企画展” La chambre insolite ”について
 
 出展作家 Aisa(アクセサリー)
      寺田楓(絵画)
      鳩山郁子(絵画)
      森馨(人形)
      山本じん(絵画・人形)
 
 会期   2014年12月11日(木)~29日(月)
      午後13:30-21:00
      (水曜定休・日曜日は午後20:00まで)

 会場   〒530-0016 
      大阪市北区中崎3-2-14 アラビク
      t/f 06-7500-5519



珈琲舎・書肆/Luft アラビク 公式ホームページ
アラビクは昭和4年にできた長屋を利用した、喫茶、書店、ギャラリーの3つの機能を持つ店です。

b0218369_21495713.jpg

私の作品、鉛筆画、纏足靴の小品はすべて販売いたします。
アラビクさん、わたしも行ってみたいなぁ、でも年の瀬は
ちょっと難しそうかな・・・。関西方面の皆様方、ぜひふるって
足をお運びくださいませ~!
また追ってのお知らせをtwitterなどで発信してまいりますね!


方々でクリスマス準備の賑やかな色彩が溢れるこの頃・・・。
例年のように、鳩舎でのクリスマス企画を楽しみにお待ちくださる方も
いらっしゃることかと思います。なのですが・・・
今年は、描き下ろしの漫画の執筆が遅れていることもあり、
これまでのようなコンセプトだてたクリスマス企画が、難しくなりそうです。

自分でも、昨年を振り返るとsachiさんの木彫りの鳩舎の鍵とコラボレーションした
BOX作品が懐かしい・・・。私も、本当ならばあのようなコンセプトグッズを
考えて制作することが、最も楽しい作業のひとつなのです。
けれども、自分の場合のコンセプトグッズやオリジナル作品、企画は
漫画という「核」があってこそ、と考えます。
思えば単行本「エルネストの鳩舎」の描きおろしからこのかた、
漫画というかたちでの作品発表はしておりません。
もろもろの思いあって、今は何よりも優先させる気持ちで
漫画原稿と向き合っております。

新たな作品ができれば、先々のシーズン繰越しになるかもしれませんが
必ずや別の機会に、あたらしい作品世界をもとにした
コンセプトグッズや企画も生まれるかもしれません。
どうぞ、それまでは水面下で潜伏しての作業、
お見守り頂けましたら有難く存じます。
とはいえ、何もないのも寂しいですから、何かしら・・・。
エルネストの鳩舎のほうに並べられたら、よいなぁと考えては
おりますが、さてどうなりますことやら・・。
今しばらく、お待ちくださいね・・・!

あ、オンラインストアで販売中のアーカイバルプリント二種
「恐るべき子供たち」と「星の王子さま」のネット上での
ご注文受付締切りも、今月11月末日まで!気になる方は、どうぞこの機会に
ご検討のほどを・・・!

ではでは、ここのところは急激に寒くなってまいりました。
夜中の作業が、しんしんと底冷えする季節の到来です。
わたしは、ラフランスの赤ワイン煮の副産物のワインシロップに
今年初、いただいた「金時しょうがの粉末」を入れて
熱く煮たてたホットドリンクで風邪っ気を吹き飛ばしています。
これが美味しい!どうぞ皆様もお気に入りの熱い飲み物をお供に、
冬の夜更けをあたたかにしてお過ごしくださいね。

それでは、いちはやい情報はtwitterのほうにて
チェックをいただけますと幸いです。
どうぞ、何卒よろしくお願い申し上げます~!

鳩山郁子拝


[PR]
by junekite | 2014-11-17 23:29