<< ②京都 / Kyoto 16t... 霧とリボン企画展《菫色の実験室... >>

③京都 / Kyoto 16th-17th Sep, 2018


d0222386_02131957.jpg
d0222386_02185810.jpg
d0222386_02193440.jpg
d0222386_02264822.jpg
d0222386_02340468.jpg

d0222386_03002765.jpg
d0222386_03013001.jpg
d0222386_00000745.jpg
d0222386_00004347.jpg
d0222386_00011888.jpg
d0222386_00020304.jpg
d0222386_00023536.jpg
d0222386_00025880.jpg
d0222386_03375699.jpg
d0222386_00034248.jpg
d0222386_00064398.jpg
d0222386_00071191.jpg
d0222386_00075850.jpg
d0222386_00082978.jpg
d0222386_00102666.jpg
d0222386_00043039.jpg
--------------------------------------------------------------------
◆9/17
京都滞在三日目最終日
京都御所見学。
蹴上へ移動、煉瓦造りのトンネル「ねじりまんぽ」を抜けて
「南禅寺」を目指す。途中、南禅寺塔頭「金地院」の門を左手に
見つつ、こちらは帰りに立ち寄る予定。
南禅寺敷地内にはドラマのロケ地でおなじみの水路橋。
方丈では、あちこちの気に入った場所に座って
静かに庭を眺めて過ごすことができました。
(お抹茶と茶菓は入口のお茶室にて)
「南禅寺」を後にし、来た道を戻って「金地院」へ。
自分のほかに人影も見当たらず、思わず心が浮き立つ。
予備知識なく訪れたので、お庭に入ってすぐの場所にある
弁天池の、鬱蒼と繁る木々の緑に囲まれた眺めに感激。
石畳の両側に咲く白萩の清涼と、東照宮の漆黒の佇まいの
コントラストも印象的。瑞々しい苔で覆われた狭い道を抜けて
目の前に小堀遠州作庭の「鶴亀の庭」がひらけた瞬間は、
思わず声が漏れたほど。

・・・
こちらのお寺では予約をすれば(入口で申し込んでもOK、の場合も
あるそう)かの有名な等伯の愛らしいお猿さんの襖絵、
「猿候捉月図」や、茶室「八窓席」も見学することができるのだそうです。 
知らなかった!けれども、あのときはただただじっと
その場を動かず軒下に座り、庭を眺めていたい気持ちのほうが
強かったので、あれで良かったのかも・・・。
ああ、けれども八窓席と等伯のお猿さんはやはりいつか見にいきたい!!
京都、おそろしや。
じつは今回、ふと京都の街中で「二年くらい京都に住んでみるのは
どうだろう・・・?」と、不動産の賃貸価格をチェックしてみたり
して・・・。(笑)もちろん、現実的には今は難しい事なので、当面は
こちら(東京)でシゴトにいそしみつつ、また佳き時候に訪れることが
叶うように計画してまいりたいと思います。もちろん、その間も
日々twitterで法然院の季節毎の白砂壇(びゃくさだん)の紋様チェックは
怠りなく!(笑)





   
   
   

[PR]
by junekite | 2018-01-22 04:30 | 出掛け帖
<< ②京都 / Kyoto 16t... 霧とリボン企画展《菫色の実験室... >>