タグ:薔薇 ( 28 ) タグの人気記事

☆「新年(Bonne annee)の薔薇茶会atパラボリカ・ビス」開催のご案内です。☆

★新年の薔薇茶会のご予約受付は定員数に達しましたので、終了いたしました。
たくさんのお申込みを頂き、誠にありがとうございました!


(twitterはこちらから!)
d0222386_21521546.jpg

お知らせがたくさん目白押しです!
13日(土)は、夜22:00よりエルネストの鳩舎のクリスマスがOpen。
大阪の書肆アラビクさんでの企画展"La chambre insolite"も12月29日まで
引き続き開催中!
そして、13日(土)17:00からは2015年のあたらしい年明けを寿ぐ、
こんなおたのしみ企画のご予約の受付が始まります!

☆鳩山郁子「新年(Bonne annee)の薔薇茶会」☆
d0222386_2150195.jpg

新しい年の幕開けに、薔薇のお茶と、天使の羽根のお菓子で美的なひとときを。

会場は浅草橋のパラボリカ・ビスさん。主催の今野氏が供するダージリンと薔薇のブレンドの紅茶と、
特別なお茶菓子で、あかるく新年のスタートをお祝いするひとときを過ごしませんか?
お茶会に参加してみたいけれど、初めてだし・・・という方もまったく心配は
いりません!お一人でお申込みされてみえる方がほとんどですし、
わたし自身も堅苦しいセレモニーは苦手なほう。前回のお茶会も、
すぐにお客様同士、まわりの方と賑やかに打ち解けていらっしゃいました。
不安な方はわたしの席の近くにセッティングしていただきましょう。(笑)
お友達とご一緒の参加の方ももちろん大歓迎です!
お誘いあわせのうえ、お申込みくださいね。

そして、今回のお茶会では
とても特別なお菓子の準備がすすめられております!
秘密は、先日twitterにあげたこちらの羽根の絵・・・。
d0222386_2239597.jpg

じつは、こちらはお茶会のために特別に供される
オリジナルの「和菓子」のデザイン画として描いた一枚。
・・いえ、デザイン画というよりは、「イメージイラスト」と呼ぶほうが
ふさわしいかも・・?用途(?)上、もっとシンプルな配色のほうが
よかったかもしれません。絵を描いているあいだはどうしても、
これが「デザイン画」という目的を忘れてしまいがちです。
この羽根は、きっと数日前に見たこんな景色が
印象に残っていたからかもしれません。
大好きな、青と黄色の世界。
d0222386_22392473.jpg

主催の今野さんから、
「天使の羽根を一枚描いて頂きたいのです」とお申し出をいただき
はじまった今回の「天使の羽根のお茶菓子」の計画。
今野さん曰く、拙作「カストラチュラ」のシャーロット・リンが、
「最期におそらく天使の羽をもらえたのでは」・・・という思いを
打ち明けてくださいました。ということは、この羽根の持ち主は
あのお方、ということになりましょうか!
これは、新たな発見です。あの方の羽根、書物のページのように
背中から剥かれた皮一枚じゃなかったのね。(笑)
お茶会では、床の間に掛け軸を飾るように、
天使の羽根のイメージ画を飾って・・・。そんな一席となりそうです!


じつはパラボリカ・ビスさんでのお茶会は今回で二回目。
前回はワタシ自身、お茶会のホストの身でありながらあまりにも漫然と(?)
無自覚にティータイムをフツーに過ごしてしまっておりましたので、
その前回の轍を踏まえまして、次はスタッフの方による進行付きで
内容もすこし考えてまいりたいと思っております!
質問など、聞きたいことなどありましたらこちらも募集中です。
一年のスタートにふさわしい、たのしいお茶会にいたしましょう~。
皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております・・・!

と、パラボリカ・ビスさんのページに今野さんのテキストが
更新されておりましたので、下に転載させていただきました。
パラボリカ・ビス、夜想主催 今野裕一氏による繊細なブレンドの
香り高い風味を、どうぞお楽しみください・・・!
d0222386_23343860.jpg


●日時 2015年1月31日[土]15:00start
●参加費 3,500円(お茶、お菓子込み)☆前払い
●定員 30名

☆このお茶会の為に作られた和菓子が登場
☆2014年夏に刊行された、「ミカセ[新装版]」刊行記念のミニサイン会
☆鳩山郁子さんへの質問コーナー and more!!!!


●ご予約 パラボリカ・ビスOnlineShopから
 12月13日[土]17:00予約受け付け開始いたします!
 こちらからご予約ください>>


お茶会で鳩山郁子さんに尋ねたいことも同時に募集しております!

鳩山郁子さんのサイン会に参加したことの無い方、
イベントに初めての方も、是非お申し込みください!!


●Onlineshopでのご予約:
 12月13日[土]17時より受付開始いたします。
●電話でのご予約:03-5835-1180
 12月14日[日]より承ります。
 ※Onlineshopの予約にて完売の可能性もございます。ご了承ください。


薔薇のお茶といえば耽美・少女コミックのマストアイテム。
しかしながら、淹れるのは難しいと聞いていた。

自分でやってみようかと思ったのは、最初の鳩山郁子さんのお茶会の時。
話題は中井英雄の薔薇の庭で僕が困った人になったことと、薔薇の紅茶のことだった。
その時、いつか薔薇のお茶を淹れてみたい、ふとそんな妄想を抱いた。
鳩山さんの笑顔がそう思わせたのかもしれない。

何度かの出会いとレクチャーで、紅茶にのめり込むようになり、
やはり鳩山郁子さんのお茶会のお客さんに、ブレンダーになったらと煽てられた。
それで調子に乗ったわけではないけれど……、
だって、紅茶とかお茶とか、素人のやることではないから……
でも気軽に美味しい薔薇茶を楽しんでもらえたらと思い、トライしてみることにした。

使っているのは、リーフル・ダージリン・ハウスのファーストフラッシュ。
大きい茶葉をゆっくりとむらして、そこにダマスク・ローズを合わせる。
ナイーブな紅茶には、和菓子が似あう。
鳩山郁子さんの描いた絵を元に楳心果(ヒガシヤ)がこのお茶会用に御菓子を創作する。
ぜひ、みなさんでお茶を楽しみながら、鳩山郁子さんとご歓談いただければ幸いです。
(夜想・今野裕一)
d0222386_2149501.jpg



(薔薇の画像は、プライベートブログ「鳩の備忘録」のいちばんはじめに
掲載した写真と同じ、クリスマスの朝に花開いた「粉粧楼(ふんしょうろう)」。
もう我が家にはいない古薔薇の、ありし日の姿。
砂糖菓子の様な花弁、紅茶のような白粉のようなあの香り。
この薔薇のいた生活のことを思い出すと、今でも胸しめつけられるような思いです。
そして、ハダニ対策の唐辛子エキスの瓶だけが残されたのでした・・・涙。)











[PR]
by junekite | 2014-12-12 23:23

金平糖の花束(ブーケ)。

d0222386_14315335.jpg

庭摘みの花々を集めたブーケを貰いました。
蕾が桃色の金平糖そっくりのカルミア、一重咲きのカクテルローズ
ラベンダー、キャットミント、紫の小さな葱坊主のようなチャイブの花
イングリッシュローズのクレア・オースチン
まん丸カップ型の花弁、香りも素晴らしい。こちらも砂糖細工みたい。
d0222386_14322083.jpg

d0222386_14324211.jpg

その少し前に、薄荷の金平糖をいただいたので
仲間を呼んだのかも?しれません。

さてカルミア金平糖の角の数は、幾つあるのでしょう・・・?
d0222386_14475284.jpg


遅れをとっていたマンガのほうに、しばらく集中したいと思います~。
窓を開け放して気持ちのいい時期の間に、ラフ描きだけでも
終えられたら!と思います。










[PR]
by junekite | 2014-05-19 15:28 | 日々帖

*原画抽選当選者様へ、ご連絡を差し上げました。

d0222386_13304395.jpg


アナウンスメントです。この度の原画抽選販売
「Robin's-egg Blue Collectors.」No.Ⅰ、およびNo.Ⅱの当選者様へ
ご連絡を差し上げました。ご応募いただきました全ての方々へ、
個別のご連絡を差し上げられず、申し訳ございません。
お一人お一人の皆様へ、心よりの感謝を申し上げます。

今回の抽選販売は初の試みでしたが、これを機にまたご覧くださいました方が
素敵だな、と思ってくださるようなそんな作品を出品してゆきたいと思います。
とりいそぎではありますが、このたびの御礼まで・・・。
本当に、どうもありがとうございました・・・!
d0222386_13295859.jpg

ファースト粉粧楼は、蕾のときに雨に降られたせいか
どれもボウリング気味。開くのに難儀しているようすです。

どう見てもまだ本調子の花ではないけれど、
この貌(かお)に会える瞬間はほんとうにいつも幸せ。
照り付ける陽射しよりも、今日のような曇天の日の元で見るほうが
ほっと安らぐような、そんな儚い古薔薇の顔(かんばせ)です。




















[PR]
by junekite | 2014-05-13 14:08 | 薔薇帖

スクランブルエッグ・ローズ

いかがお過ごしですか?
昨日までの初夏の陽気とはうって変って、
今日は朝から雲の垂れ込める肌寒い一日です。

昨日の陽射しの下の、この満開の棘なし薔薇、
モッコウバラのふわふわの黄色ときたら・・・!
d0222386_132379.jpg

d0222386_1322417.jpg

食べても食べてもなくならない、魔法の炒り玉子?
こんな事を考えてしまうワタシ、春もやっぱり食い気です。
そう、何てったって、イースター間近ですから。

ロビンエッグ・ブルーの卵のオムレツは、
いったいどんな色と味がするんでしょう・・・?
d0222386_1333718.jpg


ひょっとしたら、新緑の鳩舎祭りになだれ込む可能性大ですが、
現在全力で準備中!ご案内のほうはもうしばらく、
お待ちくださいませ・・・!
けれど、来週半ばまではお天気がもうひとつの予報も?
しまったー・・・シャシン撮影が延びてしまう!

前回の記事で取り上げた剥がれた写植片を使った
オリジナル作品なども出品する予定です。
d0222386_1332577.jpg

春野菜でも食べて、待ちましょう・・・。
これは、スティックセニョールか?と聞いたら、
スティックセニョールではない、何かアブラナ科の野菜だ、と
いわれた、”何かアブラナ科の野菜と浅蜊のパスタ”。
d0222386_1323868.jpg

それでは、引き続きもろもろシゴトに戻ります!
皆様も、今日は暖かにしてお過ごしくださいね。
d0222386_133924.jpg

今年も、そういえば菫が満開だったのに
写真を撮るのを忘れてしまった。冬のあいだにこぼれ種のスミレが
入り混じってしまい、株を整理したら、いつのまにかニオイスミレを駆逐?して
しまった模様。結果、タチツボ8:濃い紫1:ゆうぎり1の割合に・・・・。
来年、やっぱり新たなニオイスミレをお迎えしよう・・・。


☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

ここで、素敵な展覧会のご案内を・・・!
エス誌で絶賛連載中のミミまんの作者でおなじみの
アーティストかくらいみさいるさんの展覧会「EXHIBITION mimi-cafe 2014 ミミとお菓子の森」が、
来週4月22日(火)からギャラリー・ドゥー・ディマンシュ青山店でいよいよスタート!
「こんぺいとう戦争」の物語の行方は・・・?そして、新作のバレエ・シリーズ、
ポワントを描いたキャンバス作品の展示や販売など、ご自身もバレエをたしなむ
かくらいさんならではの世界観が新たに展開される模様!
会場では、なんとアートネイルやタロットコーナーも設けられて
なんだかものすごいことになっていそうです~!
会期は4月27日(日)まで、詳細はかくらいさんのHPなどでご確認のうえ
春から初夏に向けてのさわやかな一日を、とびきりキュートで甘やかな
(そしてほんのちょっぴりのおいしい毒?もある)ミミちゃんの作品世界に触れに
遊びに行かれてみてはいかがでしょうか?
そして、今月号のエスでも鳩ちゃんはまたラストでミミちゃんを
ぱっくり一吞みしてしまったのね・・・。同じオチが三回目って、
ミミちゃんそれってどうなのよ!(笑)でも、タロットの女教皇にハトちゃんを
描いてくれたみたいだから、許してあげるわ!☆

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆











[PR]
by junekite | 2014-04-18 14:37 | 日々帖

angel circle.

d0222386_2201852.jpg
d0222386_2203450.jpg

d0222386_2212786.jpg

d0222386_2205166.jpg

d0222386_2211890.jpg


いよいよ「少年とウサギ」展、わたしの作品を含む第一会場の展示は、明日25日が
最終日となります。名残惜しいですが、会期中足をお運びくださいました皆様方、
ほんとうにありがとうございました!ウサギ靴のポストカードセットの会場販売が
途中で在庫切れになってしまいましたようで、申し訳ございません。
少しだけ追加いたしますので、第二、第三会場の作家さまの展示へと引き継がれました
「ウサギと少年」展、会期は12月2日までです!ぜひともお誘い合わせの上
会場のパラボリカ・ビスさんへとお越しくださいませ。
d0222386_22115158.jpg

オンラインストア「エルネストの鳩舎」でのカードセットのお取り扱いは、
鳩舎クリスマスOPENと同時にスタートの予定です。現在おおわらわで準備中、
アップはいつできることやら~。もうしばらく、お時間くださいませ!
今年はイチョウ並木の黄金(こがね)色のトンネル、歩けるかしら~?









[PR]
by junekite | 2013-11-24 22:48 | 日々帖

「少年とウサギ」展、始まりました!

少年とウサギ」展が本日11月1日より始まっております!
会場は「パラボリカ・ビス」さん。詳細はこちらHPにてご覧ください。
d0222386_22401740.jpg

d0222386_22405588.jpg

d0222386_22403163.jpg

d0222386_22431233.jpg

d0222386_22412354.jpg


「少年とウサギ」展 、わたしは11月1日[金]~11月25日[月]までの
第一会場の部に、纏足靴とウサギが合体した「Lotus-Rabbit Shoe.」の
イラスト五点にて参加いたしております。
初日に、ほとんどのウサギがお客様にお買い求めいただけましたとのことです。
ほんとうに、会場へお越しくださり、作品を気に入ってお求め下さいましたお客様へ、
心からの御礼を申しあげます。
ぜひとも、会期中一同に会している五羽の纏足靴ウサギたちを観にいらしてくださいね。


◆2013年11月1日[金]~2013年11月25日[月]
[第一会場]mattina/コーディネイト:今野裕一
建石修志/七戸 優/鳩山郁子/妖/横田沙夜/中川ユウヰチ/オカムラノリコ/中川多理/LIEN
◆2013年11月8日[金]~2013年12月2日[月]
[第二会場]nacht/コーディネイト:篠塚伊周
土谷寛枇/神宮字光/中川多理/槙宮サイ/ヒラノネム/吉田美和子

◆2013年11月15日[金]~2013年12月2日[月]
[第三会場]Quartier blanc/コーディネイト:北見和義
PAPANDA's Collection
(以上、パラボリカ・ビスさんのHPより)
*
出品作五点をポストカードに制作したものも会場で販売いたしております。
ポストカードセットは、北京の琉璃廠(ルリチャン)で購入した
栄宝斎(えいほうさい)の朱罫の原稿用紙を紙帯がわりにセットしてあります。
こちらのポストカードセットは、会期終了後にオフィシャルオンラインストア
「エルネストの鳩舎」でも販売開始の予定です。

絵画、イラストからぬいぐるみ、オヴジェ、人形作品etc,....幅広い分野から、
さまざまな作家の方々の手により生み出された「ウサギと少年」たちによる、
三部屋、三部構成の圧倒的な展示となることと思います!
どうぞ、パラボリカ・ビスの「ウサギと少年」展へぜひとも足をお運びくださいませ・・・・!
d0222386_2241468.jpg

d0222386_22533665.jpg

今日から11月・・・ですか!
もう、ビックリですね・・・。いろいろ、水面下で
フル稼動!の前の準備体操段階にはいってます~。
今月はいろんな方の催しや展覧会も多いのでこちらもたのしみ!
皆様も、たのしみ多き11月をお過ごしくださいますように・・・。
ああ、ラフランスも煮なくちゃ・・・!










[PR]
by junekite | 2013-11-01 23:22 | 日々帖

pink cotton cloud. 粉粧楼

d0222386_13432222.jpg

d0222386_1343219.jpg

d0222386_13425187.jpg

毎時期変わり映えのしない写真なのに、
またついつい撮ってしまう。


少年とウサギ」展へ出品のお知らせです。

「少年とウサギ」展 2013年11月1日[金]~11月25日[月]までの
第一会場の部に参加いたします。 

会場は「パラボリカ・ビス」さん。詳細はこちらのHPよりどうぞ。
少年とウサギ展」 
*
◆2013年11月1日[金]~2013年11月25日[月]
[第一会場]mattina/コーディネイト:今野裕一
建石修志/七戸 優/鳩山郁子/妖/横田沙夜/中川ユウヰチ/オカムラノリコ/中川多理/LIEN
◆2013年11月8日[金]~2013年12月2日[月]
[第二会場]nacht/コーディネイト:篠塚伊周
土谷寛枇/神宮字光/中川多理/槙宮サイ/ヒラノネム/吉田美和子

◆2013年11月15日[金]~2013年12月2日[月]
[第三会場]Quartier blanc/コーディネイト:北見和義
PAPANDA's Collection
(以上、パラボリカ・ビスさんのHPより)
*
わたしは、纏足靴とウサギが合体した「Lotus-Rabbit Shoe.」のイラスト五点を
出品いたします。また、出品作五点をポストカードに制作したものも
会場で販売いたします。ポストカードセットは、北京の琉璃廠(ルリチャン)で購入した
栄宝斎(えいほうさい)の朱罫の原稿用紙を紙帯がわりにセットしてあります。
(原画の販売は、11月1日(金)のオープン時に限り
抽選販売を行います。詳しくはパラボリカ・ビスさんのHPをご覧下さい。)
ポストカード五枚組セットは、会期終了後に当オフィシャルオンラインストア
「エルネストの鳩舎」でも販売開始をする予定です。

絵画からぬいぐるみ、人形作品etc,....幅広い分野から、さまざまな作家の方々の手により
生み出された「ウサギと少年」たちによる、三部屋、三部構成の圧倒的な展示となることと思います。
どうぞ、会期中ぜひとも「ウサギと少年」展、足をお運びくださいませ・・・!
d0222386_16181914.jpg

[Lotus-Rabbit Shoe.]
”合体”している証拠に、靴にはしっぽがついてるよー!(笑)


















[PR]
by junekite | 2013-10-27 13:54 | 薔薇帖

Tokyo-Rose Tower.

満開の薔薇に埋もれて、スーベニール絵葉書風の東京タワー。
この臆面のなさ、”花の都”パリーのエッフェル塔のイメージにだって
負けてない。(笑)
d0222386_113006.jpg

どう写しても、絵葉書風。そこがいいんだけど。
d0222386_11304729.jpg

タワー&ローズ。じつは東京タワーのお膝元って、薔薇の観賞スポット多しです。
d0222386_11303952.jpg

ハト乱入!
d0222386_13102689.jpg

マメも欲しいけど、この太ましいラインどりの
鳩の絵柄の紙袋が欲しかった(笑) 
東京半日散歩のお供に、まずは麻布十番の豆源さんでマメ菓子を買いこむ。
(薔薇を眺めながら、屋外で豆菓子をポリポリつまもうという寸法。)
実際には、夏日で汗ばむような陽気、日陰の少ないパークタワーホテルの庭園で
マメ菓子はとってもノドを通らなかったけれど・・・。

この日は、阿波しじらに半幅のさっぱりしたいでたちで。
豆源を出たところの商店街で、
ふり返り、ふり返りこちらを見ていた六歳くらいの女の子が
とっても素敵な言葉を掛けてくれました。
このくらいの年齢の女の子が好みそうな色や柄の着物では
なかったと思うのだけれど・・・それ、ホントにほんとに
ワタシのこと??(笑)
d0222386_11311356.jpg

こういう事書いてしまうのも、
豆源さんで買ったコレのせいかもしれません・・・
ええ、”おとぼけ鳩”のほうにはならぬよう、気をつけたいと思います(汗)。
*

単行本のカバーイラストのすすみ具合が順調で
ちょっと安堵・・・。どうぞ皆さまも、一年のうちで最高に気持ちのいい
この時期をお楽しみくださいますよう!














[PR]
by junekite | 2013-05-18 14:48 | 日々帖

first FenZhuangLou.

d0222386_10315689.jpg

d0222386_1193151.jpg

d0222386_10322410.jpg

d0222386_10353268.jpg

d0222386_1195068.jpg



















[PR]
by junekite | 2013-05-11 11:21 | 薔薇帖

Fen Zhuang Lou

d0222386_10535473.jpg

d0222386_10541569.jpg

d0222386_10543561.jpg

d0222386_10544477.jpg

d0222386_1055668.jpg

d0222386_1054671.jpg


今年の夏の酷暑、それから、私の気持ちの余裕の無さが
前の年よりも”手抜き”を起こさせ、粉粧楼(ふんしょうろう)の株を
ボロボロにしてしまっていました。もう、秋の花も望めない・・・と思っていたけれど、
気温が低くなると、つやつやした葉が生き返って
今はたくさんの花を細いステムの先に重たげに開かせてくれています。
儚い砂糖菓子のような、水に浸すと溶けてなくなる紙でできた花のような
オールドローズ、でも何て強い・・・。

綺麗に撮ってやりたい、と思うとき
どうにも写り込んでしまう背景がマズいので
いつもおなじチッペンデールの古い家具カタログの石版画の紙を
背景にして撮っています。年月と風雪に晒された石垣や煉瓦、繁った庭などの
環境背景が今の自分の生活の中では望めないので、
この石版画の古い紙質の醸し出す世界が、今のところ一番この薔薇に似合う
小さな”しつらえ”だと感じます。
d0222386_10552933.jpg


* 
話はガラリ、変わりまして。ゆきしろ、ばらべにの着せ替え人形を買ってくださったみなさま、
どんなふうにお楽しみ頂いておられますでしょうか?(笑)
着せ替えアイテムのリクエストのほかに、劇場の書き割りのように人形をその前に立たせて
楽しむ「背景」のリクエスト、ドールハウスのように紙のお部屋を(図面をひいて)組み立てる
キットのリクエスト、デコパージュのように立体的にフレームにセットして楽しむ、
色を塗ってみる、コピーして”おそろい”にして楽しむ・・・等々、アイデアをいただいて
思わずこちらもニンマリしております。
ただの平面の紙人形でも、ステューディオ的に(昔の玩具の”立て版古=ばんこ”ですね)
立てかけてみたりするだけで、ワクワク度が増す様な気がするのはなぜなのでしょう~。(自作ながら・・・)
箱庭的背景、余裕があればいつか描いて切り抜いて作ってみたいものです。
d0222386_10551984.jpg


光の当たり具合のおかげで、すっかり不穏な空気を醸し出てしまっている二人、の図。
(特に手前!)








[PR]
by junekite | 2012-11-13 12:47 | 薔薇帖