タグ:小品 ( 53 ) タグの人気記事

Fen Zhuang Lou

d0222386_10535473.jpg

d0222386_10541569.jpg

d0222386_10543561.jpg

d0222386_10544477.jpg

d0222386_1055668.jpg

d0222386_1054671.jpg


今年の夏の酷暑、それから、私の気持ちの余裕の無さが
前の年よりも”手抜き”を起こさせ、粉粧楼(ふんしょうろう)の株を
ボロボロにしてしまっていました。もう、秋の花も望めない・・・と思っていたけれど、
気温が低くなると、つやつやした葉が生き返って
今はたくさんの花を細いステムの先に重たげに開かせてくれています。
儚い砂糖菓子のような、水に浸すと溶けてなくなる紙でできた花のような
オールドローズ、でも何て強い・・・。

綺麗に撮ってやりたい、と思うとき
どうにも写り込んでしまう背景がマズいので
いつもおなじチッペンデールの古い家具カタログの石版画の紙を
背景にして撮っています。年月と風雪に晒された石垣や煉瓦、繁った庭などの
環境背景が今の自分の生活の中では望めないので、
この石版画の古い紙質の醸し出す世界が、今のところ一番この薔薇に似合う
小さな”しつらえ”だと感じます。
d0222386_10552933.jpg


* 
話はガラリ、変わりまして。ゆきしろ、ばらべにの着せ替え人形を買ってくださったみなさま、
どんなふうにお楽しみ頂いておられますでしょうか?(笑)
着せ替えアイテムのリクエストのほかに、劇場の書き割りのように人形をその前に立たせて
楽しむ「背景」のリクエスト、ドールハウスのように紙のお部屋を(図面をひいて)組み立てる
キットのリクエスト、デコパージュのように立体的にフレームにセットして楽しむ、
色を塗ってみる、コピーして”おそろい”にして楽しむ・・・等々、アイデアをいただいて
思わずこちらもニンマリしております。
ただの平面の紙人形でも、ステューディオ的に(昔の玩具の”立て版古=ばんこ”ですね)
立てかけてみたりするだけで、ワクワク度が増す様な気がするのはなぜなのでしょう~。(自作ながら・・・)
箱庭的背景、余裕があればいつか描いて切り抜いて作ってみたいものです。
d0222386_10551984.jpg


光の当たり具合のおかげで、すっかり不穏な空気を醸し出てしまっている二人、の図。
(特に手前!)








[PR]
by junekite | 2012-11-13 12:47 | 薔薇帖

「ゆきしろ、ばらべに」本日刊行!&「薔薇の名前」イラスト原画販売のご案内です。

☆   ありがとうございます、三作品とも完売いたしました!
    またまたのちほど、しばらくお待ちくださいませ~!!
 


薔薇の名前シリーズ、お申し込みをありがとうございました!
いそぎ、該当者さまを発表させていただきます。

No.1" Evantail d'or " お名前 fumi-1231様

No.2 "Ash Wednesday" お名前  0様

No.3 " Cymbeline" お名前   kona9様

-----------------------

上、お名前の当選(?)いたしました方、
記事の下のほうをご参照のうえ、こちらのほうへメールを
お送りくださいませ~。

メールアドレス   spangle@air.so-net.jp

お急ぎにならなくてもだいじょうぶです~。
順次、御返信を差し上げたく存じます!

せっかくお申し込みをくださいましたのに、お名前の漏れてしまいました方、
t様、  at2357様、  S様、  久隅様、  lopran様
(コメントの着順番になります。)本当に申し訳ございません・・・・ごめんなさい!!
(&23e様メッセージありがとうございます!)
また、きっとよい絵が描けたら、アップしてご紹介できましたらと思います。
21:00を待っていてくださったのに申し訳ありません・・・!

ではでは、また改めましてのちほど・・・!
みなさま、本当にお疲れ様でした・・・・!
よき七夕の夜を・・・!

ハトヤマイクコ拝。

 
本日7月3日、新刊「ゆきしろ、ばらべに」発売いたしました!
オフィシャルブログ「鳩小屋通信」にて新刊発売のご挨拶を
させていただいております・・・!
d0222386_211934.jpg


*
・・・さてさて、お知らせいたしておりました、「ゆきしろ、ばらべに」刊行記念
「薔薇の名前」シリーズのイラスト原画三点を
7月7日の21:00に当ブログコメント欄にてご応募受付を開始させて
いただきます~。
紅薔薇と白薔薇ではないけれど、憧れのニュアンスカラーの花色の薔薇達も
お気に召していただけましたなら幸いです・・・!

時間を決めてのコメント欄でのお申し込み受け付けは初めてなので、
どうなることやら・・・。ネット上のことですので、もしも不足の事態(?)がありましたら
ごめんなさい!その際には、仕切り直しをするかもしれません。
予め、何卒ご了承くださいませ・・・!
d0222386_15541374.jpg

一番下に詳しいお申し込み方法がございますので、
ご一読のほうをよろしくお願い申し上げます。

それでは、”薔薇の名前”シリーズの三点のご紹介を、さっそく以下より
スタートです!

*
d0222386_161926.jpg

No.1.「原画イラスト series薔薇の名前.Ⅰ "Eventail d'or---エヴァンタイユ・ドール"」
sold out
d0222386_15504114.jpg

うーん、暗くて写真がちょっとイマイチで残念・・・。

Eventail d'or---エヴァンタイユ・ドール= ”黄金色の扇”の意。
秋にはゴールドの色が深まる、薄茶を帯びた黄金色の花弁。ハイブリット・ティー。
あ、この少年だけは「ゆきしろ、ばらべに」の兄弟にちょっと似てますね!
(髪型だけ・・・。)

イラスト原画データ・・・紙のサイズ      252mm × 201mm
      イラスト部分サイズ  160mm × 115mm
使用画材     ・・・耐水性インク、不透明水彩、色鉛筆
             イラスト部分下に、鉛筆による署名有り。

※原稿、右下の余白の端にホワイトによる修正痕があります。
 本作品は原画のみのお届けになります。マット等は付きません。
d0222386_15505584.jpg



*
d0222386_16215672.jpg

No.2 「原画イラスト series薔薇の名前  Ⅱ "Ash Wednesday ---- アッシュ・ウェンズデー"」
sold out
d0222386_15511241.jpg

Ash Wednesday ---- アッシュ・ウェンズデー=”灰の水曜日”の意。

灰の水曜日とは、キリスト教の四旬節の初日(復活祭の46日前)のこと。
この日の典礼では、司祭が灰で信者の額や頭に十字の
印をつけることによる。淡いライラック色を含んだシルバーグレイの花色の
この薔薇は、黒赤系統の薔薇とのとりあわせがとりわけうつくしい。

イラスト原画データ・・・紙のサイズ      252mm × 201mm
      イラスト部分サイズ  160mm × 115mm
使用画材     ・・・耐水性インク、不透明水彩、色鉛筆
             イラスト部分下に、鉛筆による署名有り。

※ 本作品は原画のみのお届けになります。マット等は付きません。
d0222386_15513034.jpg



*
d0222386_15515490.jpg

No.3「原画イラスト series薔薇の名前.Ⅲ  "Cymbeline ---シンベリン"」
sold out
シンベリン(Cymbeline )の名は、ウィリアム・シェイクスピア作のロマンス戯曲に由来する。
グレイがかったようなシルバーピンクの花色。
目録より名前を消されて尚、現在も密かな人気を誇る薔薇。


イラスト原画データ・・・紙のサイズ      252mm × 201mm
      イラスト部分サイズ  160mm × 115mm
使用画材     ・・・耐水性インク、不透明水彩、色鉛筆
             イラスト部分下に、鉛筆による署名有り。

※原稿余白部分、右側の端に15mm× 60mmほどの
マスキングテープの剥がし痕修正があります。(糊で補修してありますが・・)
本作品は原画のみのお届けになります。マット等は付きません。
d0222386_155289.jpg


------------------------------

☆  作品のご購入を希望されます方へ ☆


7月7日の夜九時(21:00)になりましたら、
このエントリーのブログのコメント欄をオープンにさせていただきます。
できるだけ時間きっかりにオープンにできるよう心掛けますが、
ネットや操作の状況できっかり時間通りのオープンにはならない事も
考えられます。(21:00きっかり、よりもちょっと過ぎてしまうかもしれません・・・。)
どうぞ、その点につきましてご理解を頂けましたなら幸いです。
何卒、よろしくお願いを申し上げます。


*作品の購入を希望されます方は、コメント欄へお好きな名前(コードネーム)と、
ご希望の作品番号(No.1 No.2. No.3 )と作品名(だいたいどれかが判れば大丈夫です)を
ご明記の上、コメント欄へ投稿ください。
その際、第一希望、第二希望、第三希望といったようにお書きいただけましたら
先着の方から順番にご希望を反映させていただくことができます。
(もちろん、第一希望のみ!!というバアイには、一点のみのご記入でだいじょうぶです。)
このコメント欄への投稿は、いわゆる鍵つきコメント(管理人だけが見られる非公開コメント)の
設定は必要ありません。
また、二、三のご確認をブログのコメント欄上にて
やりとりさせていただくことがあるかもしれません。
また、今回は(もしもご希望とあらば)お一人様複数点のご購入も
可とさせていただきます。


*ブログのコメント欄への先着の方より順番に、
希望される原画のご購入者様とさせていただきます。
その際、コメントの着時間の表示がまったく同時刻でも、
コメント欄表示のいちばん下のほう(先着順)の
コードネームの方より、ご希望の作品を優先して決定とさせて
いただきます。こちらの点につきましても、どうぞ何卒
ご理解とご了承のほどを頂けますよう、宜しくお願いを申し上げます・・・・!


*sold outとなりましたら、
改めましてご購入者様のコードネームと作品名を
ブログ上にて発表させていただきます。
その際、ご返信用のメールアドレス(@鳩小屋)を公開いたしますので、
こちらのほうへ、折り返しのメールをお送りください。
こちらのメールへは、
「薔薇の名前 原画希望」等々の文言を(こちらも何となく判ればだいじょうぶです)
件名のほうに入れていただき、

☆ご本名とコードネーム
☆ご希望の作品番号と作品名
☆作品のお送り先のご住所とお電話番号
☆メールアドレス

・・・以上を、ご記入のうえお送りくださいませ。
折り返し、ご入金方法などをメールのご返信にてご連絡させていただきます。
なお、作品代金のお支払いは郵便振替の前払いにてお願いいたしておりますが、
その他の方法でのお振り込み方法をご希望の方はお書き添えください。
発送は簡易書留郵便にてお届けさせていただきます。

*全ての原画が発送され、お手元に無事届きました時点で、
ブログのコメント欄へいただきました投稿は念のため
すべて削除をさせていただきますことを、何卒ご了承くださいませ。


それでは、7月7日、七夕の夜21:00に
ご応募をお待ち申しあげております・・・・!












[PR]
by junekite | 2012-07-03 19:09 | 日々帖

菫色の霧 / "sumire assort" 2010

d0222386_12503428.jpg
d0222386_1250528.jpg

かわらず、ひきこもり生活です(泣)
桜の季節になったら、着付けもちょっと上達して、
鎌倉に住む友人を和装で訪ねて・・・なんて目論んでいたけれど、夢のまた夢!
けれども、花束のように咲きこぼれる菫の「ゆうぎり」の鉢を傍らに引き寄せて
朝のお茶を飲めば、今時分のおうちシゴトも悪くないなとしみじみ感じます。
(クーラーも暖房もつけずにシゴトができるのは快適です)
同じ鉢に、ちょっと見え辛いけれど(なぜか)濃い紫の菫も
いっしょに咲いてくれているという”お得”なひと鉢!:笑
(以下、同じようなスミレ写真ばかり続くけれど、スミレ親馬鹿と思ってお目こぼしくださいね!)
d0222386_1251715.jpg
d0222386_12511533.jpg

こちらは2010年製 「スミレ・アソート」 "sumire assort"
アリアケスミレなど、いろいろな菫の種類にメダイや検波器、小さな真空管などを
取り合わせてペンで描き、着彩したものを白い小函に納めて小品としました。
たくさん描いて、買っていただきました~。
(現在はお取り扱いしておりません。)
d0222386_12523290.jpg

d0222386_1252125.jpg

それにしても、昨年と似たような変わり映えのしないシャシンばかりなのに、
いくら撮っても飽きない・・・。(・・・やっぱり、親馬鹿過ぎ!?)
d0222386_12515057.jpg

蜂たちを誘導する”菫色の滑走路”も、くっきりと。「こちらですよ~!」
d0222386_12585380.jpg

はぁあ・・・・菫色の霧を深呼吸~。
(あっ、よくみたら今年もカタバミってますね:汗)

昨年の冬はちょっとお疲れ?で不発に終わった
オールドローズの粉粧楼も、ぐいぐい蕾をあげています!
窓越しに見える真新しい葉っぱがふさふさと風に揺れているのを見ると嬉しくなってしまう!
昨年はハダニー対策で出遅れたので、そろそろトウガラシエキス&ニームオイルで
予防の散布を。効き目、果たしてあるかなぁ?信じて、今日もシュカシュカと
スプレーし続けます~。











[PR]
by junekite | 2012-04-21 13:59 | 日々帖

カケスの羽根のマフラー、森のシュトーレン。(追記ありです。)


ブックファースト新宿店さま、12月18日(日)サイン会会場のための
青い水紋模様、カケスの羽根マフラー少年のエクス・リブリス型
greetingカードができました!
こちらの会場でだけのオリジナルなサプライズ企画のおしらせも、
オフィシャルサイト「鳩小屋通信」ブログにて更新。
詳しいご案内をご覧のうえ、ぜひともこれらをGetしてくださいませ・・・!
d0222386_13492022.jpg

追記: ブックファースト新宿店サイン会へお越しの方へのプレゼントのために
制作しました『結晶世界』のポストカードを、
京都 恵文社一乗寺店さん、大阪紀伊國屋梅田本店さんでの
サイン会へお越しいただいた方へも、プレゼントさせていただくことになりました!
どうぞ、ふるってお越しくださいませ!


いよいよ今週末から、
京都、大阪のみなさまのもとへ、新幹線に乗り会いにまいります!
(最近テレビに新幹線が出てくるのを見ると、なんだかワクワクしてしまう・・・!)
d0222386_13494392.jpg


美味しいシュトーレン、クリスマス当日までの毎日、少しづつ
うすーく切った濃厚な一切れをいただく楽しみができました。

京都 恵文社一乗寺店さんでの、
月兎社さんクリスマスフェアもみなさまどうぞお楽しみに・・・!
(わたしのイラスト集まわりのあれこれで多忙を極めていたKサマ、
ラストスパートがんばって~!)
d0222386_13493191.jpg


追伸:パラボリカ・ビスさん会場での、Mantamさん作の
オヴジェや、そのほかアンティークの調度品が売りに出ております!
すでに昨日、「青い菊」電球オヴジェがsold outになっているのをハッケン、
この機会に、気になるオヴジェがあったなぁ・・・と思っていらした方は、
チャンスをお見逃しなく!何度でもパラボリカへGo!(笑)


[PR]
by junekite | 2011-12-07 14:27 | 日々帖

典雅な靴  Etching of shoes.

d0222386_1446023.jpg

d0222386_14463121.jpg
d0222386_14465583.jpg
d0222386_14471783.jpg


パトン(オーバーシューズ)をつけたルイヒールと、
19世紀末の婦人靴。
制作時期・・・恐らく2000年以前?

エッチングのプレス機も、もう奥に仕舞い込んでしまって
銅版画を刷る機会もすっかりなくなってしまいましたが、
空気に秋の気配を感じる頃になると
薄くグランド剤をひいた銅板の表面に、よく研いだニードルの切っ先を
カリッと当てる、あの最初の感触は
やはりよかったなぁと、昔の作品を目にしたときなどに
ふと、思い出されるのです。

d0222386_14473845.jpg












[PR]
by junekite | 2011-10-16 15:12 | 作品アーカイヴス帖

Old etching prints. 8日 該当者さまの発表です。

Old etching prints  
該当者様とご注文作品の発表です。
             
遅くまでお付き合いくださり、たくさんのお申し込みをいただきまして
本当にありがとうございました!
             
          

020natsu様  A-4 「Evening in paris」
A-8 「Chinese tea cup/Blue calico」


ek4789様   A-3 「Evening in Paris」
A-7 「Chinese tea cup/Blue calico」
A-12 「glass Marble monochrome /monochrome 」


kasuga0503様 A-1 「Evening in Paris」
          A-10 「Glass Marble/ Blue Glass, orange ribbon core」


cutie☆様    A-6 「A Dancer / White shirt」  


kumanis様   A-5 「A Dancer / White shirt」


eavam様    A-9 「A small syringe」


at2357様   A-11 「Glass Marble. Green Glass/Blue and White core」


ハナコG様   A-2 「Evening in Paris 」



コメント欄でのご返信等々、遅くなってしまい申し訳ありません!
該当者様は、ご注文の内容に間違いがないかご確認いただきました上で、

折り返し、必ず非公開コメントにて
ご本名とハンドルネーム、
作品をお送りできる宛先(郵便番号もご明記ください。)
お電話番号
メールアドレス

をご記入のうえ、コメント欄のほうへお送りください。
折り返し、詳しいお取引の内容をご連絡させていただきます。
また、お取引終了後は安全上の理由により
こちらの返信コメントは削除をさせていただきます。

なお、コメントは承認制をとらせていただいておりますので
反映されるまでに少々お時間のかかる場合がございます。
なにとぞ、ご了承くださいませ。

それでは、ご返信のほうお待ち申し上げております。
どうぞよろしくお願い申し上げます・・・!



完売御礼、心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!

鳩山郁子拝。

[PR]
by junekite | 2011-09-08 23:05 | 日々帖

Old etching prints. Ⅱ   8日夜9時より、古いエッチング小品ご注文承ります 

※おかげさまで完売いたしました。ありがとうございました!
(スタート時間、操作ミスで3分ほど遅れてしまいました・・・申し訳ございません!)
d0222386_1536797.jpg

「Evening in paris 」 perfume bottle   アルシュ紙(140mm ×190mm)  

A-1 余白にシミが二点あります  sold out
d0222386_15362036.jpg


A-2 余白にちいさなシミ一点あります  sold out
d0222386_15363251.jpg


A-3  sold out
d0222386_15364888.jpg


A-4 アルシュ紙にちょっと皺が生じています。100円お値引き sold out
d0222386_1537046.jpg

ちょっとなみなみ。
d0222386_17183469.jpg


「A Dancer / White shirt」 (白いシャツの、背中にガラスの羽の生えたダンサーの少年) 

A-5  sold out 葉書大和紙、刷り色は両方とも黒インクになります。
d0222386_9263976.jpg

A-6  sold out
d0222386_9272188.jpg

d0222386_15372753.jpg


「Chinese tea cup / Blue calico」 A-7, A-8 sold out  
d0222386_1538983.jpg

d0222386_15382325.jpg


A-9 「A small syringe」 (小さな注射器) sold out
d0222386_15383526.jpg


A-10「Glass Marble / blue glass,orange ribbon core」 sold out
d0222386_15384754.jpg


A-11 「Glass Marble / green glass, blue & white core 」 sold out
d0222386_15411869.jpg


A-12 「Glass Marble/ monochrome(モノクローム)」  sold out
d0222386_1539683.jpg



*
エッチング小品をご希望の方は、
9月8日(木) 夜9時になりましたらコメント欄を開けますので、

ハンドルネーム(他の方と同じにならないようなハンドルネームのひと工夫をしていただけますと
          ありがたいです!)

ご希望の作品の番号とタイトル


このふたつを書いてコメント欄へお送りください。
コメント欄へ先着された方より順番に、ご希望の作品のご注文を承ります。

途中、ワタクシの事務処理能力が追いつかなくなった(!)場合など、
事前のおしらせをせずにコメント欄を閉じさせていただくことがあるかもしれません・・・。
なにとぞ、ご了承くださいませ~。


とりまとめをさせていただいたのち、該当者様のハンドルネームとご注文の作品を
ブログ上にて発表させていただきます。
該当者様は、内容に誤りがないかをご確認いただけましたら、コメント欄のほうへ

ハンドルネームとご本名
作品をお送りできる宛先ご住所(局番も明記でお願いいたします。)
お電話番号
メールアドレス


以上を、必ず非公開コメントの欄にチェックを入れてお送りください。
折り返し、詳しいお取引内容をメールにてお知らせいたします。

お支払いは、今回は郵便振替の前払いのみとなります。

ご本名やご住所、メールアドレスを記載いただきましたコメントは
安全上の理由により、お取引終了後に削除させていただきます。


それでは、今回は前回よりはしっかりできるよう(汗)
引き締めてまいりたいと思います!(笑)それでは、木曜日の夜9時(頃)に・・・・。
心より、お待ち申し上げております!

ハトヤマイクコ拝。













[PR]
by junekite | 2011-09-07 17:13 | 日々帖

Old etching prints.

d0222386_1945894.jpg
d0222386_1952383.jpg
d0222386_1954939.jpg
d0222386_1955924.jpg
d0222386_1961457.jpg
d0222386_1962884.jpg
d0222386_1965468.jpg
d0222386_19798.jpg
d0222386_1972448.jpg
d0222386_1974277.jpg
d0222386_1975375.jpg
d0222386_198815.jpg
d0222386_1982016.jpg



★たくさんのご予約をありがとうございました!
(急きょ、始まってしまって本当に慌ただしくて申し訳ありません・・・!)
ただいま整理しておりますので、いちどこちらのエントリーでのご予約のほうを
締め切らせていただきます。販売できる作品は、改めまして
後日アップさせていただきます。
また、該当者様のハンドルネームとご予約の作品をのちほど発表させて
いただきますのでしばらくお待ちくださいませ!
ではでは、またのちほど・・・!



先日見つけた古いエッチング作品、だいたいこんな雰囲気のものです。
こういうもの、まだ欲しい方いらっしゃるでしょうか?
価格は、だいたい高いもので(青い金魚のお茶碗、背中に硝子の羽の生えた
少年のダンサーなど)5500円、
価格の安いものでモノクロの三つのグラスマーブル、3800円や、
余白にシミのある手彩色のマーブルグラス、3000円などです。
一種類につき複数枚あるもの、今回は一枚だけピックアップしたものと色々です。

時計草のエクス・リブリスに制作年1997と書いてあるので、
だいたいどれも14年くらい前のものでしょうか。(愕然・・・!)
「刷り」だけしてあったストックに、後から手彩色を施した作品もあります。
(青い金魚のお茶碗、背景の淡い青などは最近の彩色です。)
大きさは、基本が葉書大で和紙やアルシュ紙に刷ってあります。


*
いろいろ、手探りしつつになりそうですので、
とりあえず、コメント欄を(初めて!)開けることにしました。
コメント欄については、本当にまったくの不慣れですので、
承認制とさせていただきますね。
鳩脳の処理を越えた何かが(??)発生したとき、前もってお知らせせずに
コメント欄をとじることがあるかもしれません・・・。
そのおりには、どうぞ何卒ご理解のほどを
よろしくお願い申し上げます!


ではでは、ひとまず・・・・!
なんだかドキドキしますね・・・!

d0222386_19241754.jpg








[PR]
by junekite | 2011-09-06 19:44 | 日々帖

緑の氷の星

d0222386_8354012.jpg

Green ice、緑の氷でできた七月の星々。
反り返って、丸まった花びらの先が尖ってしまうのは
連日の暑さのせい・・・?
d0222386_836117.jpg

d0222386_8361025.jpg

どちらかというと、
昔のデパートの贈答品についていたリボン飾りにそっくりな、
緑の星々たち。(笑)


*
”午睡”シリーズ、12日から@spangleでアップが始まります。
spoon.掲載記念(?)のささやかオマケ、お買い上げくださった方へ
差し上げます。(笑)
d0222386_8362223.jpg






[PR]
by junekite | 2011-07-09 09:38 | 薔薇帖

DAGUERREOTYPIST Limited Edition Postcard Set 2009

d0222386_2245377.jpg

「ダゲレオタイピスト ―銀板写真師―」は、
2007年に月兎社より限定BOX作品として発表、
2009年に青林工藝舎より単行本化された記念に、
カバーや奥付に使用したペン画イラストを版下に使用した
限定ポストカードセットを制作しました。

カバー絵と同じ主人公の少年の二つ折りカードは
銀の洋封筒をセットにしたグリーティングカードセット。

*
木の皮の箱に入ったブリキの玩具の兵隊と、
ダゲレオタイプの写真機、写真用飾り枠(フレーム)、鳩のモチーフ。
(共にポストカード)
d0222386_2246137.jpg

左側、ボルドー色の二つ折りカードには
単行本に加えた描き下ろし作品「The widow of fisherman can't stop
knitting.」に登場する古風な手芸道具、籠の中に毛糸玉を入れて
いつでも編み物ができるよう手首に下げておくための
ヤーンホルダーをモチーフに。共色の洋封筒をセットにしたグリーティングカードセット。
d0222386_22463899.jpg

右下、シルクハットと" Who killed CockRobin ?(誰が駒鳥殺したの?)"の
歌を載せた古い絵本。奥、黒地に銀のインクで翼の生えた砂時計に" LIVE TO DIE”の文字。
(共にポストカード)
d0222386_22465066.jpg

d0222386_23341072.jpg

奥の、飾り文字Dに眼鏡、駒鳥、鍵のモチーフを配置した
ブラウンの型押し模様のある紙のファイルの内側に、
当時最も普及したダゲレオタイプの手札版写真(カルト・ド・ヴィジート)サイズの
銀紙に登場人物の「銀板写真師」の横顔を直筆で描いたものを
一枚、フォト・コーナーで留めてポストカード四枚、
封筒付きグリーティングカード二セットと共におさめて
紺青のリボンをかけ、限定ポストカードセットとしました。
制作技法はプリントごっこ。
*
d0222386_2247273.jpg
d0222386_22473939.jpg


   その脆さと紫がかった金属光沢のために
   蝶の翅にも喩えられた銀の写真は、
   写真の歴史から永久にその姿を消し去った。

   (ダゲレオタイピスト  冒頭文より)




[PR]
by junekite | 2011-06-29 00:05 | 作品アーカイヴス帖