タグ:原画 ( 52 ) タグの人気記事

四月のイベントお知らせ!宮木あや子さんご本の原画展&サイン会参加させていただきます。

(※原画の販売方法につきましての追記がございます。)
d0222386_13104751.jpg

緊急おしらせです!
来たる4月6日(土)から4月21日(日)まで、浅草橋のパラボリカ・ビスさんにて
鳩山郁子・原画展~宮木あや子『雨の塔』『太陽の庭』~が開催されます!

そして、なんと宮木あや子さんの著作にもかかわらず、ワタクシ鳩山もサイン会を
ご一緒に参加をさせていただくことに・・・・。しかも、会期中なんと二回もの開催予定!
もしも初回にご都合がどうしても・・・と仰る方も、ダブルチャンスあり!ぜひぜひ、
お花見シーズンも終わって何だかエアポケット的なこの時期のスケジュール帳に、
パラボリカ・ビスさんへのイベントご参加、組み入れてみてはいかがでしょうか!
会場では、ワタクシがカバーイラストを担当させていただきました宮木あや子さん著『雨の塔』、
『太陽の庭』の単行本、文庫本の原画を展示いたしておりますほか、
今回急きょ、文庫本用に手掛けたカラーイラスト原画を販売させていただくことになりました。
d0222386_1327267.jpg

ここに掲載された小物のイラストは、文庫本デザインのときに、
いかようにもお使いいただいて結構ですし、お使いにならなくてもよいですし、
とにかく『何かが足らない』という状態にならないよう、予備も含めてたくさん小物のイラストを
ご提供しておきます、ということで描いた小さなイラスト群。
これらを、今から図のように↑(笑)変形カットを施してひとつひとつにサインを入れさせていただきます。
(販売することを前提として描いたものではありませんので、修正痕などのあるイラストもあります。)
マットが付けられるほどの余白がないため、綺麗に少しでも見えるよう
変形カットを施してみよう!!と、苦肉の策・・・でしたが、案外可愛らしくなるかも。
小さな額に納めていただき、展示販売される予定ですが、こちらの販売方法につきましては
のちほどパラボリカ・ビスさんのサイトのご案内のほうをご参照くださいませ。
ここに掲載されているよりも、もう少し数量を出品する予定ですので、
ぜひ、お気に入りのモチーフを見付けにいらしてください!
*
(以下パラボリカ・ビスさん告知サイトよりの転載です。)
Special event

宮木あや子&鳩山郁子 サイン会
◆4月13日[土]/4月21日[日]
◆時間:各日14:00~
◆サイン会ご入場料:1000円(展覧会入場料を含む)
◆定員:各回50名
◆おみやげ付き

ご予約・お問い合わせはパラボリカ・ビスまで
03-5835-1180
onlineshopにてご予約いただけます。

+++
鳩山郁子・原画展~宮木あや子『雨の塔』『太陽の庭』~ 作品販売方法に つきまして
(以下、パラボリカ・ビスさんからのご案内内容となります。)
作品の販売は、4月7日(日)より開始いたします。
4月7日(日)のオープン時に限り、抽選販売を行います。
----------------
・4月7日(日)の11時45分までに、パラボリカ・ビスの入り口にお越しくだ
さった方に、購入順を決める「整理番号券」の抽選をいたします。
・その後、整理番号順に再整列していただき、12時になりましたら展示室にご
案内いたします。
・12時15分から、整理番号順にご購入のご希望をお伺いいたします。
※整理番号は抽選です。近隣の迷惑にもなりますので、お早めにお越しになら
ないようお願いいたします。
※4月7日(日)に限り、販売受付は、パラボリカ・ビスの店頭のみです。
※整理番号順でのご購入のお客様に限り、お一人さま、作品1点まで、ご本人
さまのみとさせていただきます。
※整理番号順でのご購入が終わり次第、先着順にて販売いたします。

+++
・・・以上、転載させていただきました。
原画のご購入をご希望くださる皆様方へは、今回はパラボリカ・ビスさんでは
抽選にてご希望受付をさせていただくかたちとなりましたため、早いお時間からのお越しを
いただくこととなってしまいますが、一人でも多くの方のご希望が叶うかたちで
無事拙作の販売をさせていただければ、と願っております。

---------------

*
・・・気が付いたら、もう来週末からなのですね!
かなり緊急おしらせでしたが、もしもご都合よろしければ
パラボリカ・ビスさんにてまたまたお会いできますことを、
(始めてお越しくださる方とも、こちらでお会いできますことを)心より、楽しみにいたしております!
d0222386_13455385.jpg

うう・・・緊急過ぎて人前に出るワタシ自身の準備ができていない~。
(泣)








[PR]
by junekite | 2013-03-29 14:22 | 日々帖

春の新月。(ジクレーお披露目、アックスフェアの追記あり!)

一番下のほうに、アックスフェア(アトレヴィ東中野店)のおしらせ追記あります。
*菜の花とアンチョビの全粒粉パスタ

全粒粉パスタは、口あたりがモソモソというか、とにかくボソボソしているのだけれど
(こう書くと不味そうだなぁ)妙にみっしりと噛み応えのある滋味深い味が恋しくなって
ときどきこちらで作ってみる。
d0222386_1181485.jpg

アンチョビ・フィレさえフンパツしておけば、春キャベツでも芽キャベツでも何でも、
とにかく野菜だけで十二分に美味しい春ご飯が準備できるので、当分うれしい。
けれども、美味しく出来るのは右上の小瓶に入っている
魔法のオイルのおかげかも?さる方から頂いた、白トリュフのオイル。
仕上げに数滴ふりかければ、極上の一皿に変身。自分で買ったことはないけれど、
高価なんだろうなぁ・・・パスタに、温野菜にとふりかけて使っていたら
そろそろ残りが少なくなってきました。
*
春野菜をわしわし食べたり・・・・・
d0222386_1182427.jpg

額縁が仕上がって、ほくほくしたり。
d0222386_11215178.jpg

ニオイスミレに続いて、タチツボスミレがいよいよ日向に咲き始めたり。
(奥は、ほかの種類も混じっているみたいだけれど
タネから蒔いてずーーっと芽が出ず、多分もうダメ、と思っていた
紅花ヒゴ(肥後?)というスミレ。忘れかけた頃にようやく芽を出し、ツンツンした葉っぱが育ってきたので
花はまだ当分先だろうけれど、最近外の陽射しのある場所に移してみました。)
d0222386_1184041.jpg

さる読者嬢が、ある日のおたよりにて
「コーラルのHeartは、子供時代のシャーロット・リンではありませんか?」と
言い当ててくださり、そういえばそのうちアップしますと言っていたのを
忘れていたなぁと慌てて探してアップしてみたり、
d0222386_118482.jpg

・・・そうそう!最近、
さる写真家の方が、シャーロット・リンの衣裳を特別に誂えて
モデルの方もそっくりな髪型、メイクを施し、撮影した写真の作品を拝見して
びっくり・・・!!何てすごいのでしょう~。
こちら、日付1ST MAR 2013でご覧になれます。)
カストラチュラ・トリビュート展、ご一緒できればよかったのにね。
北村ケイさんの写真サイトghostはこちらから。
*
昼間、早めに用事を済ませて、陽気がいいからちょっと公園でも
歩いて帰ろうかな、と思ったけれど、やっぱり早めに帰路につき
家まであともう少し、のところで空が西のほうからものすごい色になって
煙霧に覆い尽くされ、びっくりして急いで逃げ帰って窓を閉めて閉じこもりました。

そんな春の一日。
新月でまた新しい始まりの一週間、
どうぞ皆様も、よき春のスタートを・・・!
d0222386_1191618.jpg

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
「アックスバックナンバー&ブックカバーフェア」 東京堂書店アトレヴィ東中野店
3月16日から4月15日まで、東京堂書店アトレヴィ東中野店にて
「青林工藝舎 アックスバックナンバー&ブックカバーフェア」が開催されます!

こちらでは、錚々たる作家陣さまの複製原稿に加え
わたしハトヤマの「青い菊」も、二色ページのトレペ版下も忠実に(笑)再現された
複製原稿を展示していただく予定です。(めくって見られる複製原稿、画期的!)
・・・そして、できあがったばかりのジクレープリント二種、こちらのフェアの場を
お借りいたしまして、ついにお披露目が実現!
「星の王子様 Le Petit Prince 」、「恐るべき子供達 Les Enfants Terribles」の
二種類、よろしければ、ジクレーの現物をお確かめになりたい方は
ぜひともお越しくださいませ!
(※書店さんでは販売はいたしておりません。展示のみとなります。)

青林工藝舎さん編集後記(3月13日付)より☆
「月ノ光」、「青い菊」、「いつものはなし」などの複製原画の展示、
めくって楽しい複製原画ファイル「少女椿」、「星匠」に加え、
今度、鳩山さんのサイトで販売するジクレープリントの展示を予定しております。

書籍は、アックスのバックナンバーと47点程の既刊本、
さらにサイン本が何点か並ぶ予定!!
弊社の書籍を購入の方には1冊につき1枚特製ブックカバーを差し上げます。
web用に出していて店頭では手に入らないカバーもありますので
ぜひチェックしてみて下さい。

週末は、ぜひ東中野へお越し下さい!!

★東京堂書店アトレヴィ東中野店
場所: 東京都中野区東中野4-4-26 アトレヴィ東中野 3階
営業時間:10:00~22:00
電話:TEL:03-5937-2590(代表)
http://www.tokyodoshoten.co.jp/













[PR]
by junekite | 2013-03-12 12:48 | 日々帖

break the winter glass. & 単行本始動、ジクレーお披露目!

冬の天(そら)の硝子に、ぴきぴきと罅(ヒビ)を巡らせる桜の枝。
d0222386_1494326.jpg

こちらは、もう自分とこのガラスは割り終えたみたい。
今や自らが大”ブレイク”中、まっさかりの白梅の木。
d0222386_1495369.jpg


いろいろなことが始動する春ですね、私のほうも、新しいことが始まってます!

まずは、いよいよ単行本の準備が始動!!
今、やっている作業は単行本の巻頭、二色ページの版下作りです。
d0222386_1410456.jpg

見えますでしょうか?原稿に厚めのトレーシングペーパーを重ね、
トーンを貼ったり、ベタを塗ったりして色版をつくるやり方です。
デジタル全盛の今どき、極めてアナログな手法ではありますが・・・
d0222386_14105533.jpg

はい、鳩舎登場!(笑)ドーン。

どこを色版にして、どこをベタ(100%)にして・・・と仕上がり具合を予想しながら
版をつくるのは、ちぃっと面倒な作業ではありますが
この二色指定の印刷の味わいが自分はいつも楽しみなので、
今回はどんな色にしようかなぁと考えながらガリガリとトレペに貼ったトーンをカッターで削ります。

それにしても、プリントゴッコみたいに私の仕事に必須のものが
これ以上廃盤にならないでほしい・・・。(泣)スクリーントーンも、今の調子だと
いずれこの世から消えてしまいそう。昔は、手で描いた絵をわざわざ「アナログ絵」とは、
呼ばなかったものね。

*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*...*

さてさて・・・そして!
ついに、初のおしらせを本日ここで!

昨年の秋に制作を始め、以来数ヶ月を要してようやく完成いたしました
あたらしい鳩舎のラインナップ、ジクレープリントによる複製画です。
d0222386_1411525.jpg

まずは、画集リテレールの中から、「星の王子様 Le Petit Prince.」。
以前、展覧会のときに人気の高かったこの絵を選んで複製画にしてみました。
いかがでしょう?二枚並べた上の画像の、向かって左がジクレー、右奥が原画です。
・・・・色の再現率が、ほんとうにすごいです。
d0222386_1551872.jpg


紙は、キクラシャ340gという大変しっかりした厚い紙を使用しており、
物質的には原画よりも立派に見えるくらいです・・・。(汗)と、ここでジクレーについての
簡単なご説明をちょこっと。ジクレー(GICLEE)は、フランス語に由来し、
『インクを吹き付ける』という意味があります。
超高密度デジタル出力の総称としても使われます。
耐光年数が75~80年といわれ、現在リトグラフ、シルクスクリーンに次いで
最も原画に近いプリントが制作できる第三の技法として認知されています。

・・・当初、知識がなかったので、
デジタルで出力する複製画ならば、スキャンして取り込んで、
専用のプリンターで印刷すればよいのだからそれ程手間はかからないのでは・・・と
思っていましたが、それは大きな認識不足でした。
デジタルを駆使して、綿密な質感表現、色調の摺り合わせを幾度も重ねた後にようやく完成となります。
色校のために幾度も工房に足を運び、気になる箇所の色調の変更をお願いして、
それで当初思っていたよりも多くの時間を要しました。
それこそ、下↓の絵のカボチャのオーナメントのオレンジの鮮やかさに至るまで
お直しをお願いさせていただき・・・。
(ちなみに、今回制作した二点のジクレーには、両方とも工房の職人さんの手による
金パールの彩色が施されており、キラキラと反射して、原画にはない彩りが・・・。)


もう一枚はこちら、季刊「エス」誌の連載に掲載された
「恐るべき子供達 Les Enfants Terribles 」のイラストをジクレーの複製画に
使用させていただくことをご許可いただき、制作することができました。
d0222386_14111593.jpg


いやー・・・・ほんとに綺麗、いや、美麗です・・・。

が、デジカメで写真を撮ってみて困りました。
ワタシが撮影した画像には、ジクレーのほうのカーテンやセーターの色の
「緑色」が肉眼で見るとおりに反映されていないです。恐らく、ジクレー用のインクの分子構造や
光の反射の仕方?によるものなのでしょうか。下は、向かって右奥が不透明水彩で描いた原画です。
原画のカーテンやセーターのほうがグリーンが濃く見えますが、
私が肉眼で見る限り、ジクレーのほうも右奥の原画のグリーンと遜色ないくらいというか、
若干鮮やかに感じるくらいに再現されているのですが・・・。(困)
d0222386_14112441.jpg

・・・うーーん、これはやはり現物を直に見ていただきたい・・・と思っておりましたところ、
なんと、渡りに舟とはまさにこの事!のようなお話がもたらされ・・・。
しかし、こちらは正式な決定の後ということで、インフォメーションはしばしお待ちを!
(うまくいきましたら、近々に新作のジクレーを展示させていただくことができる
初お披露目の機会となりそうですが、どうなるでしょう?)
ゆくゆくは、方々での展示の機会もあることと思い、準備はぬかりなくとばかりに
急きょ額装オーダー中。(笑)
お洒落して、お披露目の準備をしてお待ちいたしております~。

販売も、あわせまして準備をこちらも早く、と思っております。
かなり慌ただしくなってまいりました~。これだけ大きな紙のものを
シートで梱包、発送するのはテクニックが要りそうですね。(汗)
また、準備が整い次第、追ってご案内をさせていただきます!
d0222386_16472637.jpg

啓蟄の日に、むるむるといろんな胎動が聞こえてきそうな今月です~。
どうぞ、皆様も待ちに待った春の到来、最高のかたちでお迎えできますように・・・。












[PR]
by junekite | 2013-03-05 16:45 | 日々帖

☆オフィシャルブログ「鳩小屋通信」、更新です!

こちらは昨年の梅。うねうね。
d0222386_2126588.jpg

オフィシャルブログ鳩小屋通信更新です。ビジュアドール「小田剛士」のエクスリブリス・カードを手掛けさせて
いただきました。(完成画像はオフィシャルブログにて公開中!)
d0222386_21361721.jpg





[PR]
by junekite | 2013-02-14 21:33 | 日々帖

I love...

d0222386_11375624.jpg

(追記:鳩舎ヴァレンタイン、思いつき出品が増えるかも?で、
日程は10日か、もしくは11日になるかもです・・・。追ってまた、後ほど!)
d0222386_11381392.jpg

d0222386_113845100.jpg
d0222386_11385957.jpg
d0222386_1139881.jpg


・・・やけに「心臓(ハート)」の画ばかり多いのは
ヴァレンタイン・シーズンが間近だから。(笑)
というわけで、今年はValentine's Day at "Dovecote."、
鳩舎ヴァレンタイン、開催いたします~!
くるみのインクを使用したイラスト原画(今回、ちょっとジブンでもフェイバリット)に、
昨年のクリスマスにご好評いただきましたくるみのインクの鳩舎BOXを、
ヴァレンタイン・バージョンのグリーティング・カードセットに仕立て直したオリジナル作品等々、
出品いたします。どうぞ、今回もぜひぜひ覗きにいらしてくださいませ!
d0222386_11391632.jpg

・・・昨年の鳩舎クリスマスでのシッパイを猛省し、(汗)鑑みた結果、
今回は、カートを作動させない状態で一度アップ、詳細をしばしご覧いただいて
オープン時間のちょっと前に操作のため一度ひっこめさせていただき、
カートを作動させた状態で、時間ジャストにアップ!という手法でゆきたいと思います。
(もっと早くこの方法に気が付けばよかった・・・)
そして、もしも今回もアップのときにカートが出ていない等々の不具合が
あった場合でも、お問い合わせフォームやメールでのご注文はしばしお待ちを・・・!
態勢(?)を立て直すまで、お待ちくださいませ~。
(どうにもならなくなったら、ネットストアのおしらせのところにメッセージ出します!)

一両日中に、ネットストア上にアップできるよう、現在準備中です~。
そして、カートオープンの日は今のところ2月10日(日曜日)、
夜10:00を目指しております。(こちら、まだ未定です。11日になるかもしれません。
改めまして、後ほどアナウンスさせていただきます!)
d0222386_11392435.jpg

2010年の作品、「SUMIRE assort」(スミレ・アソート)二点、出品します。
旧作のため、ちょっとお値引きいたします。

切り花を買ったのは、かなりひさびさ。小さなパンジーの束を
店頭で見付けたので・・・。すみれの季節の到来が待ち遠しいこの頃。
花弁が散るまで、ほんの数日だったけれど愉しませてもらいました。

薔薇のテキトー冬剪定を終えたけれど、グリーンアイスだけは
やけに赤みがかった花がいくつも開いて。なかなかこちらは剪定に
踏み切ることができません。











[PR]
by junekite | 2013-02-05 12:55 | 日々帖

Ling's heart.     (ちょっといいコト、追記あります。)

d0222386_120575.jpg

d0222386_121969.jpg


マンガの合間に、くるみのインクを使ってキャラクター(人物)画を
描いています。これまでの着彩の仕方と違って、サッと瞬間的に
直感で紙の上にインクを落とし込んで描いてゆくのが楽しいです。

はじめて買ったときは、いつもの自分のイラストの描き方には
合わないなぁ、どうしよう・・・と、使い方がわからずにしばらく手元に
ねかせてありましたが、でもきっと、何も考えずに
水で薄めたインクを紙の上にポン、ポンと垂らし込んでみたり、
壜の底に溜まった濃いインクを掬いだして湿らせた紙の上に
置くように滲ませてみたり・・・。
遊ぶように描(えが)いてみるのが、いちばん似合っているのかもしれません。
d0222386_1213211.jpg


さいきんのいいコト近況。(笑)
先日、お年玉つき年賀状を調べてみたら、
今年は四等の切手シートが四通も当たっていた!
毎年、ひとつ見つかるかどうかなのに、四通はスゴい。(笑)
送ってくださった方、どうもありがとう。今年は、やっぱりこれから
何かいいことあるかも・・・・??

シャシンは、昨年のクリスマスに貰った、ポーランドのハンドメイドの
つぼ型カップ。ホットチョコレートを飲むときは、いつもこの壷型のカップで。
カカオ系統のあたたかい飲み物はキミでね、の認定(?)カップ。

(Iさん、”大和茶”の御礼書くの忘れた!こんど焙じ茶・オ・レをつくってみますね!)

*---*---*---*---*---*
いいコト近況追記、
紀伊國屋書店新宿本店さんの文学好きサークル
「紀伊國屋書店ピクウィック・クラブ」さんが選ぶ
ピクベス2013 去年盛り上がった30冊」
に、拙著「ゆきしろ、ばらべに」(太田出版刊)が23位にランクインいたしました~~。
国内外の錚々たる文学本のなか、おお、マンガの作品集は「ゆきべに」だけですよ・・・。
ピクベスさま、本当にどうもありがとうございます!これを励みに、これからも遅筆ながら
頑張って描き続けてゆきたく存じます~。
こいつぁ春から、やっぱり縁起がよかったや!













[PR]
by junekite | 2013-01-29 13:40 | 日々帖

「ゆきしろ、ばらべに」本日刊行!&「薔薇の名前」イラスト原画販売のご案内です。

☆   ありがとうございます、三作品とも完売いたしました!
    またまたのちほど、しばらくお待ちくださいませ~!!
 


薔薇の名前シリーズ、お申し込みをありがとうございました!
いそぎ、該当者さまを発表させていただきます。

No.1" Evantail d'or " お名前 fumi-1231様

No.2 "Ash Wednesday" お名前  0様

No.3 " Cymbeline" お名前   kona9様

-----------------------

上、お名前の当選(?)いたしました方、
記事の下のほうをご参照のうえ、こちらのほうへメールを
お送りくださいませ~。

メールアドレス   spangle@air.so-net.jp

お急ぎにならなくてもだいじょうぶです~。
順次、御返信を差し上げたく存じます!

せっかくお申し込みをくださいましたのに、お名前の漏れてしまいました方、
t様、  at2357様、  S様、  久隅様、  lopran様
(コメントの着順番になります。)本当に申し訳ございません・・・・ごめんなさい!!
(&23e様メッセージありがとうございます!)
また、きっとよい絵が描けたら、アップしてご紹介できましたらと思います。
21:00を待っていてくださったのに申し訳ありません・・・!

ではでは、また改めましてのちほど・・・!
みなさま、本当にお疲れ様でした・・・・!
よき七夕の夜を・・・!

ハトヤマイクコ拝。

 
本日7月3日、新刊「ゆきしろ、ばらべに」発売いたしました!
オフィシャルブログ「鳩小屋通信」にて新刊発売のご挨拶を
させていただいております・・・!
d0222386_211934.jpg


*
・・・さてさて、お知らせいたしておりました、「ゆきしろ、ばらべに」刊行記念
「薔薇の名前」シリーズのイラスト原画三点を
7月7日の21:00に当ブログコメント欄にてご応募受付を開始させて
いただきます~。
紅薔薇と白薔薇ではないけれど、憧れのニュアンスカラーの花色の薔薇達も
お気に召していただけましたなら幸いです・・・!

時間を決めてのコメント欄でのお申し込み受け付けは初めてなので、
どうなることやら・・・。ネット上のことですので、もしも不足の事態(?)がありましたら
ごめんなさい!その際には、仕切り直しをするかもしれません。
予め、何卒ご了承くださいませ・・・!
d0222386_15541374.jpg

一番下に詳しいお申し込み方法がございますので、
ご一読のほうをよろしくお願い申し上げます。

それでは、”薔薇の名前”シリーズの三点のご紹介を、さっそく以下より
スタートです!

*
d0222386_161926.jpg

No.1.「原画イラスト series薔薇の名前.Ⅰ "Eventail d'or---エヴァンタイユ・ドール"」
sold out
d0222386_15504114.jpg

うーん、暗くて写真がちょっとイマイチで残念・・・。

Eventail d'or---エヴァンタイユ・ドール= ”黄金色の扇”の意。
秋にはゴールドの色が深まる、薄茶を帯びた黄金色の花弁。ハイブリット・ティー。
あ、この少年だけは「ゆきしろ、ばらべに」の兄弟にちょっと似てますね!
(髪型だけ・・・。)

イラスト原画データ・・・紙のサイズ      252mm × 201mm
      イラスト部分サイズ  160mm × 115mm
使用画材     ・・・耐水性インク、不透明水彩、色鉛筆
             イラスト部分下に、鉛筆による署名有り。

※原稿、右下の余白の端にホワイトによる修正痕があります。
 本作品は原画のみのお届けになります。マット等は付きません。
d0222386_15505584.jpg



*
d0222386_16215672.jpg

No.2 「原画イラスト series薔薇の名前  Ⅱ "Ash Wednesday ---- アッシュ・ウェンズデー"」
sold out
d0222386_15511241.jpg

Ash Wednesday ---- アッシュ・ウェンズデー=”灰の水曜日”の意。

灰の水曜日とは、キリスト教の四旬節の初日(復活祭の46日前)のこと。
この日の典礼では、司祭が灰で信者の額や頭に十字の
印をつけることによる。淡いライラック色を含んだシルバーグレイの花色の
この薔薇は、黒赤系統の薔薇とのとりあわせがとりわけうつくしい。

イラスト原画データ・・・紙のサイズ      252mm × 201mm
      イラスト部分サイズ  160mm × 115mm
使用画材     ・・・耐水性インク、不透明水彩、色鉛筆
             イラスト部分下に、鉛筆による署名有り。

※ 本作品は原画のみのお届けになります。マット等は付きません。
d0222386_15513034.jpg



*
d0222386_15515490.jpg

No.3「原画イラスト series薔薇の名前.Ⅲ  "Cymbeline ---シンベリン"」
sold out
シンベリン(Cymbeline )の名は、ウィリアム・シェイクスピア作のロマンス戯曲に由来する。
グレイがかったようなシルバーピンクの花色。
目録より名前を消されて尚、現在も密かな人気を誇る薔薇。


イラスト原画データ・・・紙のサイズ      252mm × 201mm
      イラスト部分サイズ  160mm × 115mm
使用画材     ・・・耐水性インク、不透明水彩、色鉛筆
             イラスト部分下に、鉛筆による署名有り。

※原稿余白部分、右側の端に15mm× 60mmほどの
マスキングテープの剥がし痕修正があります。(糊で補修してありますが・・)
本作品は原画のみのお届けになります。マット等は付きません。
d0222386_155289.jpg


------------------------------

☆  作品のご購入を希望されます方へ ☆


7月7日の夜九時(21:00)になりましたら、
このエントリーのブログのコメント欄をオープンにさせていただきます。
できるだけ時間きっかりにオープンにできるよう心掛けますが、
ネットや操作の状況できっかり時間通りのオープンにはならない事も
考えられます。(21:00きっかり、よりもちょっと過ぎてしまうかもしれません・・・。)
どうぞ、その点につきましてご理解を頂けましたなら幸いです。
何卒、よろしくお願いを申し上げます。


*作品の購入を希望されます方は、コメント欄へお好きな名前(コードネーム)と、
ご希望の作品番号(No.1 No.2. No.3 )と作品名(だいたいどれかが判れば大丈夫です)を
ご明記の上、コメント欄へ投稿ください。
その際、第一希望、第二希望、第三希望といったようにお書きいただけましたら
先着の方から順番にご希望を反映させていただくことができます。
(もちろん、第一希望のみ!!というバアイには、一点のみのご記入でだいじょうぶです。)
このコメント欄への投稿は、いわゆる鍵つきコメント(管理人だけが見られる非公開コメント)の
設定は必要ありません。
また、二、三のご確認をブログのコメント欄上にて
やりとりさせていただくことがあるかもしれません。
また、今回は(もしもご希望とあらば)お一人様複数点のご購入も
可とさせていただきます。


*ブログのコメント欄への先着の方より順番に、
希望される原画のご購入者様とさせていただきます。
その際、コメントの着時間の表示がまったく同時刻でも、
コメント欄表示のいちばん下のほう(先着順)の
コードネームの方より、ご希望の作品を優先して決定とさせて
いただきます。こちらの点につきましても、どうぞ何卒
ご理解とご了承のほどを頂けますよう、宜しくお願いを申し上げます・・・・!


*sold outとなりましたら、
改めましてご購入者様のコードネームと作品名を
ブログ上にて発表させていただきます。
その際、ご返信用のメールアドレス(@鳩小屋)を公開いたしますので、
こちらのほうへ、折り返しのメールをお送りください。
こちらのメールへは、
「薔薇の名前 原画希望」等々の文言を(こちらも何となく判ればだいじょうぶです)
件名のほうに入れていただき、

☆ご本名とコードネーム
☆ご希望の作品番号と作品名
☆作品のお送り先のご住所とお電話番号
☆メールアドレス

・・・以上を、ご記入のうえお送りくださいませ。
折り返し、ご入金方法などをメールのご返信にてご連絡させていただきます。
なお、作品代金のお支払いは郵便振替の前払いにてお願いいたしておりますが、
その他の方法でのお振り込み方法をご希望の方はお書き添えください。
発送は簡易書留郵便にてお届けさせていただきます。

*全ての原画が発送され、お手元に無事届きました時点で、
ブログのコメント欄へいただきました投稿は念のため
すべて削除をさせていただきますことを、何卒ご了承くださいませ。


それでは、7月7日、七夕の夜21:00に
ご応募をお待ち申しあげております・・・・!












[PR]
by junekite | 2012-07-03 19:09 | 日々帖

「ゆきしろ、ばらべに」サイン会、どうもありがとうございました!

d0222386_201971.jpg

そぼ降る雨の中、このたびも本当にたくさんの方々にお越しくださいまして
本当に、どうもありがとうございました!
心からの感謝を申し上げます。最高に楽しい一日でしたね!
いろいろ、うれしすぎてちょっとまだアタマがフワフワしております。
d0222386_200396.jpg

オフィシャルブログ「鳩小屋通信」のほうに、
サイン会会場となったパラボリカ・ビスさんの展示中のお部屋の模様なども
アップいたしております。ぜひぜひ、ご覧になってみてください~。









[PR]
by junekite | 2012-07-02 20:15 | 日々帖

真綿の下の氷

d0222386_1303912.jpg

厚い真綿のお布団をめくると、みづいろの宵闇に
ふうわりと浮かび上がる蛍の姿
薄氷(うすごおり)の名前のとおり、冬の朝の水田や水溜に
一面張られた薄氷が自然に割れたようなかたちの儚いお菓子が
夏の間だけ、氷の上に蛍の姿を閉じこめて
一層の凉を呼ぶかのようです。
d0222386_135463.jpg

白梅軒五郎丸屋さん。ペパーミントグリーンに紺の意匠の包装紙もいいですね!

*
明日、サイン会会場にお越しくださいます皆様、
どうぞ、身ひとつで(?)お出でくださいませ!
そして、何なりと(笑)話掛けてやってください~。
普段一人で作業しておりますと、直接作品を読んでくださる方と
お会い出来る機会がほんとうに得難いもので、
どれほど力になるか、毎回私も嬉しく、楽しみに感じております。
午後から雨の予報もあるけれど、それほど雨脚が強くならなければ
いいですね、好天を今夜は祈りましょう~!

そして、遠くにお住まいでなかなかお会いする機会ができないけれど、
いつも応援してくださる読者の皆様方、
パラボリカさんの展覧会会場のようすを撮ってきますね!
ゆきべに祭り、ぜひココロの内だけでも共にご参加ください~!
3日の発売日には、ゆきべにの二人の兄弟が
皆様のところへ無事まいりますように・・・・!
(邪悪な”こびと”との遭遇には、みちみちご用心あれ!)
d0222386_1313359.jpg

薔薇の名前、シンベリン。オースチオンカタログから名前を削除された
シルバーがかったピンクの薔薇。
*

明日から七月・・・!
皆様にとって最高の、すばらしき一ヶ月となりますように!











[PR]
by junekite | 2012-06-30 13:50 | 日々帖

「ゆきしろ、ばらべに」、届きました!

d0222386_11374576.jpg

いよいよ7月3日に発売が迫りました
新刊「ゆきしろ、ばらべに」、一足先に今朝刷り上がった本が
手元に届きました!幾度も色校でチェックしていただいたカバー、
中の綴じ込みのポストカードや口絵のカラーイラストも
とても綺麗な刷り上がりになりました!
d0222386_11375519.jpg

今回、帯文に素敵なお言葉を寄せてくださった
中村明日美子様へ、心よりの感謝を申し上げます。
本当に、ありがとうございました。
吉田アミさんが作成してくださった巻末の作品年表や、
まさか掲載されることになるとは思わなかった、担当さま提出用の
キャラクターラフ画(ホントにラフ絵で恥ずかしい・・・)収録など、
これまでにない要素が盛りだくさん!とても新鮮な一冊となりました。
どうぞ皆様、発売までもういましばらくのお待ちを・・・!
d0222386_1138988.jpg


以前、ちょこっとブログでご紹介いたしました
「ゆきしろ、ばらべに」発売記念に、薔薇の名前に因んで制作しました
カラー原画小品三点を、再び当ブログのコメント欄を使用してご応募いただく
かたちでの「薔薇の名前原画フェス」を
開催させていただこうかな、と考えております。
d0222386_11381811.jpg

以前のエッチング小品祭りの時のように、
コメント欄への先着様、というかたちになりますかと・・・どうにも慌ただしい
方法で、原画をいつもご希望いただいております皆様方へは、
このたびもたいへん恐縮です・・・。
日時はまだ未定ですが、7月上旬頃を予定しております。
なるべく早く、作品内容の詳細をアップできればと思います。
ニュアンスカラーと呼ばれる、ちょっとフシギな微妙な色合いの薔薇を
イメージしたカラー原画小品です。
因みに、上のイラストは「Ash Wednesday(灰の水曜日)」という名前の
薔薇をイメージして描きました。このグレーの色味を帯びた薔薇は、
黒赤の深い色味の薔薇とのとりあわせがとても美しいのです。
三作品揃っての詳しいご紹介のほう、もういましばらくお待ちくださいませ。

サイン会にお越しくださる予定の皆様方、
7月1日もお天気に恵まれるとよいですね!
パラボリカさんにて、ゆきべにほか原画ともども、会場にて
お待ち申し上げております~!












[PR]
by junekite | 2012-06-27 12:47 | 日々帖