タグ:鳩小屋食 ( 52 ) タグの人気記事

*近況いろいろまとめ&アーカイバルプリントご注文受付終了のお知らせです*

d0222386_19381917.jpg

ああ・・11月になってしまいました!
深まる秋の日、皆様いかがお過ごしでしょうか?
twitterではぶつぶつ呟いておりますが、こちらブログのほうでも
おしごと近況のほう簡単に、とりまとめを掲げておこうと思います~。

最後のほうに、現在オンラインストア「エルネストの鳩舎」でお取扱い中の
アーカイバルプリント二種、「恐るべき子供たち」と、「星の王子さま」の
ご注文受付締切のご案内がございます。
遥か彼方と思われていたエディション数ゴールも、よもやの射程圏内に・・・??
プリント再版料がその都度かかることもあり、オンラインストア経由でのご注文受付を
今月末に終了することといたしました。気になる方は、ぜひぜひ詳しいご案内を
ご一読下さいね。
d0222386_19382938.jpg

・・・の前に、ひさびさ鳩小屋食。
さいきん近所の魚屋さんでかれいの刺身用の「さく」が手に入るようになり、
よろこんでわさび、オリーブ油、レモン汁、岩塩や胡椒などで和え、
秋口に残りものの葡萄の粒(甲斐路)を加えたら、ひどく気に入った一皿になったので
最近は柿のスライスと一緒にカルパッチョ風にしていただいております。
シャシンはブログ用なのでちょっと綺麗にしましたが、
ふだんはいっしょくたで、最後に醤油少々を垂らしていただきます。

緑色の水は、メロンリキュールですが・・
(壜をゴミに出したくて)底に残ったものを水でそそいだものです。(汗
まるっきりの色水ですが、ただ綺麗だったので並べてみました・・。
d0222386_19384137.jpg

d0222386_1939155.jpg

洋梨も、煮ました。赤ワインひと壜ぶん、今年はやたらと数を煮ました。
美味しいし、冷蔵庫でまぁまぁもつので、問題ありません。(笑)
*
さてさて、それでは近況とりまとめのほうを。
さる方にお声掛けいただき、12月開催予定の共同展に
出品、参加の予定です。わたしは、シャシンの纏足靴の小品数点に、
四つ切の額のサイズの鉛筆画を一点、出品販売いたします。
今回、会場は西の方面のとある素敵な店舗様にて開催される予定ですので、
また詳しい情報を追ってご報告いたしてまいります!

d0222386_19391788.jpg

(株)ウィズ様のビジュアドール付属のエクス・リブリス(蔵書票)特典カードの
最新のシリーズを手掛けております。これまで四体のシリーズのお人形のカードを
描いてまいりましたが、いよいよ次回の男の子のドールでラスト!
何とも名残惜しいですが、こちらも、現物が手に入り次第
twitterやブログにてお披露目したいと思います!


・・・そして、目下の一番の目標といたしております
新作漫画、中長編90ページを引き続き、鋭意執筆中です。構想時期含めまして、
もうずーーーーっと長いこと手掛けておりますので、もう一刻も早く描きあげたい一心で
いるのですが、このページ数ですと潜伏期間は否応なしに長引き----
もちろん、漫画を描く時間は充実の時でもあるのですが・・・。
どうぞ引き続きまして、こちらもお見守りいただけましたら幸いです。

・・・近況ご報告はここまでの予定でしたが、
じつはほんの数日前にちょっとお楽しみなお話の打診もいただきました。
こちらはまだ計画段階ですので、詳しい内容につきましてはまた後日
改めまして・・!

それでは、最後にアーカイバルプリントのお知らせを・・・!
気になっていらっしゃった方は、ぜひこの機会にご一読くださいね。
d0222386_19393448.jpg

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆
現在オンラインストアで販売中のアーカイバルプリント「恐るべき子供たち」と
「星の王子様」二種、お陰様で地味にプリントを重ねまして、
遠い道のりと思われておりましたエディション数60終了も、まだすぐには届かない
ものの、このぶんなら射程範囲内かも・・・?ひょっとするかも?というところまで
近付いてまいりました。再版料金がその都度かかることもございまして、
思い切ってオンライストアでのアーカイバルプリント二種のご注文受付を、
今月末、11月30日を締切としていったん終了とさせていただくことにいたしました。
d0222386_19395263.jpg

今回のご注文受付期間でエディション数に届かなかったぶんは、今後イベントなどで
アーカイバルプリントの現物をご覧いただく機会などを設けまして、
(現物をご覧いただけましたら、アーカイバルプリントの高い精度の見事な仕上がりが
ひとめでお分かりいただけることと思います!)ご希望くださるお客様のご注文を
いただくかたちにて販売できれば・・・と、思っております。
d0222386_1940796.jpg

お届け時期につきましては、可能ならば年内のお届けを目指しておりますが、
版画工房の進行の都合や、また作家本人がプリントへの手彩色、梱包発送作業を全て行って
おりますため、本業の兼ね合いなどもありまして
年明け以降のゆっくりのお届けになる場合もございます。
それでも、とご希望くださるお客様がおられましたら、
ぜひともこの機会をご利用いただけましたらと存じます。
d0222386_194018100.jpg

「アーカイバルプリント」は、版画工房アーティーさんによる独自の商品登録の
デジタル複製プリント画です。アーティー工房独自の精密スキャナー機械、
いつも誠実にご対応下さるスタッフ様の高いカラーオペレーション技術により、
不透明水彩の絵の具の質感、色調、ペン画部分のシャープな線に至るまで
原画と見紛うばかりの仕上がりに、私自身だけではなく長年私の原画を手元に置いて下さり
見続けて下さっている読者の方までもが、隅々まで時間をかけてくまなく見た結果
声を失って嘆息するほどの出来栄え・・・。複製画商品として、最高の品質のものであると
心より、自信を持ってお届けすることができます。
それぞれの商品につきましての詳細は、
「エルネストの鳩舎」の商品解説をご一読くださいませ。
d0222386_19405316.jpg



それでは、引き続きましていち早いお知らせ情報は
twitterにて呟いてまいりますので、
どうぞ、なにとそこの冬のハトのもろもろの活動をお見守りいただけましたら・・!
よろしくお願い申し上げます~!

(ついしん:上の樹の画像が、パソコンで閲覧すると問題ないのに
ipad miniで見るとヨコになってひしゃげているよー。なんでだろう?.。o○)

鳩山郁子拝。










[PR]
by junekite | 2014-11-02 21:47 | 日々帖

あたらしいこといくつか、&春菊の新月サラダ

※脇に表示していたtwitter埋め込みパーツいったん外し中。※
twitterはこちらから。鳩山郁子 Ikuko Hatoyama Twitter

d0222386_1326950.jpg

ちょっと前の食卓、庭の草花のブケといっしょに入っていた
摘みたてやわらか春菊に厚揚げ、じゃこ、
新月のような新玉ねぎのスライスを加えたサラダ。
ほんとうは、新月って目には見えないのだけれど...。

さてさて、あたらしいお知らせを・・・!
太田出版さんの短編読み切り企画◆MANGA SINGLESより、
1994年にガロ誌に掲載された単行本未収録作品
「緑郎丸」(49頁)の[Kindle版]が6月6日(金)より発売予定、
予約受付を開始いたしました。
[Kindle版]、amazonのページはこちらから。

◆MANGA SINGLES スペシャルページはこちら。

いやー、ついにジブンの漫画が電子で配信される・・・
そんな時代になりました。ご周知のとおりのアナログ人間の
ワタシは、つい最近までは電子で書籍や漫画を読むということが
もうひとつピンとこなかったのですが、少し前に店頭で手に取った
ipad miniのサイズ感にココロ射抜かれ、XP切り替え同時期に
購入、まだ漫画や書籍の購読にはそれほど使用していないものの
じっさいに端末を手にして生活の中であれこれ使用するうちに、
ああなるほど、こういうことなのか・・・と、(遅まきながら)
何やら実感できた次第であります・・・はは、は。

作品の「緑郎丸」は・・・もう人物の顔やらなにやら、
ホントに今見ると悶絶モノでたまらない作品なのですが、
それなりのページ数の作品なのに、なぜかこれまで
どの単行本にも収録されずにきてしまったものです。
今ではすっかり珍しくなった(?)和モノです。ご堪能ください~。
まずは初期作品であれ、自分の作品をまだ読んだことがない、という
方にも低価格で気軽に知っていただける機会として
短編読み切り配信、うってつけのスタイルではないかと思います。
というわけで、太田出版さんのウェブページでの配信に先駆けて
amazon[Kindle版」より6月6日配信スタート、
「緑郎丸」、電子配信にてご購読あれ~。


気高く美しき少年世界の名手・鳩山郁子、幻の単行本未収録中編!

薬草、硝子ペン、少年剣士。そして「お寺の子」と噂された級友との、一瞬にして一生分の交錯。

     (太田出版ウェブページ紹介文より)
d0222386_14195817.jpg



あと、もうひとつ新しいことが・・・。
きのうの昼間までは全然そのつもりがなかったのですが、
夕方に突然「そうだ、twitterをやろう・・・」と思い立ちまして、
昨夜からこのブログの脇にもツイートの埋め込みが出現しております。

今回の◆MANGA SINGLESのようなお知らせをするのには
やはりtwitterが一番よいような気がしましたので、
まだtwitterの仕組みや用語がよくわかっていないのですが
(フォローとかフォロワーとかリツィート、リプライとか)当面は
オシゴトのおしらせをいち早く発信するという方向でまいります。
フォローのほう、よろしければどうぞよろしくお願いいたします。
鳩山郁子 Ikuko Hatoyama Twitter


ではでは、今日もマンガ描きとツイッターお勉強にいそしみます。
(あっ、今みたらすでにフォローしてくださってる方が数名様。。涙
わーうれしいです!!新しいことを始めるってドキドキしますね!
早く覚えるのでみなさんもうちょっとお待ちくださいね~。)
d0222386_13263364.jpg

  
なんだかお天気がもんよりとしてきましたが・・・
梅雨入り前のこの時期さわやかに!どうぞみなさまも、
お過ごしくださいませ~。


[PR]
by junekite | 2014-05-29 14:59

クスクスとキンレンカで鳩舎飯(めし)。

d0222386_1591495.jpg

せっかく金蓮花(ナスタチウム)が次々に花を咲かせてくれるので、
エディブルフラワーの代表格ともあればやはり食しない手はありません。
というわけで、クスクスと合わせたラテン・カラーの鳩舎飯(めし)はいかが?
色彩を身体に取り込むようなきもちで頂く一皿かもしれません。

横の黄色いユリに似た花に見えるのは、
じつは花弁を毟(むし)ったあとのキンレンカの”蕚(がく)!
まるでぜんぜん別の草花のよう。
食べたあとも二度美味しい、そんな中南米産の元気の出るハーブの花。
d0222386_1595678.jpg

d0222386_15102040.jpg

キンレンカ(花、葉)、少し塩気のあるフェタチーズとオリーブ、
グレープフルーツ、ミントの葉、レモンほか。(玉ねぎナシは痛恨の極み!)

キンレンカ=ナスタチウムといえば、
拙著「青い菊」に載せた「懲罰のサンドウィッチ」は未試食です。
たくさん繁っていたら、(誰かにこっそり食べさせて)トライしてみたいです。
d0222386_15925.jpg


新緑の鳩舎祭りもぶじ終了いたしましたので、
連休明け、ここからまたずんずんと(もろもろ)進めてまいります!
Robin's Egg Blueの原画二点のご応募のほうは、引き続き
来週12日までお受けいたしております。くじ引きの紙は何に入れて引こうか
思案中~。ラッキーのおやつ代缶バッヂ&カードセットは、
ついにリピーター様現る!(笑)大好物のレバー缶をごちそうしてもらって、
ちょっぴり気前がよくなってるラッキー・・・なのかもしれません(?)。

【追記】ハト別邸より指令(?)アリで追記。
そうそう、キンレンカの実も、すりおろすとワサビのような風味で
薬味がわりになるのです。実だけをピクルス液に漬け込んで
ケッパーのように使えばきっと見目もよさそうです。
キンレンカの花だけをヴィネガーに漬け込んでいるシャシンも見たことありますが、
あれは漬け込んだ花を何かに使うのか、
それともヴィネガーに色や風味を移しているのか
もっとたくさん収穫できればいろいろ試してみたいところです。
    








[PR]
by junekite | 2014-05-07 16:54 | 日々帖

スクランブルエッグ・ローズ

いかがお過ごしですか?
昨日までの初夏の陽気とはうって変って、
今日は朝から雲の垂れ込める肌寒い一日です。

昨日の陽射しの下の、この満開の棘なし薔薇、
モッコウバラのふわふわの黄色ときたら・・・!
d0222386_132379.jpg

d0222386_1322417.jpg

食べても食べてもなくならない、魔法の炒り玉子?
こんな事を考えてしまうワタシ、春もやっぱり食い気です。
そう、何てったって、イースター間近ですから。

ロビンエッグ・ブルーの卵のオムレツは、
いったいどんな色と味がするんでしょう・・・?
d0222386_1333718.jpg


ひょっとしたら、新緑の鳩舎祭りになだれ込む可能性大ですが、
現在全力で準備中!ご案内のほうはもうしばらく、
お待ちくださいませ・・・!
けれど、来週半ばまではお天気がもうひとつの予報も?
しまったー・・・シャシン撮影が延びてしまう!

前回の記事で取り上げた剥がれた写植片を使った
オリジナル作品なども出品する予定です。
d0222386_1332577.jpg

春野菜でも食べて、待ちましょう・・・。
これは、スティックセニョールか?と聞いたら、
スティックセニョールではない、何かアブラナ科の野菜だ、と
いわれた、”何かアブラナ科の野菜と浅蜊のパスタ”。
d0222386_1323868.jpg

それでは、引き続きもろもろシゴトに戻ります!
皆様も、今日は暖かにしてお過ごしくださいね。
d0222386_133924.jpg

今年も、そういえば菫が満開だったのに
写真を撮るのを忘れてしまった。冬のあいだにこぼれ種のスミレが
入り混じってしまい、株を整理したら、いつのまにかニオイスミレを駆逐?して
しまった模様。結果、タチツボ8:濃い紫1:ゆうぎり1の割合に・・・・。
来年、やっぱり新たなニオイスミレをお迎えしよう・・・。


☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

ここで、素敵な展覧会のご案内を・・・!
エス誌で絶賛連載中のミミまんの作者でおなじみの
アーティストかくらいみさいるさんの展覧会「EXHIBITION mimi-cafe 2014 ミミとお菓子の森」が、
来週4月22日(火)からギャラリー・ドゥー・ディマンシュ青山店でいよいよスタート!
「こんぺいとう戦争」の物語の行方は・・・?そして、新作のバレエ・シリーズ、
ポワントを描いたキャンバス作品の展示や販売など、ご自身もバレエをたしなむ
かくらいさんならではの世界観が新たに展開される模様!
会場では、なんとアートネイルやタロットコーナーも設けられて
なんだかものすごいことになっていそうです~!
会期は4月27日(日)まで、詳細はかくらいさんのHPなどでご確認のうえ
春から初夏に向けてのさわやかな一日を、とびきりキュートで甘やかな
(そしてほんのちょっぴりのおいしい毒?もある)ミミちゃんの作品世界に触れに
遊びに行かれてみてはいかがでしょうか?
そして、今月号のエスでも鳩ちゃんはまたラストでミミちゃんを
ぱっくり一吞みしてしまったのね・・・。同じオチが三回目って、
ミミちゃんそれってどうなのよ!(笑)でも、タロットの女教皇にハトちゃんを
描いてくれたみたいだから、許してあげるわ!☆

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆











[PR]
by junekite | 2014-04-18 14:37 | 日々帖

湧き出る泉(spring)。

d0222386_1155544.jpg
d0222386_11574735.jpg

d0222386_11584517.jpg

d0222386_11583241.jpg

d0222386_1159426.jpg

d0222386_1159161.jpg


d0222386_1201380.jpg

村松桂さんの写真展「Urvan/Ruvan」が、
ほんとうにすばらしい!4月6日(日)までです。
場所は最寄り駅JR高円寺の書肆サイコロにて。twitter等で営業時間をご確認のうえ、
ぜひともお立ち寄りください。神秘の万象の風景を旅する小さき旅人となり、
架空の旅の記録をなぞってください。
d0222386_1354998.jpg


[おまけ食堂]
とろりとした硝子の塊のようなこの食べ物は、
はじめて食べるフレッシュのアロエベラ。
身体の底の底のほうから何もかもきれいにしてしまいたくなるような
春のこの時期にぴったりな、透明な食べ物。

トゥルッとした成分がものすごい!
普通のヨーグルトが、カスピ海ヨーグルトみたいな食感になります。
d0222386_11593761.jpg

d0222386_1159542.jpg

硝子のように透明になりたくなる春です。
d0222386_1273028.jpg

















[PR]
by junekite | 2014-04-02 13:35 | 出掛け帖

鳩小屋通信、更新です。(春待ち観測所まかないサラダ付き。)

d0222386_11345338.jpg

最近作っておいしかったもの、蕪と金柑のマリネ。
ルケッタ(ルッコラ)と合わせてみました。

オフィシャルブログ「鳩小屋通信」、更新です。画集「リテレール」イラストリクエストサイン本企画、
その後「他の方は、どんな絵をリクエストされたの?」と、気にしてくださる方の
お声もちらほら受けまして、一部(緊急)公開中!またいつか、ご愛顧御礼企画に
今回よりも少ない数になってしまうかもしれませんが、実現できたらよいなと思います。

ヒヤシンス青坊、アメシストのような紫がかったブルーの花がついにお目見え!
ヤグルマギクの青に通じるような、どこか鉱物めく青の色素。
・・・けれど、もうそこから開いちゃうの?(笑)
この子はクビが伸びませんでした!
d0222386_11365194.jpg

気が付いたら、こぼれ種鉢から育った極小サイズの
菫の開花も観測!この花色は「ゆうぎり」嬢?
この鉢だけ、室内に置いて(放置して)いたからかな。
とにかくミニ、ミニミニサイズの菫花!
d0222386_11352198.jpg


以前「カールの涙」の小品に使用していた
LIBRAIRIES6 シス書店さんで調達していた特殊楕円形窓抜き黒マット紙。
もう在庫がなくなって残念・・・と綴ったら、知り合いの方が
貴重な手持ちのストックのなかから譲ってくださいました。
また、そのうち思い立ったら誰かの「眼」を描いてみようと思います!
d0222386_1136243.jpg


「エルネストの鳩舎」より、
ヒヤシンス・ブルーがもう少し花を咲かせた頃合いに、
”春待ち手彩色”、グリーティングカードの版下を額装した小品二点を
出品しようかと画策中。もしかしたら出品は突発的になるかも・・・・。
d0222386_123117.jpg

プリントごっこ用の版下は、焼き付けると線が太るため
おろしたての丸ペンを使用してかなり細い線で描いております。
本の頁(ページ)の翼を生やした、読書少年ふたりのお目見えは
もうしばらくだけ、お待ちください!

また明日から真冬の寒さの予報。
つかのまの春の気配、今からお出かけの計画だけは
立てておいてしまいましょう!

(まだ詳しくお話はできないけれど、
ちょっといいお話も進行中・・・?進捗しましたら、
またご報告を改めまして・・・では、では!)







[PR]
by junekite | 2014-02-28 12:58 | 日々帖

あなたの鳩舎の鍵 --クリスマスのために--

d0222386_1352521.jpg


皆様、お変わりありませんでしょうか?
すっかり街中のあちこちも、賑やかになってまいりました!
何だか、心ゆくまで深まる秋を堪能しないうちに
冬の訪れを感じるこの頃ですが、公孫樹や紅葉の色づき具合は
どうなっているのかな・・・?鳩舎では、一足先に来月のお話もそろそろ・・・といった
時節ですが、その前にスープだけでは終わらない、大量のラ・フランスを余すことなく
堪能した鳩小屋メシ洋梨編。昨年は赤ワインで煮てみましたが、
今年は白ワインとシナノキ蜜、シナモンで琥珀色のワイン煮ができあがりました。
d0222386_13523354.jpg

小さな星形のクギのような丁字(クローブ)を刺したら、見た目ももっと素敵かもしれません。
それから今回わかったこと、皮は縦方向に剥いたほうがよかったかもしれない・・・。
白ワインのわりにシロップの色が濃いのは、使った砂糖の種類とスパイスのせい。
このワイン煮のシロップがとっても美味しい!余った白ワインを注いで炭酸水で割ってもよいし、
じつは焙じ茶に入れても美味しいのです。
d0222386_13521223.jpg

洋梨煮がメインディッシュで、蕪とクレソン、クルミとチーズのサラダと一緒に盛って。
ものすごく簡単に作れるのに、ほんとうに美味しく出来るので嬉しくなってしまう。
今年も堪能いたしました。ラ・フランス農家さん、毎年おいしい梨を届けてくださり
ありがとうございます。今年もごちそうさまでした。
d0222386_1353113.jpg


さてさて、お待たせいたしました・・・!
前回の、木彫り作家sachiさんから届いたクリスマスのための作品、
皆さま何だかおわかりになりましたか?
答えはご覧のとおり、細かな細工を施した、
信じられないくらい豪華な「鍵」!そう、sachiさんは今回
手にした方がそれぞれの鳩小屋の扉を開けるための、
鳩舎の鍵をデザインして制作してくださったのです。

この細工の細かさ・・・・!よーく見たら、下のほうの細工が少しずつ
違うので、ぜひともじっくり見比べてみてくださいね。
鍵穴に差し込む部分の小さなマークも、十字架だったり、ハートやクローバー、ダイヤの形など
さまざま、染めた茶色の濃淡や、ニスの塗り具合の風合いで
ほんとうにひとつひとつ、表情が異なるのです。
それにしても、一番最初にsachiさんが見せてくださったときは
ホントにこんな手間のかかった作品を十数個も作ってくださるとは
思いも寄りませんでした。最初、ひとつだけ手渡されたものがあまりにも
素敵で、けれどもsachiさんご自身も”たくさん彫るのはムリかなぁ・・・?”なんて
仰有っていたので・・・。
それが、開けてみたら十数個の見事な鍵がリボンに通されたものを
手渡されたときは、思わずひれ伏してしまいました!
これはもう、ぜったい鳩舎の鍵だ!と思いました。
d0222386_13532076.jpg

sachiさんの鍵を見て、もうこれだけでクリスマスの出品は
十分なくらいだわ、と思うほどでしたが、やはりそこは一応
コラボレーションということで、現在着々と制作中です~。
じわじわと、こちらクリスマス企画のほうもこれからご報告してまいりますね!
お楽しみに、お待ちくださいませ・・・!!

ところで、こちらの木彫りのスペシャルな鍵、
もちろんこのまま飾って鑑賞されるのに良し、
チェーンや紐を通して皮や帆布のカバンなどに付けたりしても似合いそうです!
裏側に金具を付けて、冬コートの襟元を飾ったり、スカーフやショールを止める
ブローチにしても素敵そう。いっそ、異素材の大振りのペンダントといっしょに
大胆に首飾りにしてみる?
d0222386_13533267.jpg

・・・で、ワタシはsachiさんからいただいたこちらの鍵を、
裏側に接着剤で金具を貼って帯留めにしてみました!
・・・もう、これがホントにありそうでない鍵モチーフ、しかも暖かみのある木彫り細工と
くれば、クリスマス近い袷の時期のお出かけにピッタリ!で、すっかり
人目を引く自慢の逸品の帯留めになっちゃいました。
着物をお召しになる方、こんな使い途もいかがでしょか・・・?

それから、もろもろありましてこちらのブログでのお知らせがないままになってしまいました、
先日赤いLotus Shoesの小さな額装画二点を「エルネストの鳩舎」に出品、
お買い上げいただきました。このたびも、お気に召してご購入くださいました方へ
心からの御礼を申しあげます。本当にありがとうございました・・・!
毎度突発的で慌ただしいことで申し訳ありません、宜しければ今後もちょいちょい
覗いてやっていただけましたら幸いです。どうぞ、今後とも宜しくお願い申しあげます・・・!
d0222386_13534560.jpg


・・・そして、いよいよ、パラボリカ・ビスさんでの「少年とウサギ」展、
わたしの作品の展示期間は来週25日までです!
会場では、11月8日から、そして15日からと、第二会場、第三会場の展示も
始まっておりますので、秋の一日、どうぞ浅草橋までさまざまな作家様の手による圧巻の
ウサギと少年たちに会いに、足をお運びくださいませ・・!
纏足靴ウサギも待ってるよ~。

そして球根は22日目。(根っこがガラス花瓶の底についた!)
d0222386_13541341.jpg














[PR]
by junekite | 2013-11-18 16:57 | 日々帖

冬の鳩の羽根色のスープ

d0222386_14145489.jpg
d0222386_1415620.jpg
d0222386_14151593.jpg

不思議な味のスープを作りました。洋梨と蕪とじゃが芋のスープです。
(洋梨の量をおっかなびっくりにすると、野菜の味に負けます。)
冷製にしたほうが、洋梨の香りや甘さがわかるようです。
立冬を迎えて、これから冷たい雨の予報。
ふっくらと体をふくらませて巣ごもりする鳩のように
家でずっと絵を描いていたいような空模様です。




少年とウサギ」展、まだまだ続きます。
わたしの「Lotus-Rabbit Shoe.」の展示は第一部、11月25日まで。
第二部は11月8日から、第三部は11月15日から開催されます。
会場は「パラボリカ・ビス」さん。それぞれの会期に出展される作家様の詳しい情報や
イベント情報などはこちらのHPよりご覧ください。
[PR]
by junekite | 2013-11-09 14:33 | 日々帖

きびしき残暑のおりに・・・。(&脱力アンケートご返答企画~!)

★オンラインストア「エルネストの鳩舎」のご注文へのご返信は、9月11日以降になります。
どうぞ宜しくお願いいたします!

d0222386_17211990.jpg

昨夜の豪雨でなんだか大気も湿っぽい・・・
そんな曇天の日のお昼には、
冷たくした素麺の上にグレープフルーツ、サーモンをのせて
岩塩とオリーブオイルのドレッシングや好みで醤油、ナンプラーなど
好きに味付けし、もしお好きなら香菜(パクチー)をたっぷり千切ってのせていただく
レシピはいかが?アタマで想像するよりも、ホントに病みつきになる美味しさです!

おかしな気象の残暑、まだまだ油断のできないこの頃ですね・・・
”秋らしい秋”、の到来が、待たれます。
d0222386_17214485.jpg

恥ずかしながら、サイン会のときにご記入いただきましたアンケートの
ご質問へのご返答企画、やってみました~。(鳩山”先生”などとジブンのブログに
入力するのはたいへんこそばゆく困ってしまったのですが、ご質問文そのままにて
掲載させていただきました・・・。)それではユルーく、いってみましょ。

★ 「気分転換になにをしますか?」
  「モチベーション維持の方法を知りたいです(気分が乗らないときはどう解決しますか?)」

A: 気分転換は、散歩をします。どんどん歩いて、頭のなかをからっぽにしたいです。
  気分がのらないときも・・・ホント、苦しいですよね。そういうときも、
  悪あがきがムダだと悟った瞬間他のことを始めるほうがよいようです。
  掃除とか散歩とかがいいです。


★ 「普段何時にご起床されますか?」
  「鳩山先生の一日を知りたいです~(タイムスケジュール)」

A: いまは、「あまちゃん」を観るため八時に起床です。
  (調子がよければそのまま活動、だいたい見たあと二度寝を決め込みます。)
  夜は、最近眠くなる時間が早くて・・・以前は三時くらいまでは平気で起きていたのですが、
  このまま朝型にシフトしたほうがいいんでしょうか?夜が好きなのですが・・・。


★「最近でも以前からでも、紙に描かれることの他に創作の対象として気になる物はありますか。
  硝子や金属や木や布など。」

A: 編み物もお裁縫もからきしダメなのですが、刺繍はちょっとだけ好きです。
  そこで、”あり得ない!!”みたいなモチーフ(や、文字)を、あまり熱量を込め過ぎずに
  サラリと刺繍で表現してみるとか、面白そう、と想像したりします。
 

★「過去の作品(現在取り組んでいらっしゃる作品でも)を制作されるときに影響を受けた文学作品。
  またはお気に入りの作品などありましたら、その理由などお聞きしたいです。
  ブログで今読んでる本など紹介して頂けるとうれしいです。」

A: お恥ずかしいことに、最近ほとんどと言っていいくらい文学小説を読まなくなってしまいました。
  (かといって、昔も特段たくさんの本を読んでいた、ということもありません。)
  資料になるような本ばかり選んで読んでいます。長い小説を読むのが苦手なので、
  随筆集などを読むのが好きです。作品世界を形作るうえで影響を受けたと感じるのは、
  稲垣足穂や内田百ケン(漢字出てこない)、H・ヘッセなど。R・ブローディガンの
  ヘンテコな世界観も好きです。

★「作品に色々なモチーフが出てきますが、(てん足くつや、電柱(?)の部品とか)
  そういったモチーフはどうやって見つけていらっしゃるのですか?」

A: アンテナを張っておくのです!‡----‡----‡----‡----‡

★「今収集しているものはありますか?」

A:あまりありません。もともとコレクターの気質ではないようです・・・。
  碍子も、5コくらい集まったら満足しました。スタンプマガジン(切手)はまだ 
  購読中~。
 
★「いつもお作楽しみにしております。たくさんの鳩はどんな資料を参考にされたのか気になりました。」

A:ありがとうございます!ハトの資料は、Youtubeの右側のイモヅル方式でたぐり寄せました。

★「今だに本当にLotus Shoeがあるのか。どこで買えるのでしょうか?

A:纏足靴、買えますよ~。(笑)前回、そして今回のサイン会でも、
 たいへん貴重で美麗な纏足靴のコレクションを持参してお越しくださった方がみえました。
 海外の骨董品屋か、ネットのオークションでも購入できると思います。
 わたしが持っている一足は、昔香港のアンティーク屋で買ったものです。
 店の二階に上ったら、直径1mくらいのザルにきれーいにサークルを描くように並べられて
 ヤマほど売られてました。 (クリスマスセールでちょっと安かった。13000円ちょっとくらい)
 刺繍が精緻で美麗なものほど値段が高かったと思います。
 骨董品屋さんと仲良くなって、買い付けてもらうとかもアリかもしれません。
 キミも蓮癖(れんぺき)の”友”になるかい?(笑)
  
★ 「翼果なんてテーマ(マニアックですよね)でマンガを描こうと思った理由。」

A:なにかで、カエデの翼果のシャシンを見た瞬間、”これが羽根みたいに背中に生えてたら
  かわいい!!”と閃いたのです~。

★「登場人物のお洋服は何かを参考にしたりするのですか?」

A: 昔の写真や、映画の少年の衣裳を参考にすることが多いです。
  ちょっとしたパーツとかボーダーの入り具合とか、可愛いですよね。

★「今回の作品は・・・(自伝ですか?)」

A:おお!もしそうだとしたら・・・きっと、みなさんもワタシのところにかつて
  ハトを貰いに訪れてきてくださったハズですよね・・・?(笑:その節は、遠路はるばる
 お越しくださり、ほんとうにありがとうございました!)

★「色々考えてみましたが、なんかくだらないことしか思いつきません。
  今日はとても暑いのですが、汗とかかかれますか?とても涼しげなたたずまいに
  いつも見えるのですが・・・変なこときいてスミマセン」

A: 汗かきますよー!!サイン会の日は、知り合いの方がおっきな保冷剤を
  タオルにくるんだのを差し入れに持ってきてくださったので、ホントに九死に一生を得ました。
  あれがもしなかったらと思うと・・・Oh怖っ!

★「ブログに出てくる料理がとてもおいしそうなので作り方がとても気になります」

A: ありがとうございます!そのうち、鳩小屋食堂(テキトー)レシピ集とかできたらいいなー。 

★「好きな食べ物(きっと季節ごとにあると思いますが)」

A:マグロより青い魚、白身魚が好きです。バッテラ、コハダやアジ、桜鯛など酢でしめた魚の
  押し寿司とか好きです。あ、でも・・・
  マグロの赤身を使った郷土料理”からなます”をそのうちご紹介できたらと思っております。
  (と、寿司ネタでまとめてみましたが、)あとはお菓子が好きです~。


*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
・・・もっといろいろなご質問をいただいていたのですが、
一部、しかもこんな脱力ご返答で・・・どうぞ何卒御容赦のほどを~。
こんな調子でもだいじょうぶ(?)でしたら、また残りのご質問へのご返答コーナー、
いつかさせていただけましたら!気長にお待ちくださいませ~・・・。


さてさて・・・
季刊「エス」誌の大人気連載マンガ、わたくしも連載開始時からずーーーーっと大大大ファン!!だった、
加倉井ミサイルさま描くかわいくて小悪魔な偶蹄目、ひつじのミミちゃんのマンガ「ミミまん」次号に、
なにやらワタクシ(か?)が”美鳩”として登場・・・ですって!?
(加倉井さまのブログに、衝撃の予告が!)

きになる方は、ぜったい次号の「エス」誌をチェックよ・・・!

加倉井さまの華麗なるオフィシャルサイトは、こちら
なんと、ミミちゃんのキラキラなオリジナルグッズが目移りしちゃうくらいいっぱい!で、
選び放題お買い物できる、オンラインショップ「マルシェ・ド・ミミ」も最近OPENされ、
ますます活躍のフィールドが広がりそうな予感のミミちゃんなのです!
また「エス」誌発売のおりにご案内いたしますので、震えて待て!だわよ。(笑)












[PR]
by junekite | 2013-09-05 20:25 | 日々帖

あじさい、甘茶香

d0222386_1165256.jpg

いよいよ梅雨らしい天候続きの
こちら関東です・・・。昨夜からの雨でスッキリしないけれど、
おいしい新茶や季節の枇杷など、
この時季だけの朝のはじまりの時間もまた格別。
みなさまは、どんな風に梅雨のこの時期を過ごしていらっしゃいますか?

みずいろの紫陽花越しに、骨董市のにぎわいは
六月の初めの薄曇りの日に。
d0222386_117324.jpg

江戸の線描きの絵付けの湯呑みに、古い硝子の器で
いいなと思うものがあったけれど、この日は見るだけで我慢。(笑)

そのかわり買ってきたものは、新井薬師の「甘茶香」。
薄いお箱に入ったお線香で、焚いてみるとお線香っぽい煙たさはなく
軽めのお香のようで、気に入りました。お茶のほろ苦さと、
甘さを合わせたようなどこか甜茶の風味を思わせる香り。
今頃のように湿気の多い時季は、スチームのアロマよりも火の気を使う
お香を焚くほうが頻度が高くなるので、ちょっといいモノを見付けたなと
思いました。

製造元を見たら、兵庫県淡路市の「梅薫堂」さんという老舗で
つくられているお線香でした。
d0222386_1171719.jpg

d0222386_1172655.jpg

そういえば、先日あれから煮てみたルバーブのジャムは予想通りの色に。(笑)
これも”スナフキンのテント色”だわ。
d0222386_1173333.jpg

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
amazonでご予約受付開始!いよいよ来月7月16日発売、
青林工藝舎刊「エルネストの鳩舎」、まだ現在も最終文字チェック中。(笑)
加えて、刊行記念のあれこれも鋭意制作中です。
発売に際しまして、サイン会や原画展、オフィシャルストアのほうの
「エルネストの鳩舎」でもオンライン鳩舎祭を計画中、
今年の初夏は鳩舎祭オン/オフライン双方へどうぞふるってご参加くださいませ!!
この七月は鳩舎の三角窓目指してGO!!
さー、がんばって準備しなくちゃ。










[PR]
by junekite | 2013-06-16 13:12 | 日々帖