タグ:漫画 ( 31 ) タグの人気記事

《twitterアカウントロック解除されました》霧とリボン様企画展参加のお知らせです!

《緊急おしらせです→twitterロック解除されました。》
※ご心配お掛けいたしました、twitterのロックは7月3日朝に解除されました。
こちらの件につきまして、お知らせ拡散にお力添えくださいました皆様、
ご心配いただきました皆様、たいへんお騒がせをいたしました、
そして心強い励ましを本当にありがとうございました・・・!
サブアカウントをフォロー下さいました皆様、
念のためアカウントは残しておこうと思いますが、
フォローの解除/そのまま、いずれも皆様にお任せいたします。
以下のロック中のぼやき?記事も記録として残しておこうと思います~。

----------------------------------------------------------------------
7月1日の午後より、私のtwitterの本アカウントが
ロックされ、現在までログインできない状態が続いております。
解除の申請を行いましたが、解除までどのくらいの時間を
要するのか見込みの立たない状態です。
始めて遭遇する事態でいったいどのようなことになっているのか
見当もつかないのですが、私のほうより現在フォローくださっている
皆様をリムーブ、ブロックすることはございませんので、
(一時的にそのような状態になってしまうとの情報も・・・?)
事態が落ち着くまでの間しばらくご静観いただけましたらさいわいです。

検索してみますと、二日で解除されたという報告から
長い方で半月、数か月・・・?twitterの規約に反した使用の
自覚がないために本当になぜ突然こんなことに!と、
ちょっと動揺してしまっておりますが、
それと同時に、すっかりtwitterが自分の日常の一部に
なっていることを実感、いつものTLの皆さんの呟きがみられないのが
これほど寂しいものだとは・・!!
例えて言えば、自分だけがガラス張りの家の外側から
にぎやかなお部屋のようすを眺めて決して中に入れないような、
何とも言えない淋しい心地ですね・・・。(泣)

また、現在サブアカウントを作成してそちらも
稼働させておりますが、アイコンの画像が反映されず真っ白の
ままなので、なんだかあまり積極的にこちらでtweetしたい気分に
ならずこれまた困っております。以前使用していた画像を選択しても
ちっとも反映されないのでサイズの問題などではないようですが、
うーーん、全て静観するしかないのかしら。

また何かこの件に関しましてのお知らせのある際には
皆様のお力で拡散などをお願いさせていただくことが
あるかもしれません。
また、こんなブログを投稿した直後に
「解除のお知らせメールが届いた!」という事態の幕切れになれば
ホントによいのですが・・・というわけで、
取り急ぎ現状のお知らせまででした!

------------------------------------------------
d0222386_1640138.jpg

そんなアカウントロック祭り(?)のさなかにも、
愛書家のための小間物ブランド 霧とリボン』様による
告知を検索しますと、いよいよ9日から始まる
企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》にあわせ
直営SHOPより発売の新作のオリジナル・オーガニック紅茶
「モリアーティ・ロンドン」の素敵なブック型箱入り紅茶の
お披露目が・・・!(涙)皆様に向けてRTができないことの
なんとも悔しい、歯噛みするような思い・・・。
気を取り直しまして、
改めてこのたび参加させていただくはこびとなりました
企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》、
私は2011年に刊行されたイラスト集「リテレール」(飛鳥新社)より
「テンペスト」(2006年制作)、「彼方」「若きウェルテルの悩み」、
「結晶世界」(以上三点共2010年制作)出品&展示にて参加させて
いただきます。また、今企画展では「結晶世界」一点を抽選制にて販売いたします。
(他の作品は非売)お申込みは会期中、店頭にて受付けいたします。

◆ 額装原画作品「結晶世界」販売方法について追記です。

霧とリボン様ブログにて販売方法詳細のご案内が発表されました。
d0222386_1785950.jpg

「結晶世界」は、イラスト集収録作の中でも
刊行サイン会のおりにスーベニールのポストカードにもなった人気の作品。
主宰のミストレス・ノール様が、この「結晶世界」も含めイラスト集より
お選びくださいました四点の作品を、旧作ばかりではありますが
モーヴ色のかぐわしい小部屋においてはこれまでとは又異なる「化学変化」の妙を
呼び醒ますことは必至。ぜひお越しのうえ、ごゆっくりとご高覧くださいませ。
また、会場ではイラスト集「リテレール」収録作より選んだテーマを
描きいれたサインイラスト本の特別版を限定十冊、
販売いたします。このなかに、あなたのお気に入りの一冊が
含まれていますように!
d0222386_16464694.jpg

ほんの一部だけお披露目。
[こちらの直筆イラスト・サイン入り「リテレール」の販売方法につきまして、
また追ってお知らせがあることと思います。霧とリボン様よりの
インフォメーションも含めまして詳細お待ちくださいませ。]

◆販売方法について追記です。
霧とリボン様ブログより、詳細のご案内をご覧ください。

イラスト集リテレール(直筆イラスト・サイン入り)の
販売方法は抽選制となります。*先着順ではありません。
お申込み方法は「霧とリボン 直営SHOP店頭のみで受付、
おひとり様一回限りとさせていただきます。限定10冊、おひとり様一冊限り。

[書籍本体を美しい状態でお届けしたいため、直筆イラストは店頭では
ご高覧いただくことができません。サプライズとしてお楽しみ頂けましたら
幸いです。店頭見本として一冊、閲覧できる『リテレール(直筆イラスト・サイン入り)』を
ご用意しております。(販売分とは別途)]

詳しくは霧とリボン様のブログをご参照ください。
*
d0222386_16145991.jpg

企画展《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年》
会場 『愛書家のための小間物ブランド 霧とリボン』直営SHOP
date 7月9日(土)~7月18日(月・祝)※火休
time 13:30~19:30
詳細は「霧とリボン」様ウェブサイトよりご覧ください。


"菫色"という色彩、世界観を
様々な角度から追及する
展覧会の第一弾
11組の作家が描く
菫的”不良少年が
菫色の小部屋に舞い降ります
絵画、イラスト、写真
オブジェ、カリグラフィ
コラージュ、キャンドル
服飾などで紡ぐ美術展
それぞれの実験の成果を
ぜひご高覧ください

   (《菫色の実験室 VOL.1 菫色×不良少年 DMより抜粋》


*
もちろん、WEB連載のつづきを描き下しての
寝台鳩舎 The Dovecote Express.」も、絶賛ペン入れ中!
現在一話目のみ無料公開中です。未読の方はぜひご一読くださいませ。
本格的な暑さの時期に突入するまえに、少しでも描き進めておくべく
こちらもがんばっております、私もはやく紙媒体で読みたい・・・・!
d0222386_1814191.jpg

(↑こちらは着彩前のモノクロバージョン。)

それでは、慌ただしいお知らせではありますが、
みなさまにとってこの七月の一か月も、すばらしい季節となりますように・・・!
(また本アカウントでもお会いできる日を祈りつつ・・!)
d0222386_17431965.jpg

ハトヤマイクコ拝。
*
[PR]
by junekite | 2016-07-02 16:04 | 日々帖

桜が咲くまでの日々。

いち早いお知らせはこちらから。  ★twitter
d0222386_213980.jpg

住宅街や街中を歩くと、
思いがけず桜の花吹雪に出会うことの多いこの頃です。
風に舞い散る花弁の中に身を置いてみたくて、つい
駆け寄って足を止めてしまいます。そんな桜の木の足元では
淡い色、濃い紫、さまざまな色合いの菫も咲くようになりました。
ひさびさのブログ更新は、やはりこのタイミング、
今年の桜のおもいでをまとめて。
咲き始めから花吹雪のおわりの頃まで
幾度かの雨に遭いながら、気を揉んだよりもずっと長く
咲いてくれていたように思います。
d0222386_214082.jpg

d0222386_2143147.jpg

d0222386_2144791.jpg
d0222386_215639.jpg
d0222386_2152310.jpg
d0222386_2153554.jpg
d0222386_2155216.jpg

今年のお花見には魔法瓶に熱湯を入れて、抹茶と茶筅、
イギリスの古い取っ手無しのスポードのカップを持参して、
緋毛氈ならぬビニールシートの上でお点前遊びを強行。
お茶菓はもちろん、まだ大事に冷蔵庫にとっておいた最後の「霜ばしら」!
*

年明けからずっとこのかた、単行本化に向けて
WEBでの連載が終了した新作漫画「寝台鳩舎」のその後の
ネームと下描きに没入する日々です。
そう、今もってネーム(下描き)の作業中なのです。
ページ数のほうも、やはりというか、予想はしていたものの
当初考えていたよりもずっとボリューム過多になりそうです。

ついに桜が咲き、散ってゆく時期に差し掛かりましたが
「書く(描く)」という姿勢についてこの数か月ほど
考えたり、意識したことはこれまでなかったかもしれません。
するすると調子よく書き進められることは”まれ”で、
あるコマからピタリと先が全く描けなくなり、
七転八倒しても気分転換を図っても、次に描くべき言葉や画が
全く思い浮かばないか、考えを巡らし過ぎて訳が分からなくなって
そのたびに、まるで小さなティースプーンひとつで終わりのない
トンネル掘りをしているような、先の見えない気分に陥ります。

一日の終わりに原稿用紙の真っ黒な消しゴムの擦り痕以外
なにも残せず、それがいよいよ五日も六日も続くように
なると、しらしらと夜が明け始めて諦めてベッドに入る頃には
今日も一日を無為に過ごした、何も生み出さなかった・・・という
虚しさに苛まれ、そんなときは翌日の目覚めもよろしくありません。
ものを作る方、書く(描く)方は、どんな方でも
きっと似たことが必ずあるかと思いますが・・・。

「今日も一日、一コマも進めることができなかった・・・」と、
”日割り”で成果を計るのは、書き(描き)手としての
自分への信頼度がまだまだだということかもしれません。
例えその日、1コマも進められなかったとしても
もしも本当に自分が作品のことを心から離さず、生活の中心に据え、
いつも密接に引き寄せておいて、
そのうえで”その日のうちには何も考え付くことがなかった”のなら、
それはもう仕方がないと、無為とも思えるそういった時間の堆積を
引き受けてこそ、ほんとうの書き(描き)手なのかもしれないと
そんなふうに考えるようになりました。
「寝台鳩舎」のその後を考えながら、同時に
この数か月は「書く(描く)」ということについても、
思いをめぐらした期間ではありました。
そのように意識したとしても、やっぱり思ったように捗るわけでは
ないのですが・・・。(焦)


先頃見たジョルジョ・モランディの絵の、光や色や構成の生み出す
たえまない変奏のゆらぎと桜の季節が一緒なのは心地よかったです。
自分の今の気分と合っていたのかもしれません。
ひさびさにブログを更新しようかなぁと思える気分になったのも、
そんな気分の変わり目があったかもしれません。
(これを書いていたのが新月の日だったからかも・・・。惑星の影響スゴイね!)
本当は残りの作業の膨大さを思うと、なかなか身の引き締まる
思いは変わらないのですが、少しだけ自分の中の風とおしが
よくなったかなという気がします。
というわけで、「紙媒体になるまで読まない!」と
宣言してくださっている(!)複数読者様のためにも、もちろん
WEB公開を通読してくださり、最終話の続きを楽しみにお待ちくださっている
読者の皆様のためにも、最速・最善でよきものをお届けできるよう
頑張ってまいる所存であります。引き続き、お見守りいただけましたら
さいわいです。どうぞ、よろしくお願いいたします~!(´∀`)

*
さてさて、そんな中、
来月の上旬には素敵な企画展が開催されます!
拙著「ダゲレオタイピスト」(青林工藝舎)を題材に、
「白いバラの咲く頃に。~ダゲレオタイピストに捧ぐオマージュ展」が
六名の素敵な作家様のご参加により開催されることになりました。
会期は、5/6(金)~5/9(月)まで。
詳しくは、会場のGALLERY-SAGA様のブログをご覧ください。(地図も掲載されています)
★GALLERY-SAGA
ご参加くださる作家様、および出張店舗様は
孔雀洞雑貨舗様、スパン社様、Radiostar様、ゆうき蜜子様、
antique LECURIO様。そして本企画を立ち上げ、
作家様としてもご参加くださいますのは、GALLERY-SAGAの年代物の大金庫に
博物館のようにひっそりと息づくMaison de Kの管理人にして
自身のブランド「Kplusoi.(ケイプリュゾワ)」では
自然科学にヒントを得た、モードな一点物の”オブジェクサリ”を
制作される作家のKoto.様。
ギャラリー内では、私ハトヤマイクコのサインいり著作本ほか
取り揃えております通称「ハト棚」も、じゅうじつの在庫内容で
皆様をお待ちいたしております!
ダゲレオタイピスト展では私もささやかな小品を出品したいと
思っておりますので、またtwitterなどでチェックのほどをよろしくお願いいたします。

おりしも五月のはじめ、GALLERY-SAGAの外壁をつたう
白い蔓薔薇が咲き誇る季節。四日間だけの、銀板写真のおもてのように儚く静謐な
初夏の時間を、どうぞみなさまお楽しみくださいますように。
心より、お越しをお待ち申し上げております。

*
追伸!先日は、ずっと憧れておりましたさる方よりの
うれしいお申し出をいただき、同じく憧れていたその方の
つくりだす空間へ、はじめて訪れることが叶いました。
きっと、心躍る計画も先々、少しずつではありますが
お伝えできることになるかと思います。
どうぞ、お楽しみにお待ちください・・・!

春から初夏への、このさわやかな季節が
皆様にとってすばらしい時となりますように。
次回、またお会いできる日まで・・・オールヴォワール!
d0222386_2348329.jpg



ハトヤマイクコ拝













[PR]
by junekite | 2016-04-08 01:05 | 日々帖

新作漫画「寝台鳩舎」-The Dovecote Express-、WEBコミックで無料公開中!

いちはやいお知らせはtwitterから!
d0222386_17161688.jpg

【移動鳩】いどう・ばと
「移動鳩」は、古来よりよく知られる
片道通信の伝書鳩とは異なる。
近代の戦争の前線における使役のために
「自分たちのねぐら(鳩舎)は常に移動するのだ)という
観念を特殊な訓練により
与えられた鳩たちであり、
戦時下の上空に
新たな移動通信の軌跡を描いたのは、
この「移動鳩」たちに他ならないのだ。
・・・・


たいへんお待たせいたしました!
前作「エルネストの鳩舎」(2013年青林工藝舎刊)より二年ぶりの
新作漫画、「寝台鳩舎」-The Dovecote Express-の連載が
ついにスタートします。
WEBコミック「ぽこぽこ」で、最終話を除く全てのエピソードを
無料で購読いただくことができます。
更新は毎月18日。予定では、Vol.1~Vol.4までを公開予定、
ウェブ公開終了後は最終話と描き下ろしを加え
紙媒体で刊行、発売される予定です。
d0222386_17231987.jpg

WEBで公開された暁には、あんなことやこんなこと、
いろいろ今回の作品にまつわることを呟いたり
ブログで書いたりしよう、と思っていたことなども
あまりにもこの作品にかかわる時間が長くなり過ぎて、
いざ公開のこの時となると何も考えられず・・・。
ただただ、この作品が果たして読者の皆様に
楽しんでいただけるものになるかどうか、そのことだけで
頭の中が占められております。

WEBで漫画を公開、連載というスタイルも
初めてのことですので、今は自分がこのスタイルについてゆくのに
精一杯、多分「紙」に印刷されたときに、ようやく実感が伴ってくるのかも・・・。
まだまだ先は長いですので、
目標となる紙媒体の出版の日までは頑張って
少しでも精度の高い仕上がりを心掛けて執筆してまいりたいと
思っております。

鳩山郁子拝

追記:寝台鳩舎」作中に登場するジョゼフ・コーネルの作品模写について
著作権の使用許諾につきましてはブログ内のこちらの記事をご一読下さい。
d0222386_17233282.jpg











[PR]
by junekite | 2015-09-18 18:03 | 日々帖

漫画「寝台鳩舎」作中に登場するジョゼフ・コーネル作品模写の著作権使用許諾について

◆新作漫画「寝台鳩舎」("The Dovecote Express.")内にて
イメージとして登場する美術家ジョゼフ・コーネルによる立体作品
”「無題」(鳩小屋:アメリカーナ) Untitled(Dovecote:Americana)”ほかの
該当する模写・描写の箇所の著作権使用について
日本美術著作権協会を介し申請、コーネルの著作権管理団体である
THE JOSEPH AND ROBERT CORNELL MEMORIAL FOUNDATIONより
許諾を受けておりますことをご報告いたします。

また、新作漫画「寝台鳩舎」("The Dovecote Express.")には
「鳩小屋:アメリカーナ」の作品のイメージとしての模写・描写、
(加えてコーネルの俤を借りた人物)が登場しますが、
これらは物語の表現のための独自の解釈による架空の設定であり
ジョゼフ・コーネルの作品の制作意図(および作者本人)とは異なるものであることを
ここに付け加えて明記いたします。

d0222386_1450429.jpg

◆[Joseph Cornell ジョゼフ・コーネル、1903年12月24日- 1972年12月29日]
コラージュや前衛的な実験映画を発表するほか、
代表作は身の回りにあるお気に入りのもの(貝殻や陶製のパイプ、コルク玉、
金属製の輪など)を寄せ集め、積み上げ、貼り付け、構築して作りあげた
詩的な小宇宙とも呼ぶべき「箱」の作品である。
”「無題」(鳩小屋:アメリカーナ) Untitled(Dovecote:Americana)”について
制作年1950年代初め、
大きさ33.9cm×19.5cm×10.0cm
白く塗られた内部、24個の丸穴の開いた板がある。
その内部は6層に区切られ、青色の小球が転がるのが見え隠れする。
硝子の周縁部は半透明に塗られており、周囲の木枠部分にはラテン語の
本のページが貼られ、緑に着色されている。
裏面は英語で書かれた星表。

d0222386_1550596.jpg


「寝台鳩舎("The Dovecote Express.")は
ウェブマンガ連載サイトにて9月18日より連載開始、一か月毎に更新の予定です。
ウェブ掲載後、描き下ろしを加筆した後単行本として刊行される予定です。
詳細は公式の告知開始までお待ちください。

いち早い告知・お知らせはtwitterから。
d0222386_13384320.jpg


(「鳩小屋:アメリカーナ」を所蔵する千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館
庭園の白鳥たち。ロマンティックバレエのイメージを愛したコーネルの、
箱に嵌めた青いガラスの向うに白鳥の湖のおもかげを閉じ込めた作品を
思い起させるこの美術館は、他にもコラージュ等多数のコーネル作品を所蔵する。
コーネルの作品の数々にとって終の棲家にふさわしい、有数のうつくしい場所。)
[PR]
by junekite | 2015-09-10 14:20 | 日々帖

☆彡オフィシャルブログ「鳩小屋通信」更新しました!

★twitterはこちらから!
d0222386_16381021.jpg

★オフィシャルブログ「鳩小屋通信」、更新です。先日紀伊國屋書店新宿本店イベントスペース内で
開催された「スパングル[新装版]」サイン会について書きました。
★オフィシャルブログ内単行本リストに「スパングル[新装版]」を加えました。
d0222386_1642813.jpg

d0222386_16422560.jpg

あたらしい風切りは、「ゼブラ自転車」のもの。
初代風切りをくださった方からの、思いがけない贈り物!




[PR]
by junekite | 2015-05-11 16:42

☆彡「スパングル[新装版]」発売です!☆彡

★いち早い情報はこちらtwitterから!
d0222386_1117872.jpg


お待たせいたしました!
「スパングル[新装版]」、ついに発売です!
(amazon購入ページはこちら。)
1993年の初版、2004年の改訂版、そして
今回2015年の新装版と、スパングルはおかげさまで
三度の改訂を経た最新版を無事皆様のお手元へお届けすることが叶いました。
スパングルの復刊を望んで下さった全ての読者の方々、
ミカセに引き続き拙著を復刻刊行して下さった
復刊ドットコム様、初版からずっと装丁を手掛けて下さった
デザイナーの坂本志保さま、スパングルをはじめに世に出して下さった
青林工藝舎様へ、
この場を借りまして、心よりの御礼を申し上げます。
本当に、ありがとうございました。
末永く、三冊目のスパングルも
読者の皆様の元でご愛読されますことを、心より祈りつつ・・・。
d0222386_11172234.jpg


さてさて、twitterでは先んじてお知らせをいたしておりましたが、
「スパングル[新装版]」の刊行を記念して、
紀伊國屋書店新宿本店さんにて刊行記念サイン会が5月9日(土)に開かれます!
詳細、お申込みはこちらをご一読ください。
当日サイン会へご参加下さる方へは、限定おみやげをご用意いたしております。
今回は、復刊ドットコムさんが販促用のPOPをポストカードにしたスーベニールを
ご用意くださいます!その、今回の販促用のPOPはこちら。
d0222386_1138696.jpg

こちらがそのままポストカードになる予定です、楽しみですね!
紀伊國屋書店、別館2階コミック売り場 エスカレーター横ショーケースでは、
「スパングル[新装版]」のカラー表紙を含めたポストカード用原画や
原稿数点を展示中です!こちらは期間は5月13日まで。
サイン会へお越しの際は、ぜひこちらもご覧になってみてくださいね。
とても素敵にディスプレイして下さっております。感激!
新緑の五月の土曜日、ぜひふるってサイン会のほうへ
ご参加くださいませ。皆様にお会いできますのを、心より楽しみに
いたしております・・・!新年のお茶会のときよりも、
五月らしい夏帽子のいでたちで参る予定~。

こちらは復刊ドットコムでご予約下さった方への限定ポストカード。
d0222386_1117343.jpg

そして、抽選の色紙プレゼント(三名様ぶん)はこちら!
当選された方、おめでとうございます!流れ星の余白のところに
お宛名を書き入れてお届けいたしますね。
d0222386_1328417.jpg

色紙絵の使用画材はPILOTのHI-TEC-C、0.4ミリ。
コピックなどの画材を持っていないので、着彩は今回も不透明水彩(グワッシュ)。
d0222386_13291021.jpg

こちらも抽選用、サイン本50冊ぶんのイラストサインをおひろめ!
今回はスパングル・バレエな坊ちゃん。
表情や金彩の入り方はこのとおりに全く同じではありません、
お手元に届いたイラストサインのそれぞれの違いをお楽しみ頂けましたら
さいわいです!
d0222386_11493070.jpg

スパングル新装版をお求めくださった全ての方へ、
ほんとうに心からの御礼を申し上げます!
いましばらく「スパングル祭り」、皆様と共に盛り上がって参りたく・・・!
新緑の季節、ともにお付き合いのほどをよろしくお願い申し上げます!


そして、すっかり葉桜となった染井吉野ですが、
今年のお花見、皆様は楽しまれましたか?
桜の季節は咲き始めから桜吹雪のおしまいまで、
ほぼ毎日、どこかしら桜を求めて出歩いていたように思います。
年々、惜しむ様に桜の花を求める気持ちが
強くなってきているように感じます。
それほど遠くまでは出かけません。
小さな魔法瓶にミルクティーを沸かして急いで詰めて、
ふらりと数時間、見にゆくだけでしあわせ。
心残りは、今年は夜桜が見られなかったことくらい。
ipad miniに保存した桜の花筏やきらきらと風に舞い散るようすを
仕事の合間に眺めては、何だかすでに懐かしいような
不思議な心持ちに浸っております。

d0222386_12315680.jpg

d0222386_12323439.jpg

d0222386_12325482.jpg

d0222386_12334635.jpg

d0222386_12331360.jpg

桜いろの毛布のように降り積もった花びら、こちらは神田川。
以前から気になっていた川辺の散歩道沿いにある創業大正三年の老舗
寒天工房 讃岐屋さんで、
桜の季節限定の「桜あんみつ」を外の緋毛氈で頂いて一休み。桜餡と黒蜜でますます
桜チャージ値増幅!住宅街の並びにある、ほんとうにこじんまりとした川沿いの間口から入る
魅力的な佇まいの寒天屋さんです。また散歩のときには立ち寄ってみたいお店です。

そして数日前。季節はすっかり八重桜の頃に。
d0222386_1234577.jpg

牡丹も、藤も、躑躅もそろそろ見頃ですね。
そして、五月の薔薇と続き・・・
沢山、初夏の緑や花々に会いに出掛けられたらよいなと思います。
しかし、描きおろしが・・・!
スパングルでしばらく手を離れていた新作のほうも、
このところ再び集中し直しております。
こちらも早くお披露目できるように頑張ります。

皆様もどうぞ、よい新緑の季節をお楽しみください・・・!









[PR]
by junekite | 2015-04-21 11:58 | 日々帖

☆彡『スパングル 新装版』刊行秒読み!Q&A方式コーナーまとめです☆彡

いちはやい情報はこちらtwitterから!→
d0222386_19214886.jpg


「Spangle スパングル」・・・【名詞】【可算名詞】
           1・スパンコール《ぴかぴか光る金属・すず箔で、芝居の衣装などに
           付ける》2・ぴかぴか光るもの《星・露・雲母など》

さぁ、いよいよ『スパングル[新装版]』の刊行が、来月中旬に迫ってまいりました!
今回は、単行本「スパングル」についての皆様からのギモン質問とりまとめを
Q&A方式にてアップいたしましたので、スパングルをすでにお持ちの方も、
”そんな本、初めて知ったわ!”という方もぜひこの機会にご一読を・・・!
d0222386_19343930.jpg

ではではさっそく、いってみましょう!

Q: 『スパングル[新装版]』は、一般の書店でも手に入りますか?

A: ご安心ください!普通の書籍と同じですので書店やamazonでも購入することができます。


Q: それでは、復刊ドットコムのサイトでの購入と普通の書店での購入と、違う点は?

A: 復刊ドットコムでご購入いただきますと、以下のようなオリジナルのさまざまな特典が
   つきます!お楽しみ要素満載です。こちらもぜひご検討くださいませ。
  
1.予約者全員特典… 描き下ろしイラスト入りポストカードをプレゼント
2.抽選特典… 抽選で50名様に、鳩山郁子直筆サイン入りにて本書をお届けいたします。
3.抽選特典… 抽選で3名様に、当選者のお名前入りで描き下ろしイラスト付きサイン色紙を
 プレゼント いたします。

復刊ドットコム 特典つきのご予約・ご注文ページはこちらから!→


Q: 『スパングル[新装版]』と、これまでの「スパングル」二冊の違いは?


A: 大きく違うのは、未収録の初期作品「MIDORI」と、「ATELIER アトリエ」の
  ふたつが収録されることです。「MIDORI」ActⅠ、Ⅱ、Ⅲはガロ誌掲載の
  初期作品で、あまりにも現在と作風が異なり”電波な”ためにこれまで単行本の
  収録を幾度となく見送って(封印して)きた作品ですが、実は当時さる人気漫画家の
  方からこの作品について驚きのラブコールが・・・!(と、この先は描き下ろしのイラスト
  エッセイ中に詳しく書いておりますのでそちらを是非ご一読を!ゲフンゲフン。)
  
  「ATELIER アトリエ」は著者が16才のときの投稿デビュー作で、原稿・掲載誌共に
  紛失のため、古本での掲載誌を編集部で入手、レストアしてこのたび収録できる運びと
  なりました。
  みっしり書いたイラストエッセイでそのあたりのことも振り返っておりますので
  同年代の方には懐かしい内容かも。そして、じつは今回新たに描き下した
  ミニ作品も・・・。その一部を、コッソリ公開しますね。
  
d0222386_19501556.jpg


 
Q: レアな初期作品がふたつあらたに収録、そのほかにことなる点は?

A: まだあります!巻頭「星的、菫的」の二色指定の色も変更になります。
   こちらは、当初初版のグリーンがかった青に戻す進行だったのですが、やはりこれまでとは
   違う点をひとつでも多く打ち出したいと思い、間際でガラリと色味を変更することに
   しました。どんな指定色になったかは、お手に取ってからのお楽しみです!

それから、これまでの二回の版では削除されていた多くの作品のラストにあった
   手書きによる「End」や「Fin」などの書き文字が今回の新装版で復活します!

そしてもうひとつ、じつはタイトルをひそかに訂正したものがあります。
  「青く染られた青のなかに」 、これを「青く塗られた青のなかに」と
   訂正、変更いたしました。ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
  これはジョゼフ・コーネルのコラージュ作品のタイトルを引用したものです。
  ・・・当時の自分がダイレクトにおなじ題名をつけることを回避しようとする意図で
  (愚)策を弄したつもりで「塗られた」を「染(め)られた」としたのか、それとも
   単なる間違いだったのか・・・?にしても送り仮名に誤りがあるわで、
   なぜ前回の改訂のときにきちんと見なかったのだろうと呆れるばかりです・・・。


Q:  今回はサイン会はありますか?

A:  はい、今回は書店さんでのサイン会を予定いたしております。
   詳細が決まり次第また告知いたしますね。ぜひぜひ、お気軽にいらしてくださいませ!
   鳩の手羽先のぼくと握手!

d0222386_20205742.jpg

   
『スパングル[新装版]』

目次

*「星的、菫的」    『ガロ』1991年12月号(青林堂)

*「青く塗られた青のなかに」 描きおろし 1993年 

*「銀輪の心臓」    『ガロ』1988年8月号(青林堂)

*「緑陰の幕間から」 『ガロ』1992年7月号(青林堂)

*「孔雀料理」 『ガロ』1991年4月号(青林堂)

*「水琴滴」 『ガロ』1993年2-3月合併号(青林堂)

*「エレクトリックローズ」 『COMICBOX』1987年10月号(ふゅーじょんぷろだくと) 

*「Limonea Act Ⅰ」 『ガロ』1991年6月号(青林堂)

*「Limonea Act Ⅱ」 『ガロ』1991年7月号(青林堂)

*「リチア電気石譜」 ※改訂版には上記収録作のほか下二作品を加える

*「卓上噴水」  『ガロ』1992年2-3月合併号(青林堂)

*「音楽」 『COMICBOX』1988年1月号(ふゅーじょんぷろだくと)

*「セルリアン・ベルテ」 『ガロ』1988年9月号(青林堂)

*「薄荷の諧楽」  『ガロ』1988年10月号(青林堂)

*「MIDORI」ActⅠ、ActⅡ、ActⅢ 『ガロ』(青林堂)

*「ATELIER 」 『小説JUNE』(サン出版)

*「The Curtain Fall.」(描きおろし)


1993年版「スパングル」(青林堂刊)
d0222386_19301189.jpg

2004年版「スパングル《改訂版》」(青林工藝舎)
d0222386_19302419.jpg


・・・というわけで、大ボリュームのページ数、そしてレア度ともに
あらたな見どころを満載した新生「スパングル」となること請け合いです!
どうぞ、お楽しみにお待ちください・・・!

☆彡
(ひさびさにブログをみっちり更新しようと張り切っていたら、
一度”完璧!!”につくりあげた(と思った)下書きが、管理画面の一瞬の不具合で
パァになってしまい頭が真っ白。そこからここまでこぎつけたので何か大事なポイントを
書き忘れているような気がする・・・。気が付いたらまた更新orツイッターで呟きますね。
またパァになると怖いから急いでアップします。もー。)
d0222386_20512637.jpg

今日の桜。ほんとうに、あともう少しね。







[PR]
by junekite | 2015-03-22 20:35

鳩小屋通信更新です。そして、今年もありがとうございました・・・!

年の瀬も押し迫ってまいりましたが、まず始めに・・・
オフィシャルBlog「鳩小屋通信」を更新いたしました。
今年の夏、「新装版 ミカセ」刊行に際し
書店様掲示用に描いた色紙について、皆様へご報告、そしてお詫びがございます。
2014年の最後にこのような内容の更新を行わなくてはならないことが
心から残念でならないのですが、ご一読頂けましたらと存じます。

オフィシャルブログ Ikuko Hatoyama「鳩小屋通信」→こちら


今月12月9日からスタートした大阪の書肆アラビクさんでの
企画展"La chambre insolite"、29日にてついに会期終了となります。
旅立ってゆく小さき靴たち、そして刺繍した心臓のファンディー・チュンの絵は
後日改めてブログのほうにアップいたしますね。お待ちください!
d0222386_2331949.jpg

たくさんの方に足をお運びいただき、作品のみならず、
あんなに納品したサイン本も完売とのご報告を受けたときの
喜びたるや・・・。お越しくださいました皆様方、アラビク店主森内様、
お声掛けくださいました山本じん様。ありがとうございました、
心からの御礼を申し上げます・・・!

さて、2014年をちょこっと振り返ってみますと、
何といっても、今年は十年ぶりに復刊を遂げた
「新装版 ミカセ」刊行!うれしい一年でした。
d0222386_23322226.jpg

まさか、あんなに多くの方がGlass Insulatorの現物を
集めていらっしゃったとは!(笑)そんな驚きの事実を知ることが
できたり、いちはやくさまざまな活動のお知らせをお伝えすることが
できるようになったのも、忘れもしない五月の末頃
初期作品「緑郎丸」の太田出版さん読み切り電子版の宣伝告知のため
twitterの世界に飛び込んだおかげ。
これは、ワタシにとってはかなり大きな2014年の出来事でした!
来年もみなさん、あちらのほうでもどうぞよろしくね。

来年こそは、今手掛けている途中の中長編を
ホントにいよいよ仕上げなくては・・・・!!
そして、それと同時にまたまた、別の計画も
早くも控えているのです。準備待ったなし!
お正月は、はやめにシゴトに戻らなくちゃね。
d0222386_23432821.jpg


今年も、たくさんの応援と励ましをありがとうございました。
どうか、来年が皆様にとって
素晴らしい、格別の年となりますように・・・!
2015年に向けて。
また来年、お会いいたしましょう!


鳩山郁子
twitterはこちら













[PR]
by junekite | 2014-12-29 01:27 | 日々帖

☆書肆アラビク企画展 Lotus Shoe抽選販売ご案内ほかおしらせいろいろです!

燃える!12月です。
来年のこと含め、急にバタバタしてまいりました!
まずはとりいそぎのご案内を…。
b0218369_16141738.jpg


はじめに、いよいよ12月11日より
大阪の書肆アラビクさんにて
12月企画展” La chambre insolite ”が始まります!
私は、四つ切の額のサイズの鉛筆画一点と、Lotus Shoe No.1~No.5を
出品いたします。
b0218369_16145395.jpg
 
こちらの靴はNo.5。
纏足靴の小品に関しまして、すでにお問い合わせを何件か
いただいておりますとのこと、ほんとうに嬉しい限りです!
Lotus Shoe五点の作品は、抽選による販売方式となります。
抽選要項は、

1)12月11日(木)、12(金)のいずれかの日のアラビク営業時間中に抽選券を配布します

2)日曜日に当ブログで抽選番号の発表

3)展覧会終了後、作品の引渡し

です。抽選は店頭のみで受け付けます。

詳細はこちら、アラビク様のブログをご一読ください。
*
Lotus Shoeの作品だけ、これまでお披露目いたしておりましたが
拙纏足作品には欠かせない登場人物を描いた作品も出品いたしております。
刺繍を施した小さな靴でかたち作られた心臓と、そこから血脈のように伸びる
蔓薔薇の花開く庭。
b0218369_1615713.jpg

「The Garden of Embroiderd Heart.」部分です。
鉛筆画に、はじめて水性のカラーインクを用いました。
これまでカラーインクは作品の主線に使う耐水性のものしか使用したことが
なかったため、水性インクを作品に用いたのは、今回がほとんど初めてです。

*
アラビク様では、企画展の初日より
サインいり単行本も大量にお取扱いスタートの予定です!
同じ単行本でも、イラストサインのヴァリエーションを少しずつ変えて
遊んでみましたので、ぜひお好みの一冊をゲットしてくださいね。
サイン本の種類は、 今夏に復刊ドットコムより刊行されたばかりの「新装版ミカセ」、
青林工藝舎さんより「ダゲレオタイピスト」「シューメイカー」「カストラチュラ」
「エルネストの鳩舎」。中でも、今回の企画展のワタシの出品作とも呼応した
シューメイカー、こちらはtwitterでもちょっと呟きましたが
版元さんのほうでの在庫もそろそろ少な目ということもありまして、
一度在庫切れになりますと昨今再版までにかなり遠い道のりとなりますため
お手元に置いておきたい一冊がもし見つかりましたら、
ぜひとも今機会をご利用くださいませ・・!

「シューメイカー」は、いわばカストラチュラの続編にして番外編。
80'sのロンドンを舞台に去勢歌手シャーロット・リンと解剖学の天使ファンディー・チュンが、
モヒカンヘッドの靴職人ディックを巻き込んでの跳躍跋扈(?)、
そのほかに王朝崩壊後の去勢歌手シャーロット・リンが収容された強制労働キャンプでの
事件を描いた「滴翠珠」、遠い異国の地のパサージュで蘇りを果たした「あの」二人、と
時系列無視(?)の、薔薇色静脈の絶え間ない流動に彩られた一冊となっております。
アラビク店主様がブログ中にシューメイカーについて書いてくださいましたので、
ぜひそちらもご覧くださいね。
*

会場ではサイン本のほか、太田出版「ゆきしろ、ばらべに」刊行記念に
制作した、ポストカード三枚セットもお求めいただけます。
こちらは、今はもうなき「プリントごっこ」で制作した手刷りのカード。
ラッピングも、すべて著者によるハンドメイドです。
b0218369_16154516.jpg
b0218369_1616069.jpg

上より、「ばらべにちゃん、熊をてなづける」、「ウルリッヒ王子の変容」に加え
うたたねする「ゆきしろ」ちゃんのカードを加えた三枚セットで販売します。
会場にて、サンプルをご覧くださいね。
*

書肆アラビク 12月企画展” La chambre insolite ”
 出展作家 Aisa(アクセサリー)
      寺田楓(絵画)
      鳩山郁子(絵画)
      森馨(人形)
      山本じん(絵画・人形)
 
 会期   2014年12月11日(木)~29日(月)
      午後13:30-21:00
      (水曜定休・日曜日は午後20:00まで)

 会場   〒530-0016 
      大阪市北区中崎3-2-14 アラビク
      t/f 06-7500-5519
*
会期はたっぷり、アドベントからクリスマス、年の瀬まで!
たくさんの方のお越しを、お待ち申し上げております・・・・!



そして、ワタクシのオンラインストア「エルネストの鳩舎」の
鳩舎クリスマスも鋭意準備中!もう時間がないからリンクも貼らない!(笑)
数は、例年にくらべるとぐっと僅少ですが、なんとかご用意できる・・かも・・・。
こちらもかなり慌ただしくなりそうです、グッときた方はtwiterにてチェックのほどを!
よろしくお願いいたします~。
b0218369_16161581.jpg



そして、まだ本格的な告知はまだなのですが・・・
今月半ば頃、とあるお楽しみ企画のご案内ができるかもしれません(?)!
あわせて、情報をお待ちくださいませ!


他には、バタバタと来年の計画なども決まりつつあります。
かなりここにきて慌ただしくなってまいりました・・・!
まずは目の前のクリスマスに向けて、皆様どうぞ
たのしいアドベントの期間をお過ごしくださいませ!
b0218369_16143578.jpg

それでも、大好きな公孫樹並木を今年も見に行くことができました。
青空と、黄金色。この色の組み合わせが大好きです。
歩くだけで、ほんとうに気分がよくなります。
少し時期が遅くて、前日の雨で足元は黄色のイチョウ・ペーストになっていたけれど。


おまけ:
シューメイカーには、余りにも思い出や思い入れが多すぎて・・・
すべてをとても書ききれないままでいます。たとえば、作中ほんの一コマだけ(探してくださいね)
大好きなSPARKSの似顔絵を描きいれたことをきっかけに、
なんとその後来日したSPARKSにお会いしてインタビューをするという幸運にも
恵まれました。(そのときの話だけでも、もう書ききれない。とにかく長くなるので、
好きになったきっかけとか、好きな音楽のこととか、胸に秘したままになってしまうのです。)
これらの幸運も、すべては周囲の方々との出会いのご縁の力によるもので、
ご縁といえば今回のアラビク様での企画展でも、そんな力を感じずにはおられません。

 アラビク店主様のブログを拝読していたら、シューメイカーのユウコが
とても描きたくなって、十年ぶりくらいに描きました。
昔描いた顔とは、ちょっと変わったかも。(笑)
もっと大人になった姿のユウコの登場する作品も描いてみたいかも、なんて
ふっと思ったりもしたのでした。
d0222386_18504714.jpg


[Shoe Maker 2005]
d0222386_1924483.jpg









ハトヤマイクコ


[PR]
by junekite | 2014-12-05 18:30 | 日々帖

☆---☆---☆新装版ミカセ、いよいよ今月発売です!☆---☆---☆

d0222386_10573198.jpg

*
さぁ、8月になりました!
新装版「ミカセ」、12日の刊行予定日までもうあと少し!
※発売日につきまして、訂正致します。12日は「見本」のできあがる
日でした。実際に店頭に並ぶのは、一週間後くらい、おおよそ、20日頃
あたりとなります。間違えてしまい、申し訳ございません!

店頭でももちろんお買い求め頂くことはできますが、復刊ドットコム販売ページからの
ご注文ぶんのみに付く特典、こちらの絵柄のポストカードは数が無くなり次第
終了となりますので、ご注文がまだの方は、どうぞこの機会にお早目に!
抽選でのサイン本のお届け企画もあります!
(画像はポストカード原画の”部分”になります。)
d0222386_1172633.jpg


そして、新装版「ミカセ」刊行を記念して
オフィシャルオンラインストア「エルネストの鳩舎」でも
真夏の鳩舎祭りを開催企画中!
例えば、「インスレーター・トゥリー・ストーリー」のパトリック少年が
楡(エルム)の森の碍子のトゥリーのディスプレイから
コッソリみんなのためにハントしてきた、”パトリック・セレクト”による
さまざまな型番や色のGlass Insulator!
d0222386_1058132.jpg

中でも、パトリック自身思い入れのある
「CD154番」は、他よりも少し多めにハントしてきた模様です。
d0222386_10583028.jpg

今、頑張って毎日描・・・じゃなくて、パトリックが頑張って
狩っ(ハントし)てきてくれておりますので、
数のご用意ができるまで、もうしばしのお時間を!
今回は、数に余裕を持って鳩舎に並べられるように
たくさんハントしてきてね、と頼み込んであるのです。(笑)

とはいえ、今のところ鳩舎に並べられそうなモノが
これだけなので、開催時期は、まだまだまだ未定です・・・!
できれば、人物の原画などもまた出品したいところです。
新装版ミカセの発売後のどこかで、準備が整い次第・・・ということになります。
追ってのお知らせは、こちら、twitterにて
お知らせしてまいりますので、チェックのほうを、どうぞ何卒よろしく
お願い申し上げます・・・!
d0222386_1059152.jpg


今回の新装版ミカセ、未収録(未発表含む。赤面!)の超・超初期作品二篇に
あとがきも新しく加わっておりますので、装丁デザインのみならず、
内容の面でも、初めてお手に取ってくださる方はもちろんの事、
初版をお持ちの方にとっても、きっと新鮮な一冊に仕上がっていることと思います!
d0222386_10574562.jpg

皆様のお手元に届くまで、あともう少し!
お楽しみに、お待ちくださいね。
エルネスト&パトリック組も初タッグで(?)頑張っております(笑)
追ってのお知らせを、お待ちくださいませ!

[お問い合わせをいただきましたので、追記いたします。]
今回、新装版ミカセの刊行に際しまして、当初何らかのイベントが
できれば・・・とお伝えいたしておりましたが、現在のところ、
サイン会ほかのイベントの予定はございません。
サイン会がもしあれば、と予約をしないでお待ちいただいておりました
方もおられるとの事を聞き、情報が早くお伝えできなかった事につきまして
お詫びを申し上げます。何か、そのうち皆で気軽に集まれるような
イベントが企画できればよいのですが・・・。サインは、いつでも本をお持ち
いただけましたらお入れ致しますので、特典のカードが気になる方はぜひ先に
単行本本体のほうを入手いただけましたら、最良かと存じます。
サイン本納品などの情報等がもしわかるようでしたら、できるだけtwitter等で
お知らせしてまいります。
どうぞ、何卒よろしくお願い申し上げます・・・!



引き続き、クラウドファンディング・プラットフォームCAMPFIREによる
[ヴィクトリアン服飾作家・山本裕子作品集『ヴィクトリアンのお針子』出版プロジェクト]
のご案内です。500円からのご支援が可能です。それぞれのご支援くださいました額に
合わせましたさまざまな御礼、キックバックのご用意がございます。
こちらのページの中で、山本裕子さんの比類ない手仕事による数々の服飾作品の
貴重なお写真をたくさんご覧頂くことができます。
また、山本裕子さんによるペン画作品のポストカードセット等、
オリジナルのグッズをオンラインショップにてお買い求め頂くことができます。

Atelier Thomas Netshop アトリエ トマ ネットショップ 

山本裕子Official Website

山本裕子Facebook
d0222386_1333958.jpg











[PR]
by junekite | 2014-08-02 12:45 | 日々帖